リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle03-1:そこに乳母車! 

結局、パーティーは…

クリス・ショーテル
 …ウィンドホークに二人乗り。ゴルフボールから逃げつつ、本体を探す。
サーガ
 …①オフィーエス、②ホウチョウのイベントをこなしつつ、④ブラフォードに行けそうなら行く。
フェリス・レクシィ・クリック・ブレイド
 …⑥の切り裂きジャックを倒し、⑤の「【幸運】判定が必要なイベント」に行く。


GM:では1ターン目。
クリス:最初はどこか全くわからないので…1・2歩と。(学園から右の方に移動)ゴルフボールとの距離は5で、それ以上離れないんですよね?
GM:うん、現在一番離れてる状態。
クリス:じゃ速度は早くしても仕方ないので、普通に走ります。
GM:じゃ、【敏捷】判定を目標値10で。しんどそうならショーテルが《サポートストライク》とか使うけど。
クリス:踊り…じゃなかった、フェイト使いつつ。最初から失敗したくないんで、3Dで7以上(ころころ)クリティカルじゃないですか!
GM:クリティカル!? とりあえずサイコロ、1D6振ってよ。高い方が良いよ。
クリス:(ころ)2です。
GM:特に何もなし。
クリス:じゃ、普通に距離は詰められずに普通に行きました。あ、今の「10」ってのが上がるんですね?
GM:そうそう。何もないはずなのに、14とか言ってたらもう目の前にいる、みたいな感じ。
(他の2パーティーは、学園の外郭に出て終り)


GM:では2ターン目。
サーガ:①に行きましょう。
クリック:俺たちも①からが近いな。
クリス:では…今のタイミングなら90度曲がっても良いんですね。
GM:うん、難易度が上がるのは1歩目と2歩目の間だけだから。
クリス:うーん、でもここ行ったらイベント起きちゃいますね?
GM:いや、ウィンドホークに乗ってたら、犯罪者見ても華麗にスルーできます。特にそういう事は考えなくて良いよ。
クリス:あ、そうなんですね。でも本人がイベントと同じ所に居るとは考えられないしなぁ
レクシィ:俺は、ここ(知恵の門)がクサイなぁ、って気がするんだけどな。
GM:ははは。緑でかっ
サーガ神殿だけ色が違うから、神殿がクサイなぁとか(笑)
GM:神殿から逃げてきた所だから!
サーガ:まさか、神殿に戻ってきているとは思うまい。
クリック:実は家の隣にいる。
クリス:あの、これは教えてもらえるならで良いんですけど…その難易度が上がるのって、緑の点の何マス先まで影響があるんですか?
GM:+1~4まであって、1歩で+1だ。
クリス:って事は、この近く4マスにはいないんですね。こう行きましょう。
GM:はい、じゃ難易度10で。
クリス:(ころころ)成功です。(ころ)1Dは5ですね。
GM:えーっと、距離を-1…だけど、一番遠くまで離れてるから関係ないな。じゃ、それ以外の人は①に来たわけだが。
サーガ:はい、オフィーエスがいる?
GM:「大変だー、兄貴が神殿からいなくなっちまったー、しかも凶悪犯が何人か一緒に逃げたんだー」とか言いながら走り回ってます。
レクシィ:走り回ってる? 筋肉ムキムキのツインテールが。
GM:はい。ジョジョのお姉さんって、みんなムキムキじゃないですか。かわいくっても。
レクシィ:つまりナギーの書いてるマンガの、マジカルデストロイの主人公みたいなんだろ。
GM:それは良く分からないんですけど。
マジカル★デストロイ

サーガ:では、オフィーエスを呼び止めましょう。「どうしたんだ?」
GM:「あ、ああ、お前はこの間の…矢サーガ?」
サーガ:矢、もう刺さってないです!
クリック矢なしサーガ
サーガ:名字みたいになってるじゃないですか(笑)
GM:「神殿に兄貴に会いに行ったらよぉ、神殿が大騒ぎになってて、兄貴も逃げたって言うんだ。犯罪者も一緒に逃げたって言うし」
サーガ:なるほど…では、カクカクシカジカと…
GM:カクカクシカジカって何だ? 何を話すんだ?
サーガ:あ、この子は何も知らないんでしたね。
GM:うん、何も知りません。「兄貴がまた何かやらかすんじゃないかと思ってよぉ、俺よぉ…」
クリック詳細に説明しても、「俺頭悪ィからよぉ」の一言ですよ
GMバレタっ
サーガ:えーっと、「キミの兄貴は、悪い奴らに利用されてるんだ! だから、手伝え!」(一同爆笑)
GM:「え? 俺、頭悪ぃからよぉ」
サーガ:「手伝え!」
GM:「でも、俺何して良いか分からねぇよ」
サーガ:「大丈夫、(妙に優しく)削ればいい(一同爆笑) 手伝え! 付いてこい」
GM:「あ、ああ…何だかよく分からないが、付いて行くよ」
サーガ:よし、これで僕が単体でブラフォードの所に行っても、削れますよ!(一同爆笑)
クリス:頭悪い子で良かったね(笑)


GM:では3ターン目。
クリス:この辺にはいなかったので…
レクシィ:家に帰ってみるとかどうだろうー。
クリック:放置してると、お母さんが大変なことに。
レクシィ:むしろ、お母さんが黒幕。
クリック:「あらあら、死ぬ前にお昼ご飯を食べて逝きなさい♪
サーガ:ここから5マス無いって事は、外郭沿いになった。
クリス:そうですね、とりあえず①を通り過ぎるように、左に2歩行きましょう。スピード普通で。
レクシィ:今何か通り過ぎた!?
GM:では…難易度、11で。
一同:おおっ!?
クリス:難易度11ですか。ではフェイト1点使って…(ころころ)ははははは!
GM:失敗?
フェリス1・1・1! ファンブル!
GM:美味しいな。ではファンブった時用のイベントがあって…角を曲がったら、赤ん坊を乗せた乳母車を押した若奥さんが、もう目の前に! 「ひゃぁ、バイクぅ!」このまま行ったら乳母車を轢いてしまう!
クリス:ええっ!? あぶない!
レクシィ:これは、あぶないと思った瞬間、バイクが前にあって、乳母車が後ろにあって。時を止めてよいしょ、こらしょって。
GM:何も思いつかなかったら、最悪そうなります。
レクシィ:そこはやっぱり、乳母車にぶつかって粉々に壊れたのを治す…。
クリス:これは選択肢があるような物じゃなくって、僕が思いついた事を言えばいいんですね。
レクシィ:そうそう、やっちゃって。
サーガ:原作を知ってる人には、映像が浮かんでますね(笑)
GM:まさかファンブル出るとは思ってなかった(笑)
クリス:ううーん…でも、ブレーキかけるとか避けるとかしか思いつきません。
レクシィ:間に合わないっ!
クリス:あ、それか、ホバーで浮いてるんですよね? 乳母車を飛び越える!
サーガうぁぁぁ、言いたいなぁ、言いたいなぁ!
GM:周りがヤキモキしてるんだけど(笑)
サーガ:違うんですよ、触れたら治る能力だから出来ないんですよ! 「ドラァ!」って言って欲しいんですよ。
GM出来る人、一緒に乗ってるじゃん。その為に
サーガ:お父さん! なるほど!
クリス:ん?(首をかしげる)
クリック:ドラァってやるなら、粉々に粉砕した後に再構築すれば。
サーガ:そうそう、だから自分のバイクを「ドラァ!」ってお父さんにしばいてもらって、バイクが飛んでる所を治したら良いんだ。そしたら、ひゅーっと戻って、普通に走れる。
レクシィ:或いは、乳母車をそのままバグシャァって轢いて、ブシャァーって飛んでいった赤ん坊を「ドラァ」って治して。
フェリス:それは死にますよ!
GM:触らないとダメだから。
クリス:空中で触れるなら、アレですけど。
GM:正解は、バイクを粉々にぶっ壊して破片にして、乳母車をスルーした後にバイクを治す…でした。

バイクと乳母車1 → バイクと乳母車2 → バイクと乳母車3
 ぶつかる前に、タイヤ部分を殴ってバイクを上方に飛ばし、→本体は粉々にして乳母車を飛び越える。→地面に付く前に「治す」。追いかけてる足跡みたいなのがハイウェイ・スター。ゴルフボールの元ネタ。

クリス:ええーっ!
GM:原作では(笑)
レクシィ:ただ、原作とは何の関係もないから。
クリス:やっぱり原作知らないのはツライなぁ。
フェリス:いやいや。
GM:ここは知らなくてもシナリオ的に何の関係もないから。
レクシィ:知らない人の発想を楽しもう、という部分です。
クリス:普通に避けるくらいしか思いつかなかった。
GM:では、避けて壊れかけたバイクを治しながら行ったという事で。
サーガ:お父さんに時を止めてもらったら良かったんだ。
クリス:お父さん、時止められるの?
サーガ:そう!
GM:何ィ!? (わざとらしく)そんな事ないですよぉ~。
レクシィ:単にセットアッププロセスに5回くらい動けるだけですよ。
サーガ:すっごー!
GM:そうそう、すっかり忘れてたけど、サーガの能力って、「熟練度」があるんだわ。今熟練度0の…さっき1回起きたから、0-1ってどこかに書いといて。
サーガ:0-1ですね。
フェリス:あ、忘れてた! サーガ君の能力に「占い師の私が、キミの能力に名前を付けてあげよう」ってやろうと思ってたんだ。
GM:ほんとだ! 忘れてた、お前何やってんだ!!
サーガ:この回の最後にして下さい(笑)
フェリス:はい。
クリック:「占い師たる私が、キミの能力に名前を付けてやろう。さぁ、このCDから1枚選ぶが良い」(一同爆笑)
クリス:CD?
クリック:ジョジョの登場人物、ミュージシャンの名前とかアルバム名だから(笑)
クリス:そうだったんですねー。

フェリス:では、我々の移動を決めましょう。
サーガ:こっちにはオフィーエスちゃんがついてきてるから、④に行ったら「あいつが兄貴をだましてるんだ」って言って、「えい!」って投げたらOKですんで、そっちは4人で行って下さい。
GM:前回からみんなレベル上がってるだろ? そんな事したらコテンパンにやられますぞ(笑) まぁ良いや。
レクシィ:まぁ、良いやられキャラだから良いんじゃない?
GM:まぁね、命までは取られますまい。
レクシィ:では我々は左で。
サーガ:僕は右で。④に先に行ったら、10ターンに間に合わないんですよ。
GM:チッ。
レクシィ:戻るような行動取ったら間に合わなくなってるな。前へ、前へ。
関連記事

category: AR CP2 3「港へ行こう」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/294-efe5a3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール