リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle01:地下通路 

フラン:しかし、会長はエルダナーンだと思ってました…。
クローム:何でよ(笑)
ルシオン:ここで運が悪いとアリが出ますよ。あの、ものすごい体が長い(笑)
フラン:アバロンの地下…キモいですよ、あのアリ。
クローム:そんな所に行かねぇよ!
アリ長い。途中省略


(とか話してる間に、トランプを並べるGM)

通路地図初期

クローム:これ、ヤバイよ、多いよ?
ルシオンここが可動式だと面白いですね(12のトランプを11~13へ移動させている)
GM:すっげー事になってんな!? では、「この辺に出ます」って所に出ました。
フラン:ここの地図が渡されてたんですね。
GM:そう。で、この通路、上も下も石造りで整えられてます。水路とかじゃありません。
フラン:石造りですか。モール族(モグラ)もアリもいませんよ。
クローム:良かった良かった。
GM:出たのは11ですが、その隣の6と14も見通せるようになってます。通路が続いて、すぐ曲がってるなーというのが。
クローム:なるほど、部屋じゃなくて全部通路なんですね。
GM:ここは通路です。部屋がどこにあるか…とかは、今の所分かりません。
フラン:ああ、私は通路に囲まれた2つの部分が部屋で、11から入ったらすぐ扉が…とか思いました。
GM:そういうわけじゃありません。


クローム:じゃ、今いる所をめくりますね。11は…お、クラブです。
GM:回復だね。
クローム:いきなりか。もったいない。
GM:まぁ、使わなければそこに戻ってきたら回復できるから。あ、これはフェイト1点回復だ。
フラン:おおー。あ、《インテンション》解放するの忘れてた…。
GM:一応、経過時間というのも計ってて、それによってイベントも若干変わってきますから。
フラン:ゲーム内時間?
GM:はい。だから、戻る時間があるかどうかは分かりません。今は逃げてる状態だからね。
フラン:じゃ、《インテンション》解放して、《ヒール》しときます。
GM:《インテンション》は解放した瞬間に【HP】増えないんだっけか。
フラン:増えませんね。
クローム:俺も《インテンション》。あと、魔導銃も出しとこう。
ルシオン:僕は今モンクなんで、《ダンシングヒーロー》を解放しましょう。

 それぞれ、解放したり回復したりした後に、部屋の「フェイト回復」を使用。

クローム:じゃ、どっちに行きますかね。
GM:隣のエリアは見通せるので、[エリア探査]してもOKという事にしても良いです。
クローム:なるほど。じゃ、[エリア探査]しましょう。
GM:12以上なら、行く前にめくって良し。
クローム:(ころころ)どっちもめくれますね。どっちもハートですね…トラブルですか。
GM:6の方は、突き当たりに棚があって何かが置いてあります。14は…その角から、何かが飛び出してきそうな感じがします(一同笑)
フラン:無難なのはアイテムですね。
クローム:6に行ってアイテム取ったら「カチっ。罠だ! 大爆発」とか言って、14に行ったら何故かそこから回復アイテムが飛び出してくる(一同爆笑)
ルシオン:回復アイテムが飛び出してくるんですか(笑)
フラン:とぅ!
クローム:そんな事はないので、6に行きましょう(笑)

 その後、エリア6でMPポーションをゲットした一行は、7の【HP】回復のエリアを素通りして移動。

クローム:次を[エリア探査]…あ、ついに成功しませんでした。
GM:じゃ行って見ないとわからないね。
フラン:ではルシオン先頭にして(笑)
ルシオン:じゃ…ルシオン、角に飛び込んだ! アタック25~♪


GM:ダイヤのK。…ポツンと何気なーく、置物が置かれています。
ルシオン副会長フィギュア(即答)
GM:じゃないです。
フラン:それは罠として有効活用できそうですね。ルシオンは【精神】判定に-10のペナルティとか。
ルシオン:無条件で失敗で良いです(笑) 何でしょう、ちょっと観察してみます。どれくらいの大きさですか?
GM:(手で20cmより小さいくらいを示して)これくらいかな。
クローム:[トラップ探知]とか出来ますか?
GM:やってみて下さい。
ルシオン:「ルシオン、それ以上近付くな」とか言って下さい。
クローム:(ころころ)19ですね。
GM:分かります。これは貯金箱。豚の。
クローム:お金を入れたくなる貯金箱キタ━(゚∀゚)━!
GM:触らなければ発動しません。
ルシオン:触ると壊れる。
フラン:ルシオン君ならあるかも(笑)
クローム:触らずに壊すんだ!
GM:パリーン。中はカラッポでした。
クローム:何だよ、誰も引っかかってないのかよ。
フラン:誰も通った事ない道なんですかね。
GM:ちなみに、《スティールスリット》は、お金を入れて後から壊しても中は空らしいです(一同爆笑)
フラン:豚が食べちゃうんですね。
ルシオン:異次元空間に引きずり込んだ。


GM:エリア2は…む!? 休憩する事で、PCの【HP】【MP】が完全に回復する。
クローム:これは置いておきましょう。3を[エリア探査]。
GM:スペード来ました。…ん、このタイミングならまだか。
フラン:後の方のタイミングでスペードを引いたら、騎士が踏み込んできた…とか。
ルシオン上から騎士が降ってきた(笑)
クローム:パラシュート降下。ここ洞窟なのに。
ルシオン:天井が腐ってて踏み抜いた騎士が落ちてくる。
GM:このタイミングなら、何もなし。でも、後ろからガチャガチャと鎧の音が聞こえてきます。
クローム:しまった、豚を壊さずに置いとけば良かったー。
フラン:皆して「何だ、これ?」「何だ、これ?」って引っかかる。
ルシオン:それより、回復の所で「ここ回復できるじゃん、やったー」とかやってる。
クローム:何ぃ!? ちょっと戻って回復してくるか(笑) …まぁ、さっさと行こう。


GM:4は、冷凍庫。
フラン:にくがゲットできますね。
GM:8は…通路の隅っこに石ころが落ちています。
フラン:石ころは、ちょっと分からないなぁ。
ルシオン:石ころくらい落ちてるだろう、って無視。これくらいの、石ころ(一抱え)。
GM:普通に持てるサイズの石です。そんなでっかいの落ちてない! むしろ、それは岩(笑)
フラン:冷凍庫の方が、物は知れてますね。
クローム:これって、13に行けば良い?
フラン:分からない。
GM:どこに行けとは地図にも書いてないね。
クローム:12と13と、どっちを優先するか…。
フラン:不親切な地図ですね。とりあえず真ん中の12に行きますか。こっちの方が近いし。
クローム:じゃ、石ころの方に。

GM:石ころは調べますか?
クローム:では[トラップ探知]。
GM:見たところ、ただの石ころ。…《センスマジック》とかあるのかな?
クローム:無いですねぇ。
GM:じゃ、【知力】判定で。学園生だから分かっても良いかなぁ…
フラン:(ころころ)【知力】が7なので、12です。
GM:使用済みの転送石のようです。
フラン:ふーん…?

(ここでおもむろに、6のトランプをどけて別のトランプに変えるGM)

クローム:こっち来てるー!?
GM:ここら辺からちょっとずつ変わってきます。では12のエリア。真ん中に仕切りがあって…というか、部屋になってて、中から「しゃーしゃー」と動物の声が聞こえます。
クローム:しゃーしゃー!?
フラン:檻みたいなもんでしょうか。
ルシオン:ハムスター1匹200円。
クローム:戻る?
ルシオン:戦闘してたら追い付かれそうですね。
クローム:素通りできるなら、反対側から抜けて行っても間に合うくらいの。
GM:仕切られてるのは真ん中だけなんで、素通りしようと思えばできます。真ん中に四角い囲いがあるだけ。

クローム:じゃぁ入りましょう。
GM:入っただけじゃ何もない。
クローム:囲いに扉はあるんですか?
GM:扉はないけど、小さな穴がいくつか開いてます。
フラン:笛を吹いたら出てきますね。「レッドスネーク、かもーん」
ルシオン:なるほど。
クローム:じゃスルーして16を調べます。
GM:クラブか。【MP】が1D6点回復します。
フラン:回復は使っちゃった方が良さそうですね、戻れる暇がなさそうだし。
クローム:そうだな…でも、休憩したら時間が経つよね。
GM:うん。
フラン:じゃ、やめときましょうか。

GM:次は21…この通路の床に、何かが這いずり回ったような跡がついています。
フラン:おお、前見た事ありますよ。生協の倉庫で。
ルシオン:あー(笑) 嫌な思い出が。
GM:それとは若干違うけどね。その跡が右にも左にもワラワラと伸びています。
フラン:気にしても仕方なさそうですね。
クローム:じゃ入ってみましょう。

(そして7のトランプが取り替えられる)

クローム:じゃ20を[エリア探査]。
GM:入ったら、周りの空気が圧縮されたようになって、もやもやとしたガス体のようなものに。
クローム:これはいかん、反対側を[エリア探査]しましょう(笑)
GM:22は回復だね。【MP】回復。
クローム:じゃ素通りして次。
GM:23…もう1回【感知】を。
クローム:13ですね。
GM:そっちの部屋には、真ん中に落とし穴がある。
ルシオン:わーお。
フラン:じゃ真ん中を避けて行きましょう。
クローム:では中に入って、器用に自分の足跡をホウキで消していって(笑)端っこを通ったのがバレないようにしましょう。次、17を[エリア探査]。

(そして1のトランプも取り替えられる)

GM:またクラブかよ。何なんだ、この回復の多さは。【HP】回復です。
クローム:じゃ素通りして、18を[エリア探査]。
GM:ここには特に何もなし。

(2のトランプも取り替えられる)

フラン:ああ、ついに全快も無くなった。
ルシオン:次、僕めくっても良いですか?(ぺら)
クローム:ハートだし。
ルシオン:僕がめくったからです。
フラントラブルを呼ぶ男(笑)
GM:エリア13は…。あー。
クローム:ほらもう、ルシオンのせいで大変な事に(一同笑)
ルシオン:いやー。
GM:じゃそのルシオン君、カードを1枚引いてください。
一同:ああー。
ルシオン:数字は3。
フラン:そのモンスターが現れるんでしょうね。
GM:いるのかなぁ? まぁあえていそうな事にしておこう。ウルフっぽい…狼っぽい何かが。
クローム:不確定名、狼。
GM:そのまま入ったら[不意打ち]される所でした。ですが…その通路の外側に、扉が。
クローム:おお。
フラン:じゃウルフをヌッ殺して、その扉に入れば良いんですね。
クローム:ですねー。「お前ら、そのエリアからこっちにこれないだろー。パーン・パーン・パーン(笑)」
GM:いかん、キャリバーじゃ届かない。
クローム:残念。結構広かったんですね。
GM:ダンジョンシートが5×5のマスだと考えると…微妙だな。ルシオン君、ダイスを1個振ってください。
ルシオン:5です。
GM:えーと、7体のウルフですね。
ルシオン:めちゃめちゃ居ますね、何たむろってるんだ。
クローム:ウルフってレベルどれくらいですかね(笑)
GM:3くらいかな?
フラン:《エンサイクロペディア》する必要もないですねぇ。
クローム:俺はサムライだ。
フラン:おお、《トルネードブラスト》ですね。
クローム:銃でチュチュチュチュチュん!
フラン:あー…でも、《トルネードブラスト》ってシナリオ1回ですね。8までのモブを全滅させられるから、弱い方の騎士には使えますよ。
クローム:おおー…なるほど。じゃウルフは普通に撃って殺す?
フラン:ルシオン君に範囲攻撃してもらえば良いのでは。
ルシオン:僕に集めて《リバウンドバッシュ》しますよ。
クローム:なるほど。じゃ俺がトレインして、ルシオンになすりつけるわ(一同笑)
ルシオン:僕だけ入って、「うわぁ~」ってやられて(笑)【物理防御】25あるんで、あんまり食らわないでしょう。集まって来たやつに《リバウンドバッシュ》!
クローム:じゃルシオン一人に入ってもらって、我々は観戦してれば良いでしょう。
ルシオン:ではハートの5を出した僕が責任取って行って来ます(一同笑)「オオカミさん、オオカミさん」
GM:ルシオンが入った所で、3のトランプが…(取り替えられる)
フラン:騎士が3番に飛び込んだ!

通路地図最終
関連記事

category: AR CP1 8「再会、そして別れ」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/202-d31d1b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール