TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年03月24日 (火) | Edit |
GM:ここからミドルフェイズです。降りてきた少女…銃は持っていますが、みんなに向けてるわけではありません。
クローム:何だ。
フラン:こう(ライフルを肩にかまえて)降りてきたのかと思いました。
ルシオン:こんな(どう見てもバズーカ)みたいなので。
GM:ごんぶとビームとは言ってたけど、銃の描写はしてなかったな。
ルシオン:ごっつい吹き矢。
フラン:それを吹くのは、すごい肺活量がいりますね。
ルシオン:「ふっ」ってやったら、100本くらい矢が出るんです。
クローム:ああ、アルプスのホルンみたいな地面に付けて吹くような、アレ。「ふっ」って吹いたらそこからごんぶとビームが(一同爆笑)
GM:ビーム、遅そう! そうか、虹はそうやって作ってたんだ~(笑)
クローム:はい。…こんな感じで(絵を描く)
ルシオン:ビームは放物線でしょう。
クローム:おお、そうか。確かに(描き直す)
ルシオン:あ、こんな感じです。
アルペンホルン
クローム:全く遠くまで飛ばなさそうなビームだ。
フラン:ビームを吹いてる人がいるのは、すごい上空なんですよ。で、放物線を描いて下に攻撃。


GM:その少女が静かに、クロームに目を向けて、「…魔王が覚醒しはじめている」ぽつりと呟きます。
フラン:馬鹿が覚醒しはじめている?
ルシオン:何てことだ(笑) それは僕の事でしょ。
フラン:あ、魔王ですか。何で馬鹿に聞こえたんでしょうね。
ルシオン:馬鹿はすでに覚醒してます。
GM:覚醒しきってます。
クローム:なるほどね。どうしよう、コイツ。
GM:特に何の反応もしないなら、セリフを続けます。
クローム:ハイ。
GM:「…ロアセル遺跡、封印エリア。そこで浄化。そして、魂の消滅」…まぁ要するに、ロアセル遺跡の封印エリアで魔王を浄化すると、器であるクロームが消えますよ、って言ってます。
クローム:え、そうなんだ。マジで?
ルシオン:この子って、昔遠くから銃で撃ってきた人ですよね?
GM:うん。遠めに見たから、同一人物だと分かります。
ルシオン:ルシオンなら忘れてるかも(笑)
GM:もう忘れてるのか。何も聞かないなら去っていきますが。
ルシオン:んー…その遺跡の場所って僕たちは知ってる?
GM:うん。ただ、封印エリアというのは聞いたことがないね。
フラン:じゃ、封印エリアってどこにあるの? って聞いてみよう。
クローム:じゃ、紙と書く物渡して。
フラン:地図書いてー。あ、筆記用具買ってたのが役に立ちますよ。
GM:ロアセル遺跡キュキュキュ。で、ここ。入ってすぐ
フラン:入ってすぐかよ!
クローム:行けば分かる、だったな。
GM:で、渡す時に「完全覚醒まで、あと12時間」
ルシオン:放っておいたら覚醒する、と。
GM:はい。
ルシオン:その前兆みたいなのは、クロームに起きてないの? 力がみなぎる~とか。例えば、1時間ごとに全ステータス+1ずつ
クローム:強ぇ~。最大で+12!
フラン:+12なった時にはもう遅いじゃないですか。
GM:その代わり【HP】が1/2、1/3と減っていく(笑)
ルシオン:まぁ、これからどうするかだけは決めないといけませんね。クロームを消す、って選択肢は、前回消えたと思いますし。
クローム:さっさと遺跡に行ってしまえば良いんじゃないのかね?
GM:そのまま遺跡に行っても…
クローム:おお、「ミズノナカイキデキール」を借りてこないと。この為に神殿に来たんじゃないか。のんびり買い物してる場合じゃないぞ(笑)
GM:ただ、そのまま遺跡に行っても、結局浄化すれば器は消えてしまいます。
フラン:何か、やり方があったんじゃなかったでしたっけ? 邪悪化を解く儀式をして、10分以内に転生体をクローム自身の手で殺す、とかそんなの。
ルシオン:確か、そういう話をしましたね。
GM:さて、その為には魂のみの存在になる必要があります。
ルシオン幽体離脱(笑)
GM:魂のみの存在として浄化すれば、器としての肉体は残ります。
フラン:幽体離脱して、肉体を安置しておいて、魂を「クロームの魂」と「クローム(王)の魂」に分離して、戦う?
ルシオン:幽体離脱は結構簡単に出来ますよ。部活が終わったら、いつも自分が自分の体を見下ろしています(笑)
クローム:「壁を通り抜けできるんだぜ~」ゴツ、ってやって、向こう側で「あれ? 体は?」
ルシオン:というわけでクローム、ちょっと痛いけど(笑)
クロームぎゃぁー
フラン:やりましたよね、前。第三話で、ルシオンとクロームが。ハミルトン先生にゴールデンバットみたいなので「とぉー」ってされました。
クローム:ああ、やったなぁ。
ルシオン:ありましたありました。
クローム:これは、学園に戻ってハミルトン先生に幽体離脱させてもらってこい、という事か。
フラン:なるほどね。
GM:では…「粛清を待つか、最後まで足掻くか。決めるのはあなた方です」という感じで…
ルシオン:助けてくれないの?
GM:そのままヒュン、と消えてしまいます。
ルシオン:ええー!
クローム:何だよ、何しに来たんだよ。
フラン:幽体離脱がおもしろいって言いに来た。
ルシオン:あんな状態で学園に戻って、先生を見付けられるんだろうか。
フラン:放送かけたら良いのでは。
ルシオン:放送設備、残ってるかな(笑)


GM:さて、ここからが真のミドルフェイズなんだけど。ミドルフェイズでは、学園とエルクレストの街を移動するような形になります。移動にカウントがかかって、時間が消費される。
クローム:で、12時間しかない、と。
GM:そう。(地図を書いて)
クローム:ケンパを思い出しますね。
フラン:けんけん・ぱ。生徒会室は1号棟付近?
GM:学生寮付近に含みます。
フラン:エルクレスト神殿は、正門前広場?
GM:西街区です。だから、皆さんは今ここにいます。
ルシオン:これを移動すると、時間がかかると。
GM:はい。

10話地図

①1区画移動するのに、ゲーム内時間の1カウントかかる。2カウントで1時間。タイムリミットまで24カウント。
②戦闘が行われた場合は、移動の1カウント+戦闘ラウンド数のカウントが消費される。
③移動は隣接した区画に移動できる。が、途中で止まる必要はない。カウントさえ消費すれば、一気に離れた区画まで移動しても良い。
④止まった区画でのみイベントが発生する。フラグも隠されている。(フラグが立たないと、イベントが進まない場所もある)


フラン:学生寮には一気に行けますね、《テレポート》があるから。で、エルクレスト神殿で転送石を買えば、戻れもします。
GM:移動は1カウントかかるけどね。
フラン:《テレポート》を使えば、学生寮まで1カウントで行ける、という事ですね。
ルシオン:手分けするか、皆で行くかも悩む所ですね。
GM:タイムリミットまでにロアセル湖の遺跡に行けるようになればセーフです。
フラン:今は行けない?
GM:さっきも言ったけど、フラグが立つ可能性があるって事は、最初にいきなり行けるわけではない。
フラン:でも、そのフラグが何なのかも分からない。私は学園に戻るより、スクサマッドの屋敷に行くもんだと思ってたんですが、そういう話ではないんですね。
ルシオン:そこがこのマップに含まれない以上、フラグが無いんでしょうね。
フラン:PC的には手詰まりです。
ルシオン:適当に色々回るしかないか。
クローム:だな。
GM:ヒントはさっきも言った通り。
フラン:ハミルトン先生?
クローム:本当にハミルトン先生なのか。
GM:タイムリミットまでにたどり着けなくても、イベントは発生するけどね。
ルシオン:一応、10カウントくらいで1周できますね。手分けすれば半分くらいでも。
クローム:それから考えるか。
フラン:そうですね。ここの神殿で、通信石って売ってます?
GM:売ってる事にして良いよ。
フラン:じゃ、手分けしても大丈夫ですね。
ルシオン:情報交換がすぐできるって事だね。
GM:通信石はアイテムガイドにも載ってないような物だけど…ま、今更だし良いとしよう。
ルシオン:じゃ、携帯電話を手に入れた。
GM:あと、このミドルフェイズではもう1つルールがあって…


⑤最初にトランプを配る。GMもトランプを用意する。移動してエリアに入った時にトランプを出し合い、
 PC側の数字が小さかった場合→そこで戦っているリビングアーマーとの戦闘に巻き込まれる。
 同じか高かった場合→その戦闘はそこのエリアで戦っている人に任せられる。


ルシオン:どこのエリアでも、必ず戦闘は起こっている?
GM:そうです。更に、


⑤続き PCが複数人で同時に行動している場合、GMが出すトランプは1枚だが、PCはそれぞれ1枚ずつ出して、その数を足しても良い。
トランプを出したら、それを捨てて新しいトランプを山札から1枚引く。ただし、複数人が同時に出した場合でも、引けるのは1枚のみ。


フラン:3人で移動してて、2人だけ出すってのもできるんですね。
GM:はい。
ルシオン:戦闘に巻き込まれたらどうなるんでしょう? 勝つまで終われない?
GM:巻き込まれるだけで、戦闘が始まります。
ルシオン:離脱して逃げるとかいう選択肢はあるんですか?
GM:最速で逃げたとしても、1ラウンドはかかるね。
ルシオン:トランプの数字は、どこからどこまであるんですか?
GM:一応言っとこうか。PCはAとKは抜いてます。2~Qまで。GMの方はAからKまで。Aは1で、Kが13です。更に、PCはジョーカーを1枚持ってます。これが出せる状態にあったら、ちょっとしたお助けNPCが来てくれます。
クローム:サバス来たよ、サバス。


転送石・通信石を購入し、ギルド資金の残りを全員で分けて、準備完了。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック