TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年04月22日 (水) | Edit |
GM:では、ダイヤモンドダスト号の真上に着きました。皆さん、判定をどうぞ。
クリス:【敏捷】で8ですね? ギリギリ成功です!
サーガ:僕も8、あっぶね~。
GM:では何とか気球の上に降り立ちました。その後しばらくして、戦艦(レギンレイヴ)はゆっくり後ろに下がっていき、雲を使ってうまく身を隠して離れた後に、いかにも反対方向から来ましたとばかりに近付いてきて、降伏勧告というか…魔法的な拡声器みたいなので。
レクシィ:「お前たちは気分的に包囲されている」(一同笑)
GM:ははは、何て言うんだろうね、こういう時って。
サーガ:「お母さんは泣いてるぞー」
レクシィ:「大人しく武器を置いて投降しろー」
GM:まぁそんな感じの事を、無表情にショーテルさんがダラダラと喋り始めます(一同爆笑)
レクシィ:3分間待ってやる。
GM:3秒待ってやる。


フェリス:「では、レクシィさんお願いします」
GM:では切って入って…鉄が切れるのかという話はあるけど(笑)
フェリス:鉄なの?
GM:風船の袋を開けて入るでしょう? そんで、ゴンドラの天井は鉄なんで。
クリック:メンテナンスハッチみたいなのがあると思うんで、それを中から探しましょう。
GM:ふむふむ、袋の中からハッチを探すのね。
レクシィ:当然カギはかかってるでしょうが。
GM:それはすぐに見付かるでしょう。
クリス:私、全然分かって無いんですけど…飛行船の気球の空気って、外の空気とは違うじゃないですか。変なガスとかじゃない?
フェリス:ヘリウムみたいなモンですよ(笑)
クリック:しかし、科学技術とは違うからどうなのかねぇ? ヘリウムだと、吸いっぱなしだと…
クリス:声が変になります。
フェリス:ホヘァニャァ(文字に出来ない怪しい音声を発する)(一同笑)
クリック:声が変になるだけなら良いけど。
GM:まぁ、そこまで科学技術が発達してないので、何か魔法的なガス、という事で。
レクシィ:魔法力がいっぱいなんだよ。
クリス風の精霊がいっぱい詰まってるんですね。
サーガ:不思議パワー。
レクシィ:開けたら出て行っちゃうんだよ。
サーガ:風の精霊が「ぎゃぁああああ! …たぁすけてぇぇ!!」って逃げようとしてるのを閉じ込めてる。(SW2.0の時のリプレイを参考に)
GM:まぁ気球の中は、入ったらぷかーっと無重力みたいになるような、謎の気体が詰まっています。
レクシィ:クルクルクルクル・スターン。
GM:クルクルクルクルスターンとはなりません。泳がないと下に着きません(笑)
フェリス:これは、開けてすぐ入ってすぐ閉めないと大変ですね。
クリス:では全員入ったのを確認したら、開けたところを「えい」って触って治します。
GM:治りました。
クリス:これで「街の修理やさん」みたいな商売できるかも(笑)
GM:気球の中は何もなくって暗く、下にポツンとメンテナンスハッチがあるだけ。一目瞭然ですね。
フェリス:ほう。ハッチはどこに通じていそうでしょうか? 機関部?
GM:うん、機関部かな。
レクシィ:パタパタパタ…(飛んでる?)
GM:そこまで泳ぐなり、飛ぶなりして。
フェリス:ペンギンは泳ぐの得意ですし。
レクシィ:ペンギン違うし! もう、ペンギン確定!?
サーガ:いいじゃないですか。
フェリス:いやぁ、ペンギンはもうだいぶん前から確定…してたような~…?
レクシィ言うんじゃなかった(泣)


時、すでに遅し。


GM:で、メンテナンスハッチですけど…カギなんか普通かけないよなぁ? 一応、勝手に開いたら困るからっていうくらいの、簡単な掛け金がある。当然船内からかけるから、[鍵開け]になるか。
レクシィ:仕方ないですね。
GM:目標値は8で(笑) 針金つっこんだら開きます。
レクシィ:ファンブル以外失敗しない~。一応、元アルケミストなんで、「えい」(触ってる。練成陣でも描いた?)ってやったら「カチャン」って。
GM:まぁそれでも良いです。
フェリス:[聞き耳]とかしてみます? って聞こえないかなぁ。
GM:機械がガッチャンガッチャンいってる音しか聞こえないです。機械は正常に動いてるみたい。
クリス:ディアスロンドから来た神官長がどんな人かわからないんですけど。「お前たち、こんな事をしてただで済むと思っているのか」とかいう会話が聞こえるかと思いました(笑)
GM:うーん…「いやー、一応見張れって言われてるけどさー」「ここ、空だしー」とかいう感じの会話が(笑)…とか言ってたら、「あれ、向こうから船が来たぞ?」「えー。でもここ、空だし」(一同爆笑)
フェリス:見張ってねぇ~。
GM:だって、中に乗り込まれるなんてこれっぽっちも思って無いですよ。
クリス:油断し切ってますね。
レクシィ:では、[不意打ち]できそうかな?
GM:ええ。ハッチを開けられても、下でそういう事を言ってます。
フェリス:開けられてるのにも気付いて無いか。まぁ、上なんて見ないよね。
GM:見ない、見ない。音も聞こえないし。今の機械みたいに、静音なんてのも無いからね。


レクシィ:では[不意打ち]をかけましょう。相手は、視認できる中には?
GM:二人。
レクシィ:「1・2…以上」
GM:では戦闘ラウンドです。こっちは【行動値】11もあるんですが、不意打ちされてるので行動しません。
クリス:あ…僕の魔法《ファイアボルト》なんですが、メタンガスに引火~!
フェリス:あ、クリスは火の魔法にしたんですか? かぶった…私《インフェルノ》だ。
GM:まぁ、火ぃでっかいパーティーって事で。


火ぃでかい
 「水うまい」発言と同じ人の語録より。
 ライターの火が思ったよりでっかくてびっくりした話だっけ?
 まぁどうでも良いですね(笑)


GM:ではそちらの【行動値】早い順にどうぞ。
レクシィ:戦闘となると、《修練》はどうしよう?
GM:戦闘に使う分は、全部取るって事で良いんじゃないですか(笑)
フェリス:《器用》《敏捷》《知力》くらい。
レクシィ:じゃその辺りで。
GM:まぁ適当に持ってて下さい。ぶっちゃけ、今回は戦闘のバランスとか全く考えてないので。
クリス:私たちには恩恵ないですしね。
フェリス:どうしましょうかねぇ…サーガ君に言い所見せてもらう為に、《ブライトウェポン》とかかけましょうかね?
GMえ? コイツらにやらせる気?
サーガ:僕にやらせる気? 「アッー!」って殴るだけだよ?
GM:レベル1ですよ? 分かってます?
フェリス:まぁやめときますか。
レクシィ:状況判断の出来るこの子は先行します。
GM:はい。距離は、降りてきたらすぐ目の前なんで、1移動で届く距離という事で。
レクシィ:あ、さっき気球を破った剣…戦闘が始まってシーンが切れてるとなると、消えてるか。
GM:そうですね。
サーガ:あ、《フライト》も切れた(笑)
レクシィ:ではまた消費します。セットアッププロセスに《クイッククリエイト》、マイナーアクションに《ウェポンクリエイト》。シュキーン・シュキーン
GM:何かかっこ良さげな事をやってますよ。
サーガ:錬成してるんですか。
レクシィ:してます。合計の消費は馬鹿でかいんだけど(笑) …あ、移動が要るか。
クリス:多分、コイツらはそんなに強くないでしょう。「ボブ」とかそんな名前(笑)
レクシィ:そうだね。
サーガ:今ならこんな雑魚にでも《ボルテクスアタック》使いたい気分です(笑)
フェリス:って、セットアップですよ、クリックさん。
クリック:移動必要な人?
レクシィ:できれば欲しい。
クリック:では《アンパッサン》かな。《陣形》でも良いけど。
GM:クリスとサーガに《陣形》は効果ないからな。そっちのメンバーは《陣形》で動いて、サーガを《アンパッサン》で動かしたら?
フェリス:むしろ、「後ろに下がってろ」とか言うべき?
クリス:船に帰ってろ(笑) 穴を塞いだから、お前はもう用済みだ。
サーガ:もっと役立たずの子です。
フェリス:「クリスさんを守るんでしょ? こっちは誰も《カバーリング》持ってないのよ、頑張りなさい」
GMマジで!?
レクシィ:持って無いよ。
GMま、マジ!?
サーガ:はっはっはっは(爆笑)
クリック:まぁ俺が《キャスリング》持ってるんで、「そこ、《カバーリング》して」って言う事はできますが。
レクシィ:それを、サーガに言うから(一同爆笑)
GM:無意味じゃないですか。
クリック:たまたま同じエンゲージに、【HP】と防御力に余裕のある人がいたら、「ちょっと代わりに食らっといて」って言える。
GM:そういうカワイソウなNPCを出しますよ。
クリック:いやいや、相手が同意しないと使えないので。「対象が《カバーリング》を使えるようにする」ってスキルですから。
フェリス:ふむふむ。
クリック:で、《タクティカルプレイ》《アウトプレイ》。
フェリス:どうなるんでしたっけ?
クリック:《ストラテジウム》もあるので…「範囲(選択)のキャラがそのラウンド中に与えるダメージ+[(SL×4)+(SL×4)]」。
GM:イミフ。結局+いくらになるんだ?
クリック+40(一同爆笑)
フェリス:すっげー!!
GM:こりゃ死んだな(笑)
クリス:それだけで死ねそうですね。
クリックこの二人が有能なようにみせかけるのも、無能なように見せかけるのも自由自在。
GM:確かにできる! 確かに、これならできる。
クリック:でしょ? 俺、これをする為に他のスキルを削りに削りました(一同爆笑)
クリス:後は当てれるか、ですね。
クリック:当てると「どっこーん!」って音がします。
GM:こっちの回避、言っちゃうと2D+6です。セットアップは以上ですかね? 《陣形》とか使わなかったの?
レクシィ:《陣形》あると、移動が楽ですが…。
クリック:だって俺ギルドマスターじゃないし。
フェリス:あぁ、《陣形》使えないよ。ショーテルさんがいない。
レクシィ:ならマイナーは使わないことにしよう。そちらのセットアップは?
GM:無い。あるわけが無い(笑)
クリス:セットアップは雑談で(一同笑)
GM:じゃそれで…というか、[不意打ち]でこっちは気付いてないから、使えません。次々やっちゃって下さい。
レクシィ:では、メンテナンスハッチからストン、と降りてエンゲージ。メジャーアクションは普通ーに攻撃します。
GM:はい。
レクシィ:(ころころ)惜しい。クリティカルはしない。
GM:当たりました(笑)
クリス:アルトさんの出目は、味方どうしだとすごく心強いです(笑)
レクシィ:GMだとコレほど怖いものはない(笑) ダメージは2D…6だから、21点。
GM:おお、これなら…
レクシィ:+40は俺にもかかってる?
クリック:かかってますよ(一同笑) 範囲(選択)です。
フェリス:いやー、俺も選択してもらえたのかなーみたいな?
クリック:ああ、した(笑)
GM:61点なら残るか。おお、2点残りました。
レクシィ:あ…ご・め・ん・な・さ・い、スキル1個取ってた、《ヴォーパルアーツ》。短剣のダメージが+3される。
フェリス:あーっ!
GM死んだ(一同爆笑)
クリス:2残しておいて、「とどめだ、サーガ君」とかでも面白かったですが(笑)
クリック:ここは、「うぉ、強い!」って驚いてて、自分も「えーい」って殴ったら「ドッコーン!」ってなってビックリさせるというのが良い(笑)
GM:「いやー、こんな空の上に敵なんて来るわけな…うぉ!?
レクシィ:では華麗に前転しながらスパっと切って、着地します。
フェリス:では…おいしい所を見せてもらうために、[待機]します。
クリス:もう一人敵がいるんですよね?
GM:いるよ。もう一人の人は、隣の人が倒れたのにも気付かず「いやーまったくなぁ、はっはっ…はぁ!?」(一同爆笑)
クリス:そこには知らない人が!
レクシィ:やれやれだぜ。…違う。
クリス:こんな所で炎の魔法使っても良いんだろうか…と思いつつ。あ、さっきクリックさんが使ってくれたのは、魔法のダメージも上がるんですか?
クリック:うん、あらゆるダメージが上がる。
クリス:なるほど。「よーし、最初だし…出来るって所を見せてやるんだから」《ファイアボルト》!
レクシィ:ねりねりねりねり。
クリス:ねりねりねり。この第一印象で全てが決まりそう。
GM:うん、ここでクリスが出来る子か出来ない子かという事が決まってしまう。
クリス:フェイト1点使って…クリティカルはしなかった。
GM:普通に当たった。普通に魔法使えるんだー、くらいの印象ですね(笑)
クリス:3D+40で…51点ですね。火ぃでかっ!
レクシィ:出た瞬間は「ねりねりねり」だけど、何か力が加わって突然「ぐわっ」っと。
サーガ:びっくりした顔で見てます(笑)
GM:10点残りました。隣が倒れてるのに気付いた瞬間、火ダルマになって「人型の火」が転げまわってます(笑)
クリス:これは、何かされたって分かるんですかね?
レクシィ:そりゃ、「範囲(選択)」で、対象が望めば…だから。
クリス:そうか(笑)
サーガ:1ゾロ以外で当たるんですね。
GM:はい。
レクシィ:ここで1ゾロ振ってくれたら美味しいな。経験値5点分くらい(笑)
サーガ:(ころころ)アアアー!! 危なぁ!!(一同爆笑)
フェリス出目、1・2って!
サーガ:フタエノキワミー!!
GM:+40点で死んでるよ!
サーガ:「バッコーン!!」ってなって、「えええーっ!?」
クリス:パワーゲイザー!
サーガ:何か出た!
GM:じゃぁかわいそうに、火ダルマになった挙句に粉々に粉砕されました(一同笑)
レクシィ:トドメさしちゃった?
GM:いえ、トドメはささってないですよ? 粉々に砕け散ったけど、トドメはさしてないです(笑)
クリス:「すごい…あんな《ファイアボルト》見るの、初めて」
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック