TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年08月27日 (木) | Edit |
第五話・空中MAP

GM:では今回のメインですけど。(地図を広げる)コード・カテドラルはラピュタみたいに、常に雲で覆われています。ここが…
クリック:竜の巣ですね。
GM:そうそう。暴風域。で、ここは普通の雲。で、これが何故か火山のある島(一同爆笑)
レクシィ:なぜか!
クリック:なぜか。誰か、腕を飛ばされる準備を(笑) これは、アヴドゥルが死んで、その腕が敵に突き刺さるってのが美しいんじゃないか。
フェリス:はっはっは。
クリック:こ、これは…さっき死んだ、アヴドゥルの手!
GM:で、これ(コマを出す)が真・ダイヤモンドダスト号。1マス10mなので、20m×80mの船体です。
クリック:でかっ。長っ。
GM:1話で言ったとおりくらいの大きさです。で、先に11マスくらい…この辺にレギンレイヴがあります。
クリス:レギンレイヴ、思ったより小さいですね。
クリック:それでも、10m×20mだ。
GM:キャンプカー4台分くらいの大きさだな。
クリス:そう考えたら結構大きいですね。ダイヤモンドダスト号が大きすぎるのか。
GM:だって飛行船だもん。じゃ、今回の面白おかしい特別ルールを説明します。
サーガ:ココですね!
フェリス:秋野さん専用みたいな。


・真ダイヤモンドダスト号は、1ターンに40mの移動を3回行える。移動は前後あるいは左右に40mずつ直進する。

サーガ:斜めは移動できない、と。
GM:MAP自体がすごい速さで進んでいるんですがね。
レクシィ:相対速度としてそういう感じなんだね。
GM:方向は常に上向き。横に移動する時も、上を向いています。バックする時はスピードを落としたという事で、前を向いたまま後ろに下がります。

・移動ごとに判定(器用で難易度20)を行い、失敗するとランダムの方向に風で10m移動させられる。

GM:だから3回とも判定に失敗したら30m移動しちゃうから、自分が思ってたのと全然別の方向に移動する事もある。風向きは右上から左下に。

・操縦者の行動値の順番で移動を行う。
・防御力5、HP150点。


レクシィ:防御、5!
GM:風船だからね。で、風船部分の下に小さく客席部分が付いてて、皆さんはそこに乗ってます。基本的に敵の攻撃は風船部分にしか当たりません。

・HPが101~150点…3回移動可能。51~100点…2回移動。50点以下…1回移動。
・HPが0のままクリンナッププロセスを迎えるごとに、10mずつ降下。


クリス:しぼんでいきますもんね。
GM:まぁ、50mくらい落ちたら追いつけないかな? クリスが頑張って飛んで追いかけて、届くくらいの距離ならどこまででも良いけれど。
クリック:上昇するのに1移動かかる?
GM:いや、10mずつ余分に移動力がかかるって事だな。
クリス:私は、ダイヤモンドダスト号のどの位置を触っても治せるんですか?
GM:どの位置を触っても治せる。
クリス:そうか、私が操縦できるんだったら、操縦しながらタッチできたんだけどね。

・レギンレイヴに衝突した場合、HPが0になり、レギンレイヴとの間を10m開けた地点にランダムに移動させられる。

GM:ぼいーんとなって。ちなみに、レギンレイヴは鉄の塊なんで、絶対に撃ち負けることはありません。完全にこっちが負けます。その場合、操縦者も操縦管に頭をぶつける等して20点のHPダメージを受けます。
レクシィ:操縦者だけ? 同乗者は?
GM:同乗者も、だな。操縦室にいる人、にしよう。飛び立とうと思って、上に出てる人は大丈夫。で、レギンレイヴに攻撃する事はないでしょうが、これは防御力50点、HP200点、《苦痛耐性》Lv100を持ってるんで、落ちることはないでしょう(一同爆笑)
レクシィ:何だ、苦痛耐性って。
GM:何でしょうね?
レクシィ:わかった、毒にするんだ。
クリス:転倒させましょう。
GM:追いついたら…まぁ追いついてからで良いか。で、レギンレイヴは移動が定まってなくて、20mを3歩、ウニウニランダムで動きます。
クリック:俺がレギンレイヴに特攻かけたらどうなる?
GM:ボイーンと弾かれるだけです。特攻は「人間大」のもの1つなんで。
クリック:はいはい。


GM:では皆さん、【知力】か【感知】判定を。目標値は15。あ、皆さんじゃありませんでした。レギンレイヴに乗ったことがある人。
サーガ:ブレイド以外。
GM:まぁこれくらい皆出るだろう。
サーガ:…14でぇす。
GM:レギンレイヴの動きがおかしい、っていうのと…これ分かって良いのかなぁ? 重力が、レギンレイヴの中だけおかしい。で、レギンレイヴが乗ってる人の能力によって重力が変になってるから、それを中のコンピューターが頑張って補正してて、今は変な風にしか飛べないけど、補正が終わったら普通に飛び出すだろう。
クリック:なるほど、だからランダムなんですね。
フェリス:そしてゆっくりなんですね。
サーガ:今の間に追いつこう。
GM:レギンレイヴがここ(暴風域)に入ったら、もうこのシーンが終わってしまいます。で、この雲の中は全ての判定が-1D、常に[強風]状態です。
フェリス:飛べませんね。
GM:以上かな。
フェリス:飛行船は雲の中にも入れるんですか?
GM:入れます。まぁ雲の期間は短いし、飛行船は強風が吹いてても落ちません。
クリック:さすがゴリアテ。
クリス:抜けて、「コード・カテドラルは本当にあったんだ」って言いたいですね。
クリック:「ちげぇ」って1コマ使って言ってやる。「じゃねーよ」だったっけ。
レクシィ:ねーよwwwねーよwwwねーよwww
クリス:パネェwwwパネェwwwパネェwww


GM:以上を踏まえた上で、誰がダイヤモンドダストを操縦しますか?
レクシィ:はい(挙手)
GM:ええーっ。
レクシィ:却下されました。
GM:いや、良いですよ。では他の人たちはどうします?
クリス気持ち良さそうなので、甲板に出ています
GM甲板無いです。あと、皆さんの移動力次第だけど、1歩が10mだから。余程近付かないと、飛び移って攻撃とか難しいです。
クリス:途中で運転手が変わるのはアリですか?
GM:アリです。
フェリス:クリスは外から触っても治せるんだし…
クリス:そうですね、船が攻撃されたら戻りましょう。
フェリス:今のうちに《フライト》かけておいても良いですか?
GM:良いよ。
フェリス:では《マジブラ》《フライト》、移動力+5です。
サーガ:あざーす!
クリス:《フェザー》も使ったら移動力の+は重複するんですよね。切り上げで40mまで移動できます。
サーガ:《ギャンビット》を使えば、端数が切り上げに出来る人がいるかもしれない…その代わり、俺は失速するけどな!
GM:あ、クリックは適当にコマを置いといて。今はダイヤモンドダスト号に引っ掛けてる状態です。
フェリス:ああ、クリックが操縦できる…。
GM:うん、名前が欲しいな、このウィンドホーク。何にしよう。モンゴル?
フェリス:シュトロハイム?
サーガ:(思い出した)あーしまったなぁ、オフィーエスちゃんを連れてきたら良かったなぁ。
フェリス:空中ガオンしまくりですね。
クリックダイヤモンドダストがどんどん短く!!(一同爆笑)
レクシィ:そっちを削るんかよ!
GM:オフィーエスちゃん、仲間に出来れば良かったね。もうこの街にはいないよ。
クリス:オフィーエスが野に下りました。
クリック:ナウシカのアレで良いじゃないですか。
フェリス:メーヴェ? ガンシップ?
クリック:ガン付いてないけどな。
サーガ:ジェット・モンガロンで良いじゃないですか。
GM:何か適当に考えといて。
サーガ:ひき逃げアタックする時は、「イヨォー」っとか後ろで言ってますよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック