TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年06月30日 (火) | Edit |
GM:前回の最後に、ホウチョウを倒しました。
フェリス:兄ちゃん。
GM:その後、神殿の人を呼んで引き渡したんだっけ?
サーガ:自首したんです。
GM:自首したんだったら、一人で「じゃっ(手を上げる)」って行かせた…?
フェリス:いやー…それは。
サーガ:一緒に見送ってあげるんじゃないですか? 一人で行ったら、翌日グッタリしてそうな気がするんですよ(笑)
GM:じゃ皆で送っていって、神殿に引き渡して。そのまま解散した? クリスは実家に行ったか。
クリス:隣の家でしたね。一旦神殿に行って、家に行きます。妹さんはどうなったんでしたっけ?
GM:妹は…どうなったんだろうな?
サーガ:「一緒に来いよ」って言った時の反応がなかったので…
フェリス:家にいるんじゃないですかね。
GM:家で体操座りしてます
フェリス:体操座り!?
クリス:なんかかわいそう(笑)

GM:ではその後、クーロン家に行く人?
サーガ:初めはその目的でしたもんね。
クリス:行く途中に矢刺さるし。
クリック:ぐえって言うし。
サーガ:もー僕ね! 挟まれたときにぐえぐえ言ってて、刺さった時にはヒューヒュー言ってただけでした!
GM:ニアピン賞だな。…思い出した! クリスの、「魚のお化けが出る」話が面白かったので、経験点5点あげよう(一同爆笑)
サーガ:あれは確かに面白かったですね。
フェリス:では、一応護衛としてついて行きます。
クリス:あんな事がありましたので、どなたかいてくれると助かります。…もう大丈夫でしょうか。
GM:家には着きます。
レクシィ:家に着いたらさっそく台所から美味しそうな匂いが。
GM:それは…今何時くらいだろう。
サーガ:夕方、授業が終わった後に学校を出てきてるんじゃないですか?
GM:では晩飯時ですね。美味しそうな匂いがします。
クリス:6~7時くらいですかね。
GM:うん。クリスは知ってるけど、このすんごいでっかいクーロン家、お母さんのコニィさんが全部一人で掃除したり洗濯したりしてます。
フェリス:召使いとか、いないんですね?
GM:いないです。
クリス:今度メイド刑事(デカ)を雇います。
GM:やってたなぁ、そういえば。
フェリス:せめてもうちょっとかわいいメイドさんでお願いします。
クリス:昨日見てたんです、アレ(笑)
サーガ:ああ、昨日始まったやつ?
クリスめっちゃ面白くなかった(一同爆笑)
サーガ:見ないで良かった。
GM:やっぱりな。CM見た瞬間にチャンネル変えた。
フェリス:地雷ですね。まぁそれはともかく?
GM:はい、お母さんはかわいい感じの、クリスにべったりの人です。
クリス:家に帰る途中に襲われたなんて知ったら、お母さんがどう思うか…敢えて言わないでおきましょう。
GM:帰る、って連絡してないかな?
クリス:どうでしょう、遅かったねとか言われるかも?
レクシィ:まぁそんなに服をドロドロにして。
GM:この学校って寮住まいなんで、去年の9月に入学してからずっと帰ってないので…連絡しない限り帰って来るとは思ってないです。
クリス:あ、それなら連絡してます。帰る時間までは言ってないでしょうけど。
GM:では帰ったらお母さんが走ってきて、「クリスお帰りなさい!」もきゅー(抱きつき)
クリス:わー服がドロドロなのに、お母さんの服もドロドロになっちゃう!
GM:そんな事はまるで気にしてません。
フェリス:さすが。
GM:で皆を見て、「クリス、こちらの方々は?」
クリス:えーっと、学校のお友達のサーガ君と、…この人たちは何て言ったら良いんだろう(一同爆笑)。この人たちの話をするには、お父さんの事を言わないといけないし。
サーガ:レクシィは同級生で良いんじゃないの?
フェリス:同級生と、その友達。
レクシィ:もうそこにはいないよ?
フェリス:あ、来てませんでしたか。
レクシィ:いやいや、そこまでついて来てたんだけど、美味しそうな匂いに誘われてもう居りません。
クリス:じゃ、学校のお友達と、先輩と、ペットのペンギン…あれ?
フェリス:ペットのペンギンはもう居ませんっ。
GMそこのメカメカしい爺さんは?(一同爆笑)
クリック:爺さんじゃないですよ!?
フェリス:ああ、若ジョセフになったんですね。
GM:では揃いも揃って、同級生って事で。
クリス:学校の知り合いって事で。
GM:では「いつもクリスがお世話になっております」って話があって…「せっかくだから、夕ご飯食べて行きなさい…というか、泊まっていきなさい」
クリック:泊まっていきなさい!?
クリス:やったぁ。部屋はいっぱいあるから!
フェリス:いや、そんな…。
GM:お母さんはすごい勢いで皆を居間に案内し。
クリス:食堂はアレですか、向こうが見えないくらいのでっかーいテーブルの端をチョコっと使って?
GMちゃぶ台です
レクシィ:東洋系だから、こーんな長いちゃぶ台。
クリック:ちゃぶ台!?
フェリス:ちゃぶ台、長っ!
レクシィ:そこにはすでにレクシィが座って、ハムハムと何かを食べています。
GM:それと皆さん、判定もなしに気付くんですけど。玄関から色んな部屋を通ってここに来るんですけど、どの部屋にも必ずショーテルさんの写真が飾ってある(一同爆笑)。クリスは久し振りに会ったけど覚えてるも何も、年に1回くらいショーテルさんの写真をお祖父さんが持って来るので、ショーテルの顔を覚えてます。
クリス:あ、では昔のショーテルさんの写真じゃなくて、1年ごとに更新されてるんですか。
GM:はい(一同爆笑)。クリスのお祖父さんの…名前何にしようかな…チョイス・コースターさんが、カナンで写真屋をやってるのね。そんで、毎年コニィさんのために、ショーテルの写真を持って来るの。
クリス:何て良いおじいちゃんなんだ。
レクシィ:ばきゃーん、ばきゃーんと(ハーミットパープルでポラロイドカメラを壊して写真を出してる)
ハーミットパープル!

GM:コニィさんは「何でうちには来ないのに、おじいちゃんのところには顔を出すのかしら、あの人」ちょっとプンプンなんですが。
クリス:確かにっ。お母さんにしてみたら、写真が更新されたら1年間無事だったんだなーって事ですね。
GM:そうそう、そんな感じ。
レクシィ:毎年新しく部屋が増築されるたびに、新しい写真が飾られる。
フェリス:増築するんですか。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック