TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年08月26日 (水) | Edit |
GM:ではここでマスターシーンが入ります。


真ダイヤモンドダスト号が出航した後、長髪で目の見えない(目は開いているけれど黒目がない)男が
「ヤツらめ…神父を追うつもりか。やはりヤツを使うしかないか」
と呟いて、神殿の見張り塔からライフルを杖がわりに降りていく。

ジョンガリ・A(マンハッタン・トランスファーの能力者)

フェリス:マンハッタン・トランスファー(※前回クリスたちを見えない所から銃撃していた人)ですか。こんな所に。


彼は収容棟へ向かう。
マーズの死体の所まで来ると、自分の手首を切って血を流しながら
「…いつまで死んでいるつもりだ。地上で最も進化した生物なのだろう」
と言うと、マーズがむくっ…
「ぬぅ、貴様…」
男が赤い宝石をマーズに放り、
「お前が欲しがっていたものだ。これでさっさと連中を始末しに追いかけろ」
マーズは
「ふん、言われなくてもそのつもりだ」
言いながら、そのライフルの男に手を突き刺し、血を吸って生き返る。


GM:うまー。
クリス:復活した!
GM:そして、ぴかー…究極生命体・マーズの誕生だ
究極生命体誕生
クリック:ええーっ!
フェリス:早い!
クリック:「これが赤石か。あれ? あれ、石仮面どこにやった!?
GM:その辺はちょっとはしょって。
クリック:あったのかよ!!
GM:ありました。で、その筋肉ムキムキでロン毛のマッチョが、両手を鳥っぽい翼に変えて、バッサバッサと必死に追いかける所で、シーンは切れます。
究極生物・羽を生やす
クリス:良かったです、僕は「ヤツらを撃ち落してやる…このテ●ドンで!」とかかと思いました。(スイッチ連打)
GM:テ○ドン!? やめてあげて!
レクシィ:しかもテ○ドン撃ちすぎ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック