リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

PrePlay04:「とりつくろう者」 

GM:では、「とりつくろう者」の説明から入ります。


ギルド「世界を繕う者」(通称「とりつくろう者」)

10年くらい前に、ケセド級のすごい竜を倒し、現在はその竜が協力している。(”銀の”ケセド。ハートフルにも登場したが、エネミーとしては100レベル。超強い、古代竜。ヒトの姿を取る事もできる)
本拠地ではその竜がいつも寝ていて、「世界のドコソコで粛清装置が動き始めている」という事を教えてくれる。
その情報を頼りに、粛清装置を解除・破壊して回っている組織。
冒険者(使徒)としてギルドを神殿に登録しているので、神殿上層部の人間はこの事を知っている。
(神殿に行けば、全面的に協力してくれる)
ギルドマスターはショーテル。見た目は30代前後の男性。


レクシィ:存在は知られてるけど、活動内容は余り知られてないのね。
GM:そうそう。これが町の人にも知られちゃうと、彼らが来ただけで「うぉ、この辺粛清装置があるんだ!?」って大騒ぎになっちゃうからね。
レクシィ:確かに(笑)
GM:ショーテルさん以外にも、3人くらいギルドメンバーはいたんだけど、その竜を倒す時か何かにやられちゃって。
レクシィ:戦没者名簿に名前が載っちゃった。
GM:はい。で、その竜が住んでる所…本拠地が浮き島で、「ラピュタは本当にあったんだ」みたいな所。街1個分もないくらいの小さい島ですが、そこにでっかい穴があいてて、竜が寝そべってて、穴に尻尾を「ドス」って突き刺してて、そこから竜の力を浮き島に送っています。…コンセントですね。なので、浮き島は竜の思った通りにコントロールできます。他の人に見付からないように、少しずつ移動したりしてます。
レクシィ:光学迷彩をはってるわけじゃないんだ。
GM:はってません。竜が「えい」ってやると、周囲に雲が沸く、くらいです。竜はこれに力を使いっぱなしなので、大して活動はできません。資金源は、その竜の財宝ですので、お金の所は8をヨコにして書いといて下さい(笑)
レクシィ:了解。
GM:で、そういう事があって。この5~10年、いつごろ皆さんが入られたのか知りませんけど、抜けた人員の穴を埋めたり、2~3人で出来る小さな粛清装置を壊したりとか。封印が解かれてない装置に上から砂かけたりとか、地味な事をやってて…そして今回、「ちょっと大きめな粛清装置がエルクレストにあるよ」ってのを聞いて、エルクレストにやってくるという所。
レクシィ:ちょっと前まではあったんだけどな(笑)
GM:あったんですけどね。ちなみにあれから二年くらいの設定なので、いる人はいると思いますけど、基本的に出す気はないので。
レクシィ:ルシオンくらいなら、間違いなくいると思うけど(笑)
クリス:もちろんいますよ。
サーガ:10回生だな。
クリス:それくらいかな(笑) じゃ、僕らの先輩としているんだろう。
GM:プ(笑) で、ギルドハウス兼の戦艦はそんなに大きくなくて…キャンプカー4台分くらいを想定しています。
レクシィ:ほう(と、キャンプカーを4台縦に並べる)
フェリス:何でそんなに長いんですか(笑)
GM:普通に横に4台分です。その中で泊まれるし、お風呂にも入れるしのやりたい放題です。ギルドハウスやクローゼットといったスキルは全部詰まってると思って下さい。で、それに乗って…どうやってか知りませんけど、目立たないようにエルクレストの近くに降りて、こっそりエルクレストにやって来ました。で、通例として、最初の1日は丸一日休暇が与えられて、その間に街の情報や地理を調べとけ、ってのがいつものパターンです。ので、着いたらショーテルさんが「じゃぁ今日はこの辺で」と解散になります。あと一応、携帯を皆持ってるので…
サーガ:大首領。
GM:大首領じゃないですよ、普通に携帯。何かあったら携帯で連絡取って下さい。ちゃんと短縮で①②③とワンプッシュで繋がるようになってます。


GM:では、エルクレストに朝一で着いたって所からです。「今日一日は自由行動、神殿に挨拶して部屋を用意してもらっとくんで、明日の朝は神殿に集まるように」…何か質問とかありますか?
レクシィ:神殿に行くのは、ショーテルさん一人だけで良いの?
GM:うん、もちろん挨拶したければ一緒に行けば良いですし。どうでも良いです。
レクシィ:性格上、余り動かない子なので、同行しなくて良いならしません。
サーガ:…ありきたりな設定思いついたんですけど…、彼女が巻き込まれた事件に、僕も巻き込まれてて良いですか? 家族も巻き込まれて、全員死んで天涯孤独になった。
GM:はいはい。
サーガ:両親死んでて、僕も死に掛けてるのに、手かざして「ドキャーン」って治して…
レクシィ:ドキャーンないから!
サーガ:「オラァ!!」じゃなくて良いですけど、治してくれる時に、意識が無くなりかけの時に「どうしてキミの傷は治さないんだ…?」って聞いときたいんですよ。で、答えを言ってるけど聞き取れないまま、意識を失って彼女はいなくなってるという。で、会えないまま入学して、「いたー!」って見つけた。
GM:なるほど。何度も言うけど4歳の時だからなぁ。
サーガ:4歳じゃなくて良いんです。力を使うのに居合わせれば。
GM:ああ、4歳の時の事件とは別に、サーガはクリスに助けられたんだな。
レクシィ:例えばリビングアーマーに踏み潰されたとか。
GM:すごい最近の事件じゃないですか。
サーガ:それで、「あの子を守れる力をつけなきゃ」と学園に入ってモンクとウォーリアになった。
GM:おお、良いね。経験値2点やろう。
サーガ:やったぁ~(笑)
レクシィ:では、光の竜のブレスにやられた、とか(リプレイ「ルージュ」の事件)
サーガ:2年前に、リビングアーマーに踏み潰されて、両親が死んで僕も死に掛けたんですよ。その時に、クリスも怪我をしてるのに周りを助けて僕も治してもらったんです。
クリス:なるほど(笑)
サーガ:だから、「俺はあの時キミに助けてもらって」とか言うけど、知らなくていいよ(笑)
クリス:多分知らない。
フェリス:たくさん助けた人のうちの一人、ですね。
クリス:【MP】消費しないから、いくらでも助けられますね。「大丈夫か、大丈夫か」
GM:その通りですけど(笑)
クリス:ジェロニモの心臓マッサージくらい。…それはないか。
ジェロニモの心臓マッサージ。「ジェロニモが死んでるー!!」って、すっげー生きてる。

クリス:浮き島の名前を教えてもらえませんか?
GM:浮き島の名前はまだ決めてません。飛行船の名前は「レギンレイヴ」。
フェリス:ルージュの最後で、一瞬出てきて落ちていった船がそんな名前じゃなかったでしたっけ(笑)
GM:そうだっけ。ま、良いでしょう。

(※ルージュで出てきた飛行船は、「虚無の翼」「アーケンラーヴ」「ゴヴァノン」でしたので、「レギンレイヴ」はかぶってませんでした)
関連記事

category: AR CP2 1「父、帰る」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/249-f3eeecf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール