リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle04:魚だー!! 

GM:では、4ターン目に行く場所を決めてください。
エイモン:ビザルさんから、「冷静になって1から考えなさい」って石つぶてをバンってもらったんで、フェイトを使って頑張ることにしました。
カロ:今回、獲りに行きましょう。
GM:では、判定を。
レン:そろそろ捕まりそうだなぁ…フェイト使おうかしら
エイモン:ええーっ!?
カロ:おい、ちょっと待ったっ!
エイモン:勘弁してくださいよぉ。接触させてくださいよー。
ミラ:見付かってもそれはそれで良いですね。
カロ:どうだ、これで…。
エイモン:低ーいっ!!
レン:まぁ、もう見付かっても良いだろう、これだけ遊んだんだし。
ナナ:あ、1ゾロ。振り直しは…まぁ、良いか。
GM:今回は見つけられるかもしれませんね。
レン:(計算して)これ低いよ、40(笑)
カロ:やった、勝った! 78(一同爆笑)
ミラ:出しすぎ…。
ビザル:俺は5D振って11ですけどね!
カロ:フェイト3点使って、踊って、この出目(笑)
GM:何スか、それ! 2・4・5・5・5・6って!
ビザル:俺は1・2・3・3・3だ(笑)
レン:それもひどい…。


カロ:場所が被ってれば見付かるな。
GM:では、被ってない場所から行きますかね! ⑥、冒険者用品・ギルドハウスなどがあるエリア。
カロ:「まぁ、当てもなくブラブラと来てしまったが…そろそろこの街も歩き尽くしたのう(一同爆笑)。どこかにいるはずじゃ。やれやれ、老骨には堪えるわい」
GM:「爺さん、休憩して行くかい?」と酒場から声がかかります。
カロ:「ああ、そうじゃのう。そろそろ酒の時間じゃ
ビザル:何だって!? まだ朝ですよ!
GM:確か、朝まで飲みっぱなしだったのでは。
カロ:さっきまで呑んでました。「これはな…目覚め酒っていうんじゃ!」
ビザル:何だって!?
カロ:今まで寝てたのかと(笑)
ミラ:段々、何か違う人になってきましたね。
レン:そろそろロールプレイに限界が。
カロ:だって、ジジイだし~。
ビザル:このままではジィが死んでしまいます。早く見付かって下さい(笑)
GM:というわけで、カロは酒場の奥に消えていきました。


GM:次は⑨、サーカスが来てる所ですね。
ビザル:一応、情報を得たので。
レン:次のターンに開場だったな。
GM:「次のターンに開場でございまーす♪」(看板を手に持って告知)
レン:ラウンドガールかい(笑)
ビザル:なら、次のターンまでここで張っていようかな~と考える。
GM:了解です。


エイモン:僕は、大通りを南に走って行きながら、「へ…!」って叫ぼうとして、石つぶてを食らって「冷静にならないとな」と⑧まで歩いて行きます。
GM:引っ掛けれませんでしたよー。
レン:俺たち、皆そろって⑧だったんだよねー。
エイモン:おおっ!? 当たりじゃないですか!
レン:⑧でイベントがあるって話を聞いたので(笑)
GM:飲み屋か飯屋か、そんな店で。
エイモン:ではうっかり見つけて、ボロボロ泣いてます。「陛下…よくぞ、ご無事でッ!!」
ミラ:変装してるんでは? 見破れるかな。
GM:見破ったって所まで、さっきの判定に含めて良いでしょう。
エイモン:ここで誤解しましょうか。見知らぬ女中と忍がいるんですよね? 「おぬし等が陛下をたぶらかしたのかッ!?」(一同爆笑)わなわなと、刀に手をかけて…。
ミラ:「(平然と)何を言っていらっしゃいますの、私たちも必死で陛下をお見つけしたんですのよ」(一同爆笑)
レン:嘘だーっ。
エイモン:「そうでござったか!(一同爆笑)苦労をかけたな!」
ミラ:「城を抜け出したと聞いて、必死で探しましたの」
GM:飯屋で良いかな?
レン:良いよ、朝昼兼用の飯を食いに来たって事で。
ナナ:もーぐもぐ。
エイモン:その横で「ややっ、サーカスに!?」と馴染んでます。
GM:では皆さんが飯を食ってますと…
レン:あ、ちょっと待って。その前に…大学から借りてきた本をそのまま持ってきてるんで、「見ろ、これがタイガーというモンスターだ」(一同爆笑)
エイモン:【知力】で振ったら良いんですか?
GM:はい、識別値は19です。
ミラ特徴の所に「孤独深い」とか書いてあります。
エイモン:「何ですか、その面妖なものは!?」
ミラ:「陛下、何て博識でいらっしゃるんでしょう」
レン:「そうよ、そのサーカスとやらに、このようなモンスターが出展されると聞いてな」
エイモン:「何と!?」
レン:「我がアヴァロックの街に、このような物が売り出されては一大事」
エイモン:「確かにその通りでございます!」
レン:「みなに心配をかけまいと思って、一人で視察に出てきたまでの事(一同爆笑)」
エイモン:「さすが陛下! しからば、陛下の御身、私が」
レン:「まぁ来てしまったものは仕方が無い、お前も見ていくか」
エイモン:「ありがたき幸せっ」
GM:「へい、大盛りチャーハンお待ち」
レン:チャーハンっ!?
ナナ:「陛下、今回のメインはトラでございますが、このような女子も出るそうでございます」
レン:「何ィっ!?」
ミラ:ブロマイドを買ってきてましたね。
レン:「ほほぅ、これはこれは」懐にしまいながら(笑)、サーカスのチラシと予定表を皆で確認。「おお、次は玉乗りか」とか、めっちゃ楽しみにしてます(一同笑)
ナナ:「陛下、お楽しみの前にこのような事を申し上げるのは心苦しいのですが…」
レン:「む?」
ナナ:「最近④の商家で、越後屋と申す者が何やら宜しくない企み事をしているようなので。ちょっとお耳に入れておこうかと思いまして」
レン:「そうか。いつか尻尾を出すと思って泳がせていたが、ついにやらかしたか」
GM:エチーゴフですね。
レン:「エチーゴフなる商人、その名前で店を出したいと言ってきた時点で、いつか何かをやらかすと思っておった」(一同爆笑)
ナナ:「年頃の女子を集めて云々という話でございます」
ビザル:「よし、成敗だ! サーカスが終わってからな」
レン:サーカスがいつまでやっているかを、さりげなくチェックしましょう。第2公演とかないの?
GM:ええ、夜に同じ内容でもう1回公演やりますね。
レン:夜にもう1度やるなら、先に行ってさくっと潰してきちゃおうかなー。
カロ:そっちで合流したって事は、俺たち聞いてて良いの?
GM:良いですよ。
エイモン:「トラという危険な生き物を視察しに来られた」
ビザル:トラだって? (ころころ)わかんねーや。
カロ:俺はさすがに分かるな。元値12もあるし。


レン:では、イベントどうぞ。
GM:はい、皆さんが予定表を見ている時。「わぁー、助けてくださーい!!」ガラガラガラ、と女の子が駆け込んで来ます。
レン:なるほど、ここで俺が「何があったというのだ!?」って聞くと、その女の子がバーン!「アリだー!!」(一同爆笑)
GMち、違いますっ!!
ミラ:「アリだーっ!!」(さっき開いたドアを閉める。その前にやってたボードゲームでそういうシチュエーションがあったのです)
GM:閉めるしっ!? とにかく女の子が駆け込んで来ます。
レン:「何があったというのだ」
GM:「さらわれそうになって…男の人が、急に腕を掴んで連れて行こうとしたんです!」
レン:ええーっ!?
エイモン:それを聞いて、ドアの外に出て見てみますけど?
GM:出てきたら、追いかけてきたらしいチンピラが三人ほど「おっととと」と立ち止まります。
ミラ:陛下に小声で「陛下…先ほどのナナさんのお話、まさかあの者達、越後屋の者では」
レン:「うむ。では、さっさと確保してしまってくれ」
エイモン:良いんですか? では「ええい、峰打ちだ」って言いながら。[放心]と[麻痺]と[重圧]、どれが良いですかね?
レン:[放心][麻痺]くらいあれば十分かな。
エイモン:じゃ《ファストセット》でマイナー2個にして、「ええい」ってやりましょう。これってシーンの最初の戦闘ですね?
GM:ええ。
エイモン:《ファストストライク》! って言ったら、6が1個でも出ればクリティカルになる。(ころころ)クリティカゥ!
GM:何てことするんですか。6ゾロ振らない限り倒れますよ。
エイモン:固定ダメージが8D+40なんだけど。
GM:3人とも死にます。
レン:死んじゃダメ!
エイモン:峰打ちです。
GM:あ、そうでした。「びゃ」「びゃ」「びゃー」
エイモン:[麻痺][重圧]です。
GM:[麻痺]も[重圧]もかかる間もなく、ばったり倒れました(一同笑)
エイモン:チン(刀を納める)
レン:では、一人を起こして事情を聞こう。店屋の女将か何かに、奥に部屋を一つ借りて。無かったら路地裏でも良いけど。
GM:部屋を借りれたと言う事で。
レン:ではずりずり引っ張って行って、一人起こして事情を聞こう。「お前らはエチーゴフの手の者だろう。そうか、エチーゴフは婦女子をかどわかしているのか、良く分かった」(一同爆笑)
GM早っ!?「あ、あんた…話が早いな。その通りだ」
レン:「うむ」…というか、こんな白昼堂々とさらうなんて、何で今までこんな事ができてたんだか(笑)
GM:「いや、今まで下町のお姉ちゃんとかをさらってたんだけどね。エチーゴフが最近清純派に目覚めたらしくて」
ビザル清純派!?
レン:「意味のワカラン事を言うな」
GM:「さらおうとしたのは、Lv1のアコなんだけど。アコが良いらしいんだわ。5人揃えて「アコレンジャイ」とかやろうとか」(一同爆笑)
レン:「意味のワカラン事を言うなっ!」
GM:「まぁそんな話があって、この子が5人目なんだ。俺たちは今までさらった事無いんで、助けてください」
レン:「では、その話を後で証言するなら助けてやろう」住所・名前・電話番号を聞いて(笑)
GM:そんな物はありません。住所不定・無職の公園で寝泊りしてるような人です。
レン:何ぃ!? 一見繁栄しているようなアヴァロックにも、まだまだこのような者がいるのか。
GM:いやいや、繁栄すればする程、乞食も増えるってモンですよ。
レン:なるほど。
ビザル困った時は「成敗」って言えば良いんですよ。
レン:ほほう。「成敗っ!」…死んでるー!
エイモン:いえいえ、陛下の刀を使うまでもない。
レン:どうしよう。とりあえず、城にでも連れ帰って牢に放り込んでおくか。
エイモン:ああ、3人ともですね。
レン:うん。で、エチーゴフが「何を根拠にそのような」って言ったら、連れてきて証言させる。
エイモン:分かりましたッ。では、3人しょっ引いて行きます。


GM:あっ、ごめんなさい忘れてた! 倒れた2人が魚になってます
レン…魚ぁ!?
GM:ギルマン。
ビザル:この魚、見忘れたか!!
レン・エイモン:「魚だー!!
レン:ていうか、アリが魚になっただけの展開じゃないか!
ミラ:さっきまで人間だったのに、魚になったんですか?
GM:そうです。
エイモン:変身が解けた、って事でしょうか。
レン:「誰か、魚と言葉が通じる者はおるか」
GM:一人はすぐに起こして貰えたから、人間の姿のままです。
ナナ:お前も魚かっ!
GM:はい、この人も「ええい」ってやってしばらく放置したら魚になります。
エイモン:ピチピチ、ピチピチ。ぐったり。
GM:ちゃんと水陸両用なんで、ぐったりはしないですよ。
レンなるほど…そりゃ、住所不定・無職だわ(納得)。
ミラ:ギルマンは見たら分かるかな?
GM:分かります。住所は川原とかでしょうかね(笑)
エイモン:と言う事は、城下町にモンスターが入り込んでるという事ですよね?
GM:そうですね。
エイモンほら貝出してきますよ
レン:待て待て!
ミラ:兵を集める気だ。
GM:さすがに聞こえないと思いますよ(笑)
エイモン:「陛下…城下町に、モンスターがいるとは」
レン:「うむ、これは由々しき事態だ」
ビザル:「今、ちょうど城に陛下を探すための兵が準備されております
レン:「おお、良くやった。ではさっそくその兵を…」ちょっと待て(一同爆笑)あやうくここに軍隊を集結させる所だった。
ミラ:「少し落ち着きなさいませ」
ビザルまだ準備されてないけどな(笑)
ミラ:「アジトを割り出さないといけませんね。一気にそこに強襲をかけますの」
レン:「うむ」
ミラ:この辺とか…橋の下で段ボールで生活してるかもしれません。
エイモン:いやいや?
レン:では忍者連中に、この川沿いに家があるだろうから、そこを探れと指令を出そうか。
GM:えーと、まだ人間のギルマンが、「別宅がある」と教えてくれます。
レン:なるほど、さすがに商家の裏の川がそのままギルマン屋敷という、ベタベタな展開にはなってないんだな。
GM:さすがに、表の店は普通の店で、女の子集めてドンチャン騒ぎをしてるのは別宅だそうです。
レン:ではその別宅の場所と、そこにエチーゴフが行く時間を探れば良いんだな。行ってる所を現場に行って差し押さえれば良い。


GM:では、ここで【感知】判定を。18です。
エイモン:僕もやって良いんですか?
GM:良いですよ。まぁ、これは成功しなくても良いです。
レン:いや、ピンゾロ。
ミラ:おお! 私は6ゾロ。
GM:すごい。ではミラには、そこで聞き耳を立ててる人がいると分かります。
ミラ:「陛下。何者かが聞き耳を立てております」2人に、小声で。
レン:「生かして帰すな
エイモン:ポッツーン…としてます(笑)
ミラ:これは、どこにいるかまで分かるの?
GM:そうですね、この辺に人の気配がする。それが去って行こうとしています。
ナナ:私も気付きました。いかがなさいますかYes or No。
ビザル:Yes or No?
レン:後をつけるしか無いですね。
エイモン:何か、コソコソ話してはる。僕はこの魚を連れて行けば良いですね。「では陛下、後ほどサーカスで」
レン:「うむ」(一同爆笑)
ビザル:話が1テンポ遅れてる(笑)
ミラ:あれ? …あ、魚を連れて出て行った後だと思ってた。まだ一緒にいるなら、エイモンさんにも言うよ。誰か聞き耳立ててた、って。
エイモン:本当に? 大きい声で言うよ、「何だってー!?」(一同笑)
ミラ:「何、聞き耳を立てている者がいるだと!?」
GM:と大きい声を出しますと、気配はすごい勢いで走り出します。
エイモン:ガラガラガラー、「曲者めぇー!!」
GM:すでに姿が見えないくらいの場所に…。
レン:あーあ。
GM:頑張れば追いかけれると思いますよ。
ミラ:ナナさんなら行けるかも。
ナナ:では、《シャドウストーク》使って、[隠密]のまま追いかけましょう。
エイモンでも僕は、「うむ」って言われたから、魚を連れて「では陛下、行って参ります」
レン:あれ!?
GM:ではお城へ連れて行って下さい。
関連記事

category: AR 「暴れん坊皇帝」(gw09)

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/265-3938469a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール