リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle05:抜けませんでした 

GM:では皆さんが集まった所で。
クリス:突入編ですね。1階からか、2階からかどっちか選べるんですね?
GM:うん、どっちか選べるよ。
フェリス:どうしようかなぁ…1階と2階とに分かれるのは、余り得策じゃなさそうですね。点々と続いた血の跡を追いかけるのが楽かな?
クリス:1階から追い詰めた方が、相手の逃げ場がないかな。
フェリス:相手も《フライト》持ってたら、逃げられますけどね。
クリス:ああ、そうか。矢サーガにも《フライト》かけれますかね?
GM:矢サーガは荷物でしょ(笑)
サーガ:手荷物扱いです。
クリック:血の付いた床を「ドラァ」って治して、血の破片が飛んで行く方に追いかける(笑)
レクシィ血を治して、矢サーガをこっちに戻してくる(一同爆笑)
フェリス:それはちょっと無理なんじゃないかなー?
クリック:どう考えても、小さい方が飛んでいく気がする(笑)
レクシィ:腕から体が戻るなら、血からだって戻るのでは。
GM:いやー、血からは戻らないでしょう、さすがに。
クリス髪の毛一本あれば再生させられる、みたいですね。超先端技術。
GM:無茶だ。
クリス:じゃぁ、普通に連れ去られた玄関から入りましょう。
GM:玄関から入ると、ホールがあって扉があって、階段があります。血の跡は階段の方に続いています。
クリス:単純に血の跡を追いましょうか。
クリック:その横の扉が気になる…。
フェリス:気になりますねぇ。
クリック:「バッドカンパニーは無敵だど」って言われる(一同爆笑)
フェリス:何か混ざってる!!
レクシィ:違う! バッドハーヴェストになってるじゃないか。
フェリス:ハードカンパニーとか。
GM:まぁそんな感じはそんな感じなんだけど。
オラのハーヴェストは無敵だど
(今回の「兄貴」の元ネタの人のスタンドが「バッドカンパニー」。
画像にあるいっぱい引っ付いてる小さいのが「ハーヴェスト」)


フェリス:まぁ、追いかけますか。ここは他のものには眼もくれずに追いかける方がカッコイイんじゃないかと。
GM:誰がランタンを持ちますか?
フェリス:私が持ってます。
GM:誰が先頭を歩きますか?
レクシィ:じゃぁレクシィが。
フェリス:そのすぐ後ろから、ランタンを前に出しましょうか。
GM:では先頭がレクシィ、次がフェリス。
クリス:私は真ん中の方が良いですかね?
GM:一列に並んで行くんだ(笑)
レクシィ:ドラクエかよ。
フェリス:できれば、エンゲージはある程度分けておいた方が良いのでは。
GM:どう分けます?
フェリス:では私・レクシィと、クリス・クリックで分けますか。まぁ、《カバーリング》とか持ってないけど。
クリック:《キャスリング》があるから、無理矢理《カバーリング》させられるけど。
クリス:「『危ないっ!』て言え!」ってやつですね(一同笑)
GM:まぁ、あとはクリスとクロックなんで…(図に書こうとして)いかん、どっちも「ク」だ。
レクシィ:ではアルファベットで…いかん、どっちも「C」だ。
GM:全く紛らわしい。
クリス:合わせてクリクロ。
レクシィ:じゃぁ2文字までで…どっちも「クリ」だよ!
フェリス:クリックの方は、「爺」とかで良いんじゃないですか?
GM:もう皆名前書きました。はい。
フェリス:まぁそんな感じで、2エンゲージで分かれましょう。
クリック:[危険感知]は、ちょっと得意。(フォーキャスターの自動取得スキルが、[危険感知]に+CLとかそういうの)
フェリス:じゃぁ、後ろは爺さんに任せましょう。
クリス:まさか、階段の段がまっすぐになって「ズルーッ」ってこける、あの罠があるんじゃないでしょうね(一同爆笑)
クリック:気をつけろ、ドリフじゃ!!
フェリス:学園にありましたねぇ。
クリック:階段を1段上がると、何故か一段目より下にいた。


オフィーエス&ホウチョウ家1F オフィーエス&ホウチョウ家2F

GM:では2階に上がると、扉が2つあって。
クリック:ああ、階段は無事に上れたんだ。
GM:はい。で、片方の扉が開いてて、その部屋のど真ん中に、矢サーガが転がされています。
クリス:サーガ君が見えるなら、そっちに行くでしょう。
クリック:「ま、待つんじゃ」
クリス:と、クリスが飛び出そうとしたら止められるんですね。
レクシィ:あきらさまに怪しそうな雰囲気ですが、ここに[危険感知]が得意な人間が2人ほどいるんですが。
GM:なるほど。じゃ、[危険感知]。
フェリス:むしろ、ここから《ヒール》するのが良いのでは。…でも、矢を抜いてから《ヒール》しないといけないかな?
GM矢と一体化してしまう
クリックすれば良いんじゃないかな(一同爆笑)
GM:なるほど、じゃ!
レクシィ:これから名前がちょっと変わります。
サーガ:矢サーガになります。
クリス:矢が中に入ってしまったから、サ矢ーガにしましょう。
クリック:「矢」の部分を削って、サーガに戻せば良いじゃないか。
GM:はいはい、なるほど。[危険感知]の目標値は15です。
レクシィ・クリック:成功ですね。
GM:部屋はそうでも無いんですけど、あちこちでカサカサと何かが走り回っているような音が聞こえます。
クリック:ゴ●●●じゃ。
フェリス:ひぃぃぃ~っ。アリだー!!
GM:Gだー!!
フェリス:…燃やし尽くしますか。
GM:この家を!? 矢サーガごと。
クリスとかちつくちますか(一同爆笑)
クリック:というわけで、「下手に動くと危ない!」
レクシィ:「何かいる」
フェリス:「しかし、動かないことには…」
クリック:「ワシがハーミットパープルで引き寄せよう」
フェリス:「ほう?」
クリック「ハーミットパープル!」と叫びながら、《ルアーリング》を使って(笑)
GM:ああー…そうか。すげぇ。
レクシィ:来たのは矢だけだった。
GM:矢を持ってスポン! と。
サーガ:抜けた!?
クリスダメだ、死ぬな(一同爆笑)
フェリス:これは死んだ。
サーガ:あぁぁぁぁぁ(ゾンビ声)
フェリス:これってどこに動くんですか?
クリック:俺と同じエンゲージに引き寄せました。


GM:では、矢サーガはそちらに動きました。
レクシィ:脈を取って…死亡確認。
クリス:ええっ!? グルのシャクティバット(懐かしのライフスペース)しようと思ってたのに。
フェリス:まだピクピクしてるんじゃないですか?
クリス:能力を使っても治りませんか?
GM:治ります。
フェリス:じゃ、矢を抜きながら治してもらいましょうか。
クリック:いや、矢ごと治す。
サーガ:スタープラチナ!
GM:精密な動きで矢を抜く。
フェリス:そんな精密な動きしなくても、適当に治せば大丈夫じゃない?(一同笑)
レクシィ:まぁさっきから抜いてる実績があるし、大丈夫じゃ…カタカタカタ(震えてる)
クリス:味方のを抜くとなると、ちょっと違いますね。
クリック:スタープラチナで正確に震えながら抜く(笑)
フェリス:とりあえず、抜いて治して下さい。
レクシィ:抜くのに判定いらない?
GM:いらないでしょう、避けないし。サーガが気合で避けるなら、判定いるけど。
サーガ:(不敵に笑って)「させるものかよ!!」(ころころ)6ゾロ!
GM抜けませんでした(一同大爆笑)
レクシィ:えええーっ!?
クリス:このまま何も考えずに突っ込んで行って、サーガ君を引きずっていったお兄さんにクリスが返り討ちに合うんです。そこでサーガ君が、意識もないのに体だけかばってくれる…というような、少年漫画的展開を想像してたんですけど。
GM:ああ、そのまま突っ込んでいったら、そういう展開も考えてたよ。
サーガ:あの…抜いて下さい、治して下さい(笑)
フェリス:では抜いてる間、我々は周囲を警戒。
クリス:これで意識が戻ります?
サーガ:いやー、死ぬかと思ったー(笑)
GM:はい、意識が戻りました。
クリス:「サーガ君、大丈夫?」
サーガ:「え? 何が」
クリス:「矢が刺さってたよ」
フェリス:「これがさっきまで刺さってた矢です」
サーガ:跡は残ってます? 服に穴、とか。
フェリス:いや、服も治るじゃない?
サーガ:破れたのは治るけど、血が付いてるじゃない。
GM:そんな感じ。
クリック:矢が突き刺さったと思ったら、建物の2階にいた。
GM:今起こった事をありのままに話すぜ。
クリス:何か、「オレンジ色の光を見たと思ったら知らないベッドに寝かされていた」みたいですね(一同爆笑)
サーガ:稲川淳二みたいに…「気が付いたら…矢が、無かったんですよ」(一同爆笑)
関連記事

category: AR CP2 2「矢、刺さる」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/279-d810efc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール