TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年04月07日 (火) | Edit |
3ラウンド
フラン:では第3ラウンドですね。
GM:まだたった3ラウンド目。
クローム:いやぁ我々は良く頑張ってますよ。
GM:本当に。じゃ、セットアップはクロームなんだけど?
クローム:セットアップに《陣形》使って移動します。で、接敵。《トップスピード》使うか。
フラン:《限界突破》使います?
クローム:どうなるんだっけ?
聞いてた秋野さん:ダメージが9999超えるんですよ)
クローム:それはすごい!?
フラン:CL分、判定やらダメージやらに+されます。そうすれば、私の《エンサイクロペディア》が成功するかもしれない。
ルシオン:なるほど。
フラン:2D+29で判定できます。
クローム:それはやってみる価値がありそうだ。
フラン:まぁ向こうの《2回行動》の方が先ですけどね。
クローム:そうか、俺からだもんな…属性が分からないままか。賭けで殴ってみるか。
ルシオン:精霊の力はマイナーアクションと同時でしたか…残念。「《トリプルブロウ》1発目光! あ、ダメ。2発目水!」とかできない(笑)
GM:さすがにそういうわけには行かない。
ルシオン:《トップスピード》は1回だけなんですよね。…なら、《エンサイクロペディア》にフェイトを注ぎ込んで貰って、次のラウンドに《限界突破》、《トップスピード》とやった方が良いかも。
フラン:そうですね。
ルシオン:今回は《陣形》もやめておいた方が良いのでは。識別終わってから移動かな。
GM:そうだね、その間に運良く属性が分かるかもしれないし。
ルシオン:僕が勘で殴ってみます。
クローム:じゃ、《陣形》は無しで。
フラン:ではそちらの《2回行動》ですね。
GM:はい、じゃいきます。先ほどと同じ「残りの力も全て使ってやる」と。マイナーアクションが若干強くなります。《暗黒の炎》が大きな炎に変わります。
ルシオン:宇宙の法則が乱れる。
宇宙の法則が乱れる! FF5・ネオエクスデス
GM:そして《黒炎乱舞》…はクリティカル。
クローム:あ、それは《インタラプト》しよう。
GM:されました。
ルシオン:では《パンプアップ》。
フラン:《エンサイクロペディア》。識別値は分かりますか? 教えてくれるなら、どれくらい頑張るか決めやすいです。
GM:最初に言っとこうか? 35です。
フラン:35か。
クローム:【幸運】あるだけ足しとけよ。
フラン:出目で16出せば良いんですよ。【幸運】は5なので…6D振れば大丈夫でしょう。
GM:さっきから1ばっかり出てるけどな。
フラン:(ころころ)お、出ました。残りフェイト3です。


アゾート
種別:未知 属性:闇 レベル55
《無限の力》《飛行能力》《変幻攻撃》《看破能力》《抵抗性:転倒》《範囲攻撃:シーン》《属性攻撃:闇》
《2回行動》
《暗黒の炎1》《暗黒の炎2》(1の時はダメージに+【精神】、2は+【精神】×2)
《ブレス》20
《黒炎乱舞》(シーン選択の全体攻撃、ただしこの能力はクロームが戻った後でないと使えない)
《黒炎覆滅》(ダメージロール直後、受けたHPダメージを、与えた対象にも与える。その際にダメージに+24。1シーンに5回まで使える。クロームが戻った後でないと使えない)


フラン:全然弱体化されてないじゃないですか。
GM:いや、ちゃんとされてるよ。
フラン:されてその状態という事ですね。
GM:うん。もっとヤバイのもあったんだよ。《苦痛耐性》だとか。
ルシオン:これでわかったわけですが…。
クローム:困ったな。《黒炎覆滅》って言われたらそこでアウトじゃん。
フラン:《インタラプト》は足りませんしねぇ。[重圧]にできるスキルも無かったしなぁ。
ルシオン:これはもう、殴って返ってきて、死んでレイズを繰り返す。
フラン:…っていう感じになるかなぁ。
GM:《黒炎覆滅》は、《ソウルバスター》と同じで1メジャーアクションに対して1回しか使えない、っていうのも残しておこう。
クローム:《トリプルブロウ》の1発目に使われたらアウトだな。諦めるしかない。
フラン:《インタラプト》は…使ったか、さっき。
GM:あるいは、これを相手に使わせ切る。その後に殴る。
クローム:いやぁ…。
フラン:どれくらいのダメージで使う、っていう線が決まってると思うんですよ。
GM:あります。
フラン:なので、ルシオン君が「てりゃー」「わー」って繰り返すか。
ルシオン:僕は死んで生き返る気マンマンですよ。全快の時なら返ってきても死なないし。
クローム:その間俺はこの【HP】のまま見とくのか。
フラン:あと、私たちは呪符があるから1回は死んでも大丈夫ですね。
クローム:うーん、《トリプルブロウ》をして1回呪符を使えば、その後2回も殴れるからその方が強いな。
GM:呪符を使って復活したら、行動済みで生き返るよ。
クローム:あ、そうか…やっぱり《トリプルブロウ》は無しで、光を乗せて《サプライザル》。
GM:当たりました。
クローム:43点+クロノクラインのアレで81点。
GM:81点食らいました。1回目の《黒炎覆滅》を使います。
クローム:にゃーばた。あ、《レイジ》忘れてました。+116です。
ルシオン:そこでお札を使って復活ですね。
クローム:1Dで回復ですね。2点で復活。今《レイジ》を使えば+120ですよ。
GM:うへぁ。次はアゾート、さっきと同じ…「ぐはぁ、これほどのダメージを食らうとはっ。だがまだだ、まだ、全てを滅ぼしていない!」
ルシオンほとんど何も滅ぼしてない
クローム全く何も滅んでない
フランバゼラルドさんが
GM:なるほど。では《暗黒の炎2》、《黒炎乱舞》。命中は30です。
ルシオン:(ころころ)責任取りました。
フラン:おお、ルシオン君はクリティカルですか。私は無理ですね。
ルシオン:だから、どっちかカバーできますよ。
クローム:俺はフェイト使って…6が3つ出てクリティカル。
ルシオン:じゃフランを《カバームーヴ》します。
GM:ダメージは123点。
ルシオン:あえて食らって、《ソウルバスター》しようかな。死ぬけど。
クローム:死んだら使えないんじゃないのか? 俺も使うの忘れてた…。
ルシオン:あ、ダメージロール直後ですもんね。直後に死んでたら使えないか。89点残ってるから、《プロテ》と剣で止めて…残り34点です。
GM:ではルシオンです。
フラン:先に《ヒール》しようか?
ルシオン:そうだね。待機しよう。
フラン:《マジックサークル》《ヒール》。63点回復です。
ルシオン:ありがたい。最後は僕ですね。せっかく取ったのに使わないのはもったいないので、《スタンアタック》します(笑)、光に変えて。
GM:当たり。麻痺すると《暗黒の炎》の分の+がなくなるから、結構変わるね。
ルシオン:ダメージが67点です。
GM:67来て、麻痺して、返します。
ルシオン:+24乗ってくるんですね。防御も効かないから…6点残りました(笑)


4ラウンド
GM:【HP】はまだ400以上あります。
クローム:400か…それなら、《ファイトソング》使ってもらって《インタラプト》を復活させて、《トリプルブロウ》して《黒炎覆滅》は打ち消すか。
ルシオン:では《陣形》で移動しますか。《限界突破》もしておきましょう。
GM:これがどうやら、最後の行動になるかも。《2回行動》で《暗黒の炎2》と《黒炎乱舞》で…
ルシオン《暗黒の炎2》は使えないですよ(めっちゃ嬉しそう)
GM:本当だ!!(何かムカつく口調で)ごっめーん、言ってくれてありがとう。マイナーアクションで麻痺を解除して、メジャーアクションで《黒炎乱舞》(一同爆笑) くっそぉー!
フラン:ルシオン君、えらい!
GM:うわぁーっ! よし、もう良い! 何、クリティカル出せば同じ事…(ころころ)無理! 命中は27。
クローム:《蘇生》を使うつもりで。食らおう。
フラン:はい。
ルシオン:では《蘇生》を。
クローム:ついでに《祝福》を。俺6点しか残ってないし。
GM:92点です。
クローム:89か。…《ソウルバスター》。さっきと比べて《レイジ》のダメージは格段に落ちるけど。
GM:死ぬ気で待機して、もう1発食らうか(笑)
クローム:…マジっすか(笑)
GM:いやいや、言ってみただけです。
クローム:もう1レベル上がるなら《ラストアクション》でも取って、死ぬ気で待機でも良かったんですけどね。
フラン:では、セットアップに《ファイトソング》。
クローム:《インタラプト》を復活させます。
ルシオン:《パンプアップ》。
GM:セットアップ終り。さぁ、クローム君。
クローム:じゃ、《レイジ》《トリプルブロウ》といきますかね。《レイジ》と一緒に《ウェポンチェンジ》で「覚醒の爪」に持ち替えて…これで死ななかったら俺は1ラウンドかかって銃に持ち替えるという孤独深い事になりますよ(一同爆笑)
GM:《ウェポンチェンジ》って使えないんだっけ?
クローム:確かSL回だったと思うんですよ。
GM:(ルールブックを確認して)何も書いてないよ。
クローム:あ、《クイックアクション》がそうだったか。良かった良かった。
フラン:孤独深くなくて良かったですね。
クローム:では《レイジ》《トリプルブロウ》、光になれー。
GM:これ、本当にアゾートが光になるかも(笑)
クローム:《ダンシングヒーロー》は毎回使います。クリティカルはしない、1発目は33ですね。
GM:ここでクリティカルしたらゴメンな、と怖がらせておいて(笑)…大丈夫でした。避けれない。
クローム:「覚醒の爪」の7+ダイス目が5+《レイジ》89+「クロノクライン」38で139点。
GM:ぐっはぁ139点…
クローム:《インタラプト》…まだか(一同爆笑)
GM/アゾート:《インタラプト》で良いです。「この力、貴様も味わえぇぇ」
クローム:《インタラプト》。
GM/アゾート:「がはっ、馬鹿な、まだその力が残っているとは…」
クローム:じゃ2発目いきます。
フラン:そろそろ私も《ディスコード》♪って言っときます。あ、さっきの《限界突破》の+10って足してます?
クローム:いいえ?
GM:あ、さっきの+10点だね。
クローム:命中、30です。
GM:避けれないっ。
クローム:132点。
フラン:《ディスコード》は+19です。
クローム:161点ですね。
GM/アゾート:「ま、まだまだぁ!」
クローム:おお。では3発目、またクリティカルしない。31ですね。
GM:1回くらいは…っ6・5、惜しい!
フラン:うわー怖い怖い。
GM/アゾート:「ギリギリまで苦しめてくれる」
クローム:144点ですね。
GM/アゾート:ぐは。その3段ダメージを食らって、炎が途切れ途切れにボロボロになり、装甲も千切れ千切れになり。「く、だが、まだだ…まだ!」
クローム:今、真昇龍拳バリに3発決めて、良い顔しながらキラキラキラ…って飛んでます(一同笑)
真昇龍拳! スト3キュピーン!o(#-_-)真!( #-)o昇!(#-_-)o龍!(#-_-)ノ拳!(#´▽`)ノ☆

フラン:ルシオン君が《エンカレッジ》残ってますね。
クローム:ああ、《エンカレッジ》をもらって[待機]したら、このラウンドにコンボスキルが使えるな。
フラン:[待機]したら、アゾートが先に動くからやられちゃいますよ。
クローム:確かにな。
GM:《エンカレッジ》自体はアゾートの行動より先に発動するから、そこでクロームは動けるね。
クローム:しかし、大ダメージが出るスキルは残ってない。コンボスキル単発打ち?
フラン:クロームがコンボスキルを使った後に、私たちがフェイト使って割り込めば良いのでは?
クローム:なるほど、それはアリだな。
GM:それなら出来るね。
ルシオン:【MP】全快になったから《エンカレッジ》できますよ。
クローム:その全快した【MP】がコンボスキルでいきなり0に(笑)もったいなーい。
ルシオン:確かに。でも、使える時に使いましょう。(悪っちぃ笑い)《エンカレッジ》。
クローム:ひょい。
フラン:ああ、避けた!?
クローム:何かイヤな感じだったもんで。じゃ、[飛行状態]の相手に有利なコンボスキルって誰が持ってたっけ?
ルシオン:僕ですよ。
クローム:じゃ、ルシオンからスタート?
フラン:いや、このタイミングで動けるのはクロームだけです。
クローム:え? そうなの? フェイトで割り込めば良いのでは?
フラン:いえ、私たちは今の段階では行動順が来てないんです。今動けるのは《エンカレッジ》を貰ったクロームだけなので。(※フェイトで割り込むのは、コンボ効果が発動している時だけで、コンボを繋ぐスキルが使え無い場合は割り込めない)
クローム:ああ、ヤツより先にコンボスキルを撃つには、俺から動かないといけないわけだな。
GM:そうそう。
クローム:なるほど。まぁ仕方ないな。…このコンボスキルで終わらなかったらどうする?(笑)
フラン:さ、《再行動》があります。
クローム:《再行動》より相手の行動の方が先だろう。
ルシオン:いざとなれば僕が《カバーリング》で…
フラン:《カバーリング》にも【MP】が必要ですよ。私はファミリアの【MP】と《ガーディアン》がありますが…。
ルシオンいや! …いや、って事はないか。
クローム:いやって事はないのか。
ルシオンクリンナップに【MP】2点回復があってもね(一同爆笑)
GM:タイミングが遅い!
ルシオン:まぁいけるでしょう。
GM:ここで俺が空気読めない出目を出さない限り。劇的にクリティカル。
クローム:じゃぁ行きますよー。マイナーアクションで《ウェポンチェンジ》で銃に持ち替えながら《フェイドアウェイ》で少し下がって、踊りぃのフェイト使いぃので「パーン」って撃つしかないですね。6Dで(ころころ)あ、クリティカった。
GM:くっ。こっちはクリティカルしない!
クローム:命中36ですね。
GM:当然当たりです、こっちはクリティカルしてません。
クローム:2D+2D+10Dで…クロノクラインと《限界突破》で105点ですね。
GM/アゾート:「ぐはぁ!!」では、その最後の弾丸が、アゾートの額を貫いて…
クローム最後じゃないですよ、まだ2人いますよ!
ルシオン:確かに。


GM/アゾート:「ば、馬鹿なっ…」と、アゾートの体がボロボロと崩れていきます。それと同時に周りのモンスター部分も崩れていき、中からクローム型の、先ほど浮いてた「器」がプクッと出てきます。それが「ドックン…ドックン…」と言い始めます。
フラン:生きてる?
クローム:これも壊しといた方が良いんじゃないの?
GM:急速に魔力が膨れ上がってきています。具体的に言うと、あと3ラウンドもすれば爆発します(笑)
ルシオン:爆発する前に壊さないといけませんね。
GM:壊したら爆発しないのか、って事も不安ではありますが。
クローム:あ…コンボスキルの続き、とか関係ないですね。
GM/アゾート:いや、同じエネミーとして扱えば良いよ。で、もはや思念だけとなったアゾートから「くくく…」と声が聞こえます。「滅びろ、全て滅びてしまえ」
ルシオン:核爆弾~。殴ってみましょうか。
GM/アゾート:「この爆発さえ起きれば、世界の半分は消え去るだろう」
クローム:まぁ、半分も残るんだったらいいか(笑)
GM:良いのかよ。
ルシオン男だけか、女だけかが残ります(一同爆笑)
GM:そんな半分じゃなくって!?
ルシオン:じゃぁ、コンボスキル行きます! 相手も自分も[飛行状態]の時、[回避]-CLです。
GM:はい、[飛行状態]です。こっちの【敏捷】10です。
クローム:出目のみ!
ルシオン:あ…クロームさんのコンボスキルは何を発生させるんでしたっけ?
クローム:[転倒]だな。空中で「おっと」ってなってる(笑)
フラン:それなら、次は私ですね。[転倒]の時リアクションに-1Dです。
ルシオン:絶対クリティカルしないから、そっちの方が有利だね。
フラン:では《マジックサークル》《ライジングインパクト》!
クローム:おお。
フラン:ちゃんと名前を言ってみました。
クローム:そんな名前だっけ。
ルシオン:僕のは「強いぞ! これがルシオンの秘奥義だ」です。
クローム:あっれー!? そんな名前だっけ(笑)
フラン:フェイトは使い切った方が良いかな?
クローム:うーん、俺は3点残ってるけど。
GM:ここでドロップ品を漁ろうと言う意気込みがあるなら別だけど!
クローム:ええ(笑)
フラン:じゃ使っちゃお。クリティカルしないよ。
GM:ここで俺がクリティカルすれば…!
クローム:-1Dだから無理です。
GM:ちなみに、それは魔術ですっ…(死にそうな声で)まじっく・ふぉーじ…
フラン:もちろん入れますよ。全部合わせて23D。
GM:ああ、ルシオン…はぁ
ルシオン:ええー!?
クローム:まぁまぁ、このゲームには「とどめを刺す」っていう立派な行動があるじゃないですか。
GM:そうだな。今のは、多分冗談です。
ルシオン:いえ、良いですよ僕はそのオチで。「よぉーし、俺も続くぞ! …あれ?」(笑)
クローム:そんな事言ったら、タグに「オチ担当でしょ」とか付けられるぞ。
ルシオン:タグでそういうの付けてもらえると良いですね。「ルシオンの残念ぶりは神」(一同爆笑)
クローム:確かに、このキャンペーン通してルシオンの残念ぶりは神だな。
GM:「残念っぷりに定評のあるルシオン」
フラン:(ダメージ計算してた)98点です。
GM:お、残った!
ルシオン2点残ったとか、そういう感じ?
GM:うん(一同爆笑) バラすとそうです。
ルシオン:それで[飛行状態]にするんですね。
クローム:元々[飛行状態]だったけどな!
ルシオン:上空で[転倒]したりしてたんですね。
クローム:俺が[転倒]させたら、海面までビッシャーン! って落ちて(笑)、それをフランが打ち上げて。
フラン:何故か私が、上から魔法を撃ったら浮き上がるんですね。
GMニトログリセリンが目一杯入ったペットボトルで遊んでるみたいだな(一同爆笑) 世界の半分とそんな玉遊びを天秤にかけないで下さい。
ルシオン:じゃ、命中ですね。(ころころ)ひっくぅー!(一同爆笑)
GMここで、ルシオンの残念ぶりに定評を付ける!!(ころころ)あー…さすがに無理か。
クローム:まぁまぁ。
ルシオン:《ボルテクス》も乗せよう。あ…少し遊んでみようかな。《スタンアタック》(一同爆笑)
GM:この爆発がマイナーアクションなら、爆発しない!! …んなワケ無いっす。
ルシオン:全部で24Dですね。
GM:《インビジブルアタック》の方がクリティカルする可能性も高くなったのに(笑)
ルシオン:麻痺の方が良いです(笑)
フラン:まぁ2点ですからねぇ。
GM:クリティカルしなきゃ通らない! って訳でも無いからな。
フラン:クリティカルしても、特殊効果はありませんからねぇ。
GM:何か付随する効果があっても良いと思ったんだけどね。
クローム:ニンジャの《マーダースキル》とかはありますけどね。
GM:スキルを持ってて、それだからなぁ。ダメージとかじゃなくて…
クローム:クリティカル表を振れ、って事ですね(笑)
GM:部位狙い、とかな。
ルシオン:(ダメージ計算してた)124点です! あと、[麻痺]!
GM:-122の【HP】になって[麻痺]!
クローム:アルティメットKO!
ルシオン:しかも、このスキルでダメージを与えた場合は[放心]します。
GM[転倒][放心][麻痺]!
クローム:敵のラスボスが使ってくる、変な特殊攻撃みたいだな。
ルシオン:モルボル的なものですよ。


GM:では、トドメを刺されたこいつは…「ドカーン!」と爆発します。
クローム:ええーっ!? あれ? 世界の半分が無くなってしまったじゃないかルシオン、どうするんだ。
ルシオン:どうしましょう。
GM:ただし、その爆発はエンゲージ内にしかダメージがいきません。
フランルシオーン!!
クロームルシオーン!!
ルシオンあ、僕ですか(笑)
フラン:が、《ガーディアン》。
クローム:おお、本当だ!
GM:これは《バーストブレイク》と同じなんだ。リアクション不能、防御無視。
フラン:《ガーディアン》は関係ないですよ。[HPダメージ]を消すから。
GM:ああ、そっか…良かったなぁ。
ルシオン:まぁ一応振って下さいよ。それはメジャーアクション使えない、とかは関係ないんですか?
フラン:自爆はトラップみたいなモンですからねぇ…。
ルシオン:回避は出来ないんですか?
GM:リアクションが無理です。
フラン:トラップって【幸運】で避けろ、とか言う事が多いですよね(一同爆笑)
GM:それは、「避けるな」って言ってるのと同じだ!
クローム:良くあるパターンだけどな。
GM:(ごろごろとダイスを振る)120点のダメージが飛んでいく予定です。
ルシオン:《限界突破》の+10は、ゴスペルブレードには効かないんですか?
GM:効かないなぁ。わざわざ食らおうとするその心意気や良し(笑)
ルシオン:今【HP】が74残ってて、防御力を足したら…
GM:防御は効かないんです。
ルシオン:あ、そうか。じゃぁ無理です。《ガーディアン》お願い。
フラン:《ガーディアン》! カーン。
GM:最後の最後で。この時点で《ガーディアン》は使ってるもんだと思ってたからなぁ。
フラン:ええ。…兎がすっ飛んで行って、「コン」
GM:兎だぁー!?
フラン:で、爆発を防いでまた帰ってきます(一同爆笑)
クローム兎、強っ!
GM:最強だ、兎!
ルシオン:そんな強いの?
フラン:普段寝てる分強いんです。
GM:この120点って、アゾートが出したダメージで一番大きいと思うんだけど(笑)
クローム:それくらいですねぇ。


GM:では、ボーン! といって…
クローム:ドッギャーン。
GM:その瞬間、クロームの方が…心持ち軽くなったような気がします。
クローム:パタパタパタ…
フラン:ああ、兄さん!?
GM:胸にかけてたクロノクラインが、時が止まったように「カチ」っと動かなくなります。
クローム:ありゃー。
GM:で、チェーンの方からサラサラサラ…と消えていきます。
クロームまたこれで貧弱な坊やに逆戻りか(一同爆笑)
貧弱な坊や
GM:「でも、その方がクロームさんらしいですよ」とかいう声が聞こえたような…
クロームイラっ。
フランイラっ(笑) 大丈夫ですよ、CLは上がった事だし、貧弱な坊やじゃないですよ。
クローム:そう…かな? まぁ良いや。
GM:全く簡単だ。
全く簡単だ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック