TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月15日 (水) | Edit |
GM:じゃ、ここからがクライマックス戦闘です。レクシィ退屈でしょ? 良いものあげます(ショーテルのキャラシーを渡す)
フェリス:ショーテルさんキタ━(゚∀゚)━!
サーガ:フル参戦ですね。
レクシィ:一つ聞いて良いですか? …スキルが2枚に。
フェリス:1枚に書ききれなかったんですもん。
GM:そりゃレベルが30にもなったら、スキル2枚にもなりますよ。(※我々の使ってるキャラシーは秋野さん謹製で、スキル欄が41個ある。適度に間を空けて書いている)

行動値
 タチアナ…25
 竜…25


それぞれ20m離れた場所に、1エンゲージずつ。

第三話・タチアナ戦1R


第1ラウンド
GM:ではセットアッププロセスで。
クリック:1セットしとくか。
フェリス:《ブライトウェポン》どうしましょうかねぇ…ブレイドさんが、こちらの味方なのかどうか。
GM:ブレイド、悩む所だね。
サーガ:僕もそうですよ。
GM:おっ、サーガ君も? やった、こっちに来たら高給優遇するよ。
サーガ:イベント的にね、楽しいなーと。
クリック:ブレイド君はこっちに来ると、行く行くはキングフォームになれるよ。
GM:何よキングフォームって(笑)
クリック:(仮面ライダー)ブレイドの最終形態。
GM:それは分かってるけど!
クリック:こっちの方がメインルートです。
ブレイド:さぁどうしよう。
サーガ:もうちょっと、タチアナさんがチンピラっぽーい三流悪役っぽーい所を出してくれたら、僕も良い感じにイベントに行けるんですけどね。
GM:そうなの!? 元がリサリサだからなぁ。
サーガ:良い人でしょ? だからめっちゃそっちに付きたいんです。「この街を守る為」って良いじゃないですか。
GM:そうそう。エルクレストのトップがディアスロンドの神父なんて有り得ないだろー。
クリック:有り得ない。街の事は街で決めるべきだ!
サーガ:「あなたの言う事はあってる、でもやり方を間違えた!」って言うしかないです。
GM:もちろん、そういうのだから。…チッ。
フェリス:「どっちにしても、何の罪も無い人がゾンビにされてるのよ」
GM:タチアナさんはゾンビにされた人を元に戻せるよ。
サーガ:そう。
フェリス:すごいじゃないですか。
サーガ:あ、言うの忘れてた
フェリス:聞いてなーい(笑)
クリス:そうか、キャラクター的には知らないですね。
サーガ:そう、あの人治せるんです。
クリック:「しかし、そのせいで不幸になってる人は、確実にいるのだよ」
サーガ:そう、それ!
GMこの流されやすいヤツめ!
フェリス:そっか、矢抜いちゃったのダメだったんだね、レクシィ。
サーガ:そう、あれしたら抜いちゃうんですわ。
レクシィ:もうペンギンはメシを食いに行ってしまった。
GM:あ、何ラウンドで帰ってくるか決めておこうか。
レクシィ:3D6くらいで?
フェリス:長っ!
GM:普通に行ったら、10ラウンドかかるんですけど…
レクシィ:ペンギンだもんな。
フェリス:5歩ずつですね。
GM:まぁ10ラウンドはかわいそうなので、(ころ)6ラウンド目のセットアッププロセスに帰ってきます。
レクシィ:6ラウンドか、覚えておこう。
GM:はい、俺は覚えて無いので覚えといて下さい。
フェリス:では行動順に?


GM:えー、こっちに付くって人、いないのぉ~? じゃセットアッププロセスで、タチアナさんが《エントリーマカブル》。
クリック:《タクティカル》《ポジショナル》。
フェリス:ブレイドに《ブライトウェポン》。
ブレイド:まだ迷ってるよ?
フェリス:うん、その背中を押すように。
レクシィ:んー…ショーテルは、敢えてこの能力を生かすとしたら《エンサイクロペディア》。
GM:どっちに?
レクシィ:どっちにしようかな。竜の方にしようかな。
GM:ごめんなさい、竜は《識別不能》です。ジャヴァウォックです。
レクシィ:ああ、識別不能の竜はソイツしかいないわ。「識別不能の竜だったらヤバイぞ」と言っておこう。
サーガ:ヤバイんですか。
レクシィ:おかしいです、コイツは。速攻で倒さないと、スキル使ってきます。大して強くはないんだけど。
フェリス:じゃ頑張りましょうね。
クリック:俺には頑張れとしか言えない。
レクシィ:タチアナさん、ジャヴァウォックに乗ってきたのか…。絵的にどうかと(笑)
GM:うん、他の竜でも良かったんですが。1段階強い竜って言うと、大変な事になりますよ。
レクシィ:確かに…次のレベルで竜の形してるのって、レッサードラゴンだもんな。ドラゴンパピーくらいに乗ってくれると、かわいかったんだけど。
フェリス:かわいすぎますな。
GM:ではジャヴァウォックは飛んできて、適当な人を殴りましょうかね。(ころ)サーガ。
クリック:「竜好きの少年」を装って、相手を油断させるんだ!(一同笑)
サーガ:よぉーしよしよしよし…グバシャって噛まれてたら良いんですか(笑)
GM:31!
フェリス:噛まれましたよ。
クリック:ダディアダさんが、問答無用で全体攻撃をしてきた時に竜を《カバーリング》したら、竜が味方に付くかもしれない。「竜好きの少年を見殺しにするわけにはいかねぇな」
フェリス:(竜のコマが)イギーだからって、そんな(笑)
GM:物理で70点。[放心][マヒ]がつきます。
サーガ:11点来ました。[放心]は「不沈の冠」のおかげで効きません。
GM:誰だ、そんなのかぶれって言ったヤツ!
クリック:通りすがりのヒゲのおじさん。まぁ《プロテクション》、はい11以上出た。
サーガ:あ、ダメージなかったら[マヒ]もなし?
GM:うん。
サーガ:よぉーしよしよしよしよし。
GM:タチアナさんは、マイナーアクションで《フライハイ》、飛行状態になります。メジャーで「波紋」を練ります。終了(一同爆笑)
フェリス:波紋練った! コォォォォ。
GM:これね、テイマーのサーヴァントを呼ぶのと同じ扱いです。
サーガ:映像的に言ったら、ストリートファイターII Vの「波動」を溜めてる状態。
クリック:30分かかる。
GM:映像的には、マフラーを取って「コォォォ」って言ったら、マフラーが電気でパリパリパリって感じになった。ではそちらの行動です。
フェリス:最初はショーテルさん。
レクシィ:でもこの人が「余り強くない」何かをやるって、難しいな。
クリック:「次におめーは○○と言う
GMそれはアンタだ!(一同爆笑)
クリック:えー、あれって結構しんどいんですもん。
GM:おかしくなかったら言ってやるから、言ってみろよ(笑)
クリック:いや、いいです。
GM:「最後にお前は、「やれやれだぜ」と言う」「やれやれだぜ」
レクシィ:待機っ。「まぁ私が出張る必要もあるまい」
フェリス:ではジャヴァウォックからやるのが良いでしょうね。《ウィルパワー》《インフェルノ》(ころころ)おお、6が4つも出ましたよ!!
GM:何ィ!? クリティカルじゃねぇか。(ころころ)ピンゾロだ! これはヤベェ。
クリス:最初に大ダメージを叩き込んでおくと良いですね。
フェリス:「ヘキサロッド」使用で、22Dですね。(皆からダイスを貸してもらって)手に載らないですよ…てりゃー(ざらざら)
サーガ:22Dだったら、100点くらいですね。
GM:そうだな。
サーガ:って会話を、前もしましたねー(笑)
フェリス:76+12+40で、128点。
GM:魔法防御は11なんで、117点。痛ぇ~。
クリック:痛くないと困る。
GM:もうほとんど残って無いよ。
クリス:では…命中にフェイト使おうかなぁ。
GM:竜の回避は、2D+14です。
クリス:じゃフェイト1点使って(ころころ)
GM:当たりました。
クリス:(ころころ)41で、どうですか。
GM:お、41だと生きてるんじゃねぇ? さらに+40だな、残り9点。
クリス:竜倒したら、ペンギン化が解けるとかありませんか? 死体が残ってたらビビっちゃうかな。
サーガ:もういないから。メシ食いに行っちゃった。
クリック:「あそこの料理で、何か治したかったんだ~♪」
クリス:そっか、メシ食ったら治りますもんね。
フェリス:治るかどうかは知りませんけどね。
クリック:メシ食って治るなら、俺が《キュア》って言っても治るんじゃないのか。
クリス:いやいや、あそこのメシは《キュア》どころではない
フェリス:まぁ、抜けた虫歯が天井に突き刺さるくらいですからね。
サーガ:じゃトドメ。《ディフェンダー》《ペネトレイトブロウ》で当たるかなぁ…ブレイドさんを見ながら、「この街を守るのは確かにこの街の人々だ。だが、あの人たちはやり方を間違っている!
フェリス:かっこいいじゃないですか。
サーガ:って言いながら、わざと外すような気持ちで僕が気をひきます!」って言います!(一同爆笑)
レクシィ:当たらない前提で!
GM:面白い、経験値を5点やろう。
サーガ:ありがとうございます! 「僕が気をひきます! あの人は、やり方を間違えた!!」(ころころ)17。
GM:あ、低い…17、同じなら防御側有利だな。
サーガ:スカった! 気を引いた!
クリック:無駄に「うぉぉぉぉ!」とか言いながら(笑)
クリス:何か良い感じですね。
レクシィ:「養豚場の豚を見るような目」でかわされた。
サーガ:それ、あの人(タチアナさん)だから!!(笑) 今も「茶番ね」みたいな目で見られてます。
ブレイド:…どう見たって、サーガたちは一般人ですもんね。
GM:学生だしな。
サーガ:康一君みたいな感じです。
GM:もっとかっこよくなっただろ、等身も上がったし(笑)
ブレイド…見殺しにはできないですよねー!(一同爆笑)
クリス:「もうやめて下さい、俺はあなたを殴りたくありません」みたいな感じ?
ブレイド:では《バッシュ》…(ころころ)うわ。まだ迷ってるらしい!
サーガ:気、ひけてなかった(笑)
クリス迷いがダイス目に出てますね
ブレイド:じゅ、16です。
サーガ:フェイト、フェイトで振り直すんだ。
ブレイド:そ、それだ。(ころころ)21。
GM:2Dで7出せば避けれる。
ブレイド:出そうだ…。
GM:(ころころ)7(一同爆笑)
サーガ:出たぁー!
ブレイド:茶番でした。
クリス:出目からして茶番でした(笑)
レクシィ:「所詮あなたはその程度」
サーガ:ひどい、2人揃って「養豚場の豚」を見るような目で見られた(一同爆笑) 恥ずかしいー!
リサリサ・養豚場の豚を見る目
ブレイド:うー。
GM:あ、待機してた人は?
サーガ:「やれやれだ」ってトドメさしちゃって下さい!
レクシィ:そうするか。メジャーアクションで「ゴォン」ってなるのって何があるかな…
サーガ:残り9点ですよ。
フェリス:+40かかってるんで、当たれば落ちますよ。
レクシィ:じゃ、オーラナックルで普通に殴ります。42。
GM:避けれるかぁい!
レクシィ:「やれやれだぜ」
GM:ぎゃぁー!
サーガ:やばい、こっちにも俺たちを「養豚場の豚」のように見られた!
GM:いや、これは死んだら困るな、タチアナさんが《ガーディアン》って言いましょう。はー、良かった(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。