TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年05月21日 (木) | Edit |
レン:じゃ、配置を(コマを置く)
GM:ざっぱーん、ざっぱーん。ぺた、ぺた、ぺた。ぬた、ぬた。
レン:やっぱり来た。全部魚かよ。
ミラ:それはキレイではないなぁ(笑)
カロ:せめて、「ざっぱーん、ざっぱーん。スタ、スタっ」くらいに。
GM:一応、一部人間もいますけどね。
ミラ:そうか、先に「ギルマンレンジャー」を結成されてたんですね(一同爆笑)
GM:ギルマンの世界では大ブレイクだ。
ビザルアコギルマン!
カロ:アコギルマン!? 新しいぞ。
レン:新しいけど!!
GM:ギルマンいっぱいと、人間が少しと、「先生、お願いします!」で先生が出てきます。
ナナ:「どぉれ」
カロ:どうせやることなんて、攻撃を食らうだけさ。
エイモン:そんな事無いですよ! 陛下の剣は両手剣なんで、でっかい鞘ですよね?
レン:ああ。
エイモン:カロが鞘を持って、陛下が剣を抜いて「キィン!」ってなって、その時に《ディバインライト》が炸裂すれば良いんじゃないですか?
カロ:エイモンは?
エイモン:僕はその横で、片膝付いて控えてます(笑)
レン:いやー、すごい事になってきましたよ? まぁ、即席にしては上手くいったんじゃない?
GM:ありがとうございます。


GM:エチーゴフを糾弾してるなら、家の中かな?
レン:いや、あいつが縁側で俺たちは庭、で良いよ。
GM:ふむふむ。では、先生は家の中から出てきた所。エチーゴフはまだ中。で、ギルマンが…(適当に小さいダイスをザラザラ置く)
レン:おいおい。
カロ:適当だぁー。
エイモン:エンゲージは?
GM:じゃ、3~4エンゲージにしましょうか。どうせ《トルネードブラスト》で一発ですよ。
ナナ:うちはアコレンジャイを逃がしに行ったから…庭に出てきてるか。

(それぞれ配置終了、レン・ミラ・カロ・エイモンと魚が1エンゲージ、ナナとビザルはそれぞれ別エンゲージ)


1ラウンド
GM:先生は【行動力】15です。
レン:負けた。
GM:ではそれより先の人から…あ、セットアップですね。
ミラ:《ヘイスト》かけましょうか。《ポストヘイスト》とケセドの杖を使って…21ですね。
レン:ぶっ。【行動値】が21上がりました(笑)
エイモン:ありがとうございます~。ではセットアップで、《コンバットセンス》!
カロ:「理知の宝玉」、これで【行動値】43(笑)
GM:どこまで上げる気なんだ。
レン:セットアップで《アップリフト》と言っておこう。
エイモン:では《コンバットセンス》で露払いしましょうか。
GM:はい、目の前にいるギルマンは同じエンゲージに入ってきています。…とても生臭い
レン余計な事は言わんで良い!(一同笑)
エイモン:ではギルマンに対して…普通にやっても死ぬ気がするんですが。
GM:死にます、死にます。
ビザル:範囲攻撃にしとけば。
カロ:そもそも、ギルマンってモブだろ?
エイモン:あ、あ、あ…《トルネードブラスト》(笑)
GM:びゃ。びゃ。ぎゃー。「アコレンジャイがぁ~」
ビザル:「楽しみだったのにぃ~」
カロ:では次が俺かな。自分に近い方の3モブに対して、《マジブラ》《インフェルノ》と。
レン:《インフェルノ》とか言ってるよ、この人。
カロ:当たれば焼けるでしょう。
GM:ええ。
ミラ:こんがりと。
GM:(3回ころころ)うん、3匹とも焼き魚に。
カロ:ダメージ降るまでも無いか。
ミラ:陛下は【行動値】いくらなんですか?
レン:33だ。
ミラ:私が34なので…先に《スピリチュアルウェポン》とかやったら、喋りながら「ぴかー」って出来ますね。
レン:ぴかーん。
ミラ:ここは、皆の剣を光らせるとアレなんで、陛下だけにしよう(笑)
GM:今、鞘に納めてるんでは?
エイモン:だから、かけてもらって、抜き始めたらぴかーん刀キラキラ!(一同爆笑)
レン:ではそういう演出で(笑)
ミラ:さっきは、派手に《ヘイスト》って言ったけど、今回は小声で「(こそっ)《スピリチュアルウェポン》」って言いましょう。攻撃力+10です。…あ、カロさんの次に私で良かったんですか?
ビザル:うん、こっちはエンゲージ外れてたし。そもそも俺は同一エンゲージにいても、常に[隠密]だから対象にできん。
ミラ:では安心ですね。では陛下、どうぞ。
レン:(剣を抜きつつ)ぴかー。
GM:「うぉ、まぶしっ!」
レン:ぴかー《トルネードブラスト》。
GM:「ああ、これがまさか、ソーモンのつるぎ…ぎゃー」
カロ:フェイスフラッシュ(ぼそ)
レン:やばい(笑)
エイモン:「汚れたギルマンが、キレイな魚に!(一同爆笑)」
レン:いやいやいや、そこに食いつくなよ!
エイモン:違うんスか?
カロ:ギルマンがクリオネに。
ミラ:「(外国のテレビショッピングの吹き替えみたいに)この汚れたギルマン、これはもう元には戻らないよ。あきらめるべきだ(一同爆笑)」
ナナ:またおかしなキャラを。次はうちの番ですが…[隠密]状態ですけど、特にやる事がないです(笑)
レン:では静観で。
カロ:こっそり移動しておくという手もあるよ。エチーゴフが逃げようとした時に取り押さえられるように。
ナナ:そうですね、越後屋が逃げると困るので、屋根裏から「越後屋逃げないかな、逃げないかなー」って覗いてます。
ビザル:俺は行動を遅らせます。
GM:では、雑魚のギルマンは放置して…先生が「上様がこのような所におられるはずがないって話なんで、やっちまえ」《スマッシュ》《バッシュ》!(ころころ)29ですね。
レン:絶対無理!
ミラ:あえて避けずに、「貴様らの刃など効かぬわ!」《プロテクション》!
レン:良いね、それ(笑)
カロ:聖闘士(セイント)みたいに、「お前の刀など、私の薄皮一枚傷つける事はできんな」と。
GM:では13の、《チェックメイト》の…
レン:誰だ、《チェックメイト》って言ったヤツ(笑)
GM:先生が自分で言ってます。94点ダメージですね。
ミラ:《プーロテクショーン♪》22の…52点プロテクション。
カロ:《ハイプロテクション》ですか。
ミラ:《ハイプロ》に「ケセド」乗せてます(笑)
レン:物理防御が37に、52点止めて、あとは《アイアンクラッド》で残りを止めた。
GM:おおお~!
レン:「カン」
GM:「何と言う事だっ」エチーゴフも、驚愕というか絶望の表情です。
ミラ:曹操様みたいになってきた(笑)
レン:「げぇ! 皇帝
GM:魚は…放置でいいか。
レン:良いだろう(笑)。時代劇っぽく、周りを取り囲んだだけで攻撃してこない。
ミラ:この取り巻きは、向かって行って倒されても、上手いこと画面の外に出て行って、また戻ってきますから(一同爆笑)
GM:エチーゴフは…「なにをやっておる、ものども、もっとであわんかぁ~」
ビザル:増えた。
ミラであえ系サイトですね。
レン:意味がわからん!
ナナ:そんな出会い系はいらない。
ミラ:いやいや、「であえ」系。
ビザルさまざまな人が、あなたの「であえ」をお待ちしております
レン:嫌だ…。
ナナ:嫌過ぎる(笑)
GM:とにかく、エチーゴフはこいつらを呼んで終りです。一応、エチーゴフと同一エンゲージに1匹置いてます。
ビザル:どうしてやろうかなぁ。
レン:何となくザコを潰してれば良いんじゃないの?
ビザル:ではちょうど3体いるから、画面の端の方で《トリプルブロウ》。
GM:「お、お前どこから出て…ぐぇ」
ナナ:「ぶぇ」「ぶぇー」
GM:一応1ゾロ振らないかどうかだけ。
ビザル:低いけど1ゾロじゃないぜ。ダメージも余り出ないけど?
GM:30点くらいなら出るんじゃないですか?
ビザル:マイナー使ってれば大丈夫(笑)
GM:ではそれで。


第2ラウンド
GM:ではセットアップ。
ミラ:もう1回先に動きます? 陛下に《ブレッシング》しましょうか。
ビザル使っても意味無いけど、分身の術~。《イメージボディ》。
レン:画面がうざくなるだけだけど、分身の術~。
エイモン:あ、せっかく取ったので…先生に、「お前の相手はこの私だ!」と《プロヴォック》。
ミラ:それ良いですね。
カロ:あなたの対象を、私です。
GM:先生の【精神】は13です。
エイモン:先生、モブ?
GM:違いますよ(笑)
カロ:先生がいっぱいいるってのもどうよ。
レン:「ええい」ってやったら、先生が「にゃーにゃーにゃーにゃーにゃー」っていっぱい死ぬ。
ミラ:「何だ猫か何だ猫か何何何何だ猫か」(一同爆笑)
エイモン:フェイト使って…23です。
GM:こちらは10以上で…「何奴!?」
カロ:当たったらしい(笑)。《クイックステップ》《ウォーターステップ》踊ります。スタタンスタターン。
レン:華麗なジジイ。
ビザル何て軽やかなモモレンジャイなんだ(一同爆笑)
カロ:「モモレンジャイ! …昔の話だ
GM:では【行動値】順ですね。
ビザル:28ですが行動を遅らせます。
ナナ:25で、行動遅らせます(笑)
レン:何だよお前ら、ザコを片付けろよ。
ビザル:範囲系攻撃持って無いんですもん。
エイモン:先生と同時です。
GM:どうします?
エイモン:先に来てください。
GM:では、先生の攻撃…《スマッシュ》《バッシュ》で(ころころ)クリティカルでーす。
カロ:どうする? こっちにはそれを止める方法があるんだけど。食らっとく?
エイモン:150点あるんで、1回くらい食らっても大丈夫かなーと。
GM:では良いですか? (ころころ)《チェックメイト》使って…低っ。88点です。
エイモン:58点抜けた。
ミラ満点大笑いです。
レン:いやいや? というか、シンエモンさんには《プロテ》なしか
エイモン:い、いや、良いです(笑)
GM:食らいたがってたみたいだよ。
ミラ:いる? なら、やっとく(笑)
エイモン:ありがとう(笑)
ミラ:ごめんごめん、ダイス探してたから。(ころころ)50点コーン。
エイモン:じゃ、8点抜けて来た。
ミラ:すげー。《ハイプロテクション》容赦無ぇ。
GM:もうちょっと強くしても良かったね(笑)
エイモン:じゃ、あっしが。《ファストセット》《スマッシュ》《プレッシャー》で、《バッシュ》。《リバウンドバッシュ》も一緒に使って、周りの敵も一緒に吹き飛ばしながら、《ハイボルテージ》も乗せます。23です。
GM:ザコは(ころころ)全員落ちました。先生も当たりましたね。
エイモン:《グランススラッシュ》使って、無属性魔法ダメージに変えて、105点。
GM:先生は…魔法防御が28なので、77抜けてました。
ミラ:私が次に、ここに《ディバインライト》撃つんで、何かやって下さい。あたかも、皇帝の威光で光り輝いたように(笑)
レン:おお。
ビザル:じゃ俺、その直前に「投げ」使おう。つつーって移動して、越後屋を「ええい」って投げます(一同爆笑)
GM:投げられた!?
ビザル陛下のご威光で光り輝く前に投げつけて、まるで腰が抜けたようにぺたーんとなります(一同爆笑)
ミラ:カワイソスですよ!?
GM:あ、越後屋にエンゲージした所で、【感知】判定12でお願いします。
ビザル:元々14なんで。
GM:では「ぼよん」。”ギルマン王”ガープ・ドゥラッドが現れた
ビザル:「ぅおらーぁ」(気にせず投げる)(一同爆笑)
ミラ関係あるかーい!! ぽーい。「ブクー!!」
レンつーか越後屋、人間じゃねぇー!!
ビザル:(ころころ)…命中しないかも。21で。
GM:こっちは10出せば回避…(ころころ)9、20です。当たったぁ~投げられたぁ~。
ミラ:陛下のエンゲージに落とせます?
ビザル:うん。
ナナ:上様の目の前に落とすわけですな。
GM:でっかいの飛んで来たーっ。
レン:ええー!?
ビザル:18点、[転倒]。
GM:18点は…コーン。かな。
ビザル:あ、弾かれたか。そんなに固いとは思わなかったなぁ。
GM:まぁ、ただの越後屋だと思ってますよねー(笑)
エイモン:重たいっ。
ビザル:[転倒]はしなかったんで、正体を暴露しながら「よたよたよた」ってそのエンゲージに入ります(一同爆笑)
レン:歩いてきた!!
ビザル:あの「証拠を見せてみろ!」とか言われて、ドンと突かれた人みたいに、よたよたよたーっと。
GM:では次の人。
ミラ:《マジブラ》《ディバインライト》で、踊りながらフェイト使いながら。
GM:そんな事しなくても当たりますよ!?
ミラ外すと、陛下が恥ずかしい思いをしますから!(一同爆笑) あ、クリティカルです。
レン:ではその《ディバインライト》に合わせて、「観念せい、越後屋!」くわっ。
ミラ:《マジックフォージ》も使って、(ごろごろ)114点の<光>属性魔法ダメージです。
エイモン:あ、先生は[重圧]もかかってますね。さっきのでかかってたんですけど、《ディバインライト》と一緒にかかったという事で!(笑)
ミラ:周りのギルマンも巻き込んでいるので、消し飛ぶなら消し飛んで下さい。
GM:では3匹ですね。(ころころ)おお、1匹6ゾロですよ!?
ミラ:きっと、越後屋の影にいて助かったんですよ(一同爆笑)
GM:越後屋、でかいからね。
レン越後屋バリアー!!(一同爆笑)
カロ:忠義のカケラもないな。
ミラ向こうも「ギルマン王」だから、陛下vs陛下ですね(一同爆笑)
レン:うわ、いたーい。
GM:では、陛下の番ですけど。「観念せい」って言って…?
レン:「観念せい」って言って、行動終了…(一同爆笑) じゃ、普通に攻撃しとこうかな。《ファストセット》で《アルティメットボディ》と《フルスイング》使って《ストラグルクラッシュ》。30。
GM:当たった。
レン:ダメージが、武器の値が2倍なんで24が48に。で、スキルで+16、あと能力値の基本値を足せるから、64+47で111に、+2D(一同爆笑)
エイモン:さすが殿!
カロ:何で固定値がそんなひどい事に。
レン:122点。
GM:ギルマンが「かばう」ってやって、死んだ。
ミラ:かばわれた(笑)
ビザル:「さっき盾になってくれた陛下、危ない」
ミラ:良い日本名が思いつかなかった。
カロ:「亀吉」
レン:魚なのにカメ。
ミラ:「うおきちー!」
ビザル:「サバきちー!」(一同爆笑)
ミラ:「アジきちー!」
エイモン:ちょっと高級なのは「タイきち」「鯉のすけ」
ミラ:「はまっちー!!」(一同爆笑)
カロ:むっちゃフレンドリーだな!?
レン:2回攻撃が行くんよ? では2回目が、34。
GM:当たりますよ!?
カロ:ダメージが、147点。
GM:防御が37。残り296点です。ではカロさん?
カロ:やる事なくなったな。雑魚の掃討でもしときますかね。
エイモン:先生も残ってますよ。
ミラ:「ええー、俺、魚に雇われてたんだ!?」とか思ってないですかね?
GM:先生は、「うぉ、でかい魚が出てきた!」ってビックリしてますね。どうも、これがエチーゴフだとは気付いてないみたいです。
ミラ:なるほど。
ビザル:むしろ、先生も魚です。
カロ:そうか! まぁ、そこら辺のザコを焼きましょう。「そこの生臭いの!」
GM:おじいちゃん頑張ってー。
ビザルおじいちゃん、魚生臭い
ミラその悩みに、ポリ●ント!
GM:両方当たって、じゅっ。
ナナ:では、…越後屋はもう行動しないの?
GM:どうしましょうかね。
ミラ:そろそろ、「ま、まて、金か」とか言いはじめるんじゃないですか(笑)
カロ:「金か、株か」
ミラ:「金か、権力か。両方持ってるようだな(一同爆笑)」
GM:だって皇帝ですもんね。
ナナ:越後屋が何かするのに合わせたいんですが。
GM:越後屋は、「召喚」をしますかね。
ナナ:そっかー。では仕方ないので、先生に《コンシールアタック》。
GM:先生の方がギルマン王より回避が1点高いんだぞ。
ナナ:(ころころ)ぎゃー…振り直した方が良いかなぁ。
ミラ:フェイトがあるなら振り直した方が良いよ。
ナナ:では(ころころ)低いっ。21ですね。
GM:9出たら避けれますが。惜しい、8でした。先に言っておきますと、先生の物理防御は40です。
ナナ:無~理~。通らないです。
GM:では、越後屋は「こーなったら仕方ないのにゃー」と…
一同:にゃ白猫
GM:にゃーじゃないですね。「こーなったら仕方ないブクーMH-icon大食いマグロ。アレを出すブクー」
ビザル:ゴーレム来た。
GM:はい、ここ(屋敷の部分)が全部ゴーレムになりますんで。
一同:えええー!?
カロ:屋敷がゴーレム?
レン:意味が分からん。
GM:ゴーレムの上に屋敷を建てたという感じ。ゴーレムが立ち上がりました。
カロ屋敷は大混乱です!
レン:屋敷が二つにぱかーっと割れて、中からゴーレムが。
GM:まぁどれでも良いんですけど。
ミラ:しまった、真の「おねがい☆ティーチャー」はこっちだったんですね(一同笑)
GM:金ぴかのゴーレムです。
ミラ:金ぴかビームっ!
レン:ゴールドライタンだ!
GM:というわけで、ビザルとはエンゲージしている状態から。あ…そこにいたギルマンは落ちました。
レン:落ちた!?
GM:ゴーレムが立ち上がったので。
ビザル:…こいつ、普通に《ハリケーンブロウ》とか撃っても通らないな。
GM:ゴールデンゴーレムの防御力が…75でした。
ビザル:でしょ?
カロ:でも、魔法防御は0なんだよね。
GM:はい。
カロ:《ブライトウェポン》かけちゃうか。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック