リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Opening04:分裂騎士 

クローム:次に来た別働隊って、人数はどれくらいなんです?
GM:そんなに多くないのだ。
クローム2人
GM:いきなり減ったな!? 十数人くらいの小隊です。
クローム2人と1モブくらい。
GM:いやいやいや。
ルシオン:この人たちも元々1000人くらいいたのが、例の蒟蒻ゼリーで(一同爆笑)
GM:減りすぎ!!
ルシオン:あるいは、最初に来た人たちと、この人たちは同じ人数だったんですよ。で、この人たちは餅を持ってきてた(一同爆笑)
クローム:なんで餅そんなに殺傷力高いんだ!!


GM:で、その一団。人数も少ないし、すでに学園内に溶け込んでるから、今更十数人の騎士が増えた所で別段学園自体に騒然とする事はなかったんだけど…それから更に、1、2日経った後に変化があります。そんな時に…順番としてはこっちが先かな。学園内を警護したり修復したりしてる兵士が、徐々に人数が増えていきます。
フラン:そろそろ追い返した方が良いと思いますよ、学長。
ルシオン:その間、我々は行動制限はされないんですか?
GM:そういうのはない。
クローム:ディアスロンドから、何日かかるんでしたっけ?
GM:転送使ったらそんなにかからないけど、歩けばけっこうかかると思う。相当遠いから。
ルシオン:兵士は目に見えて分かるくらい増えてるんですか?
GM:うん。徐々に徐々にだから、慣らされてるけど。
ルシオン:でも最初に比べたら多いんですね。
GM:今まで1廊下に1人だった警備兵が、3人とか5人に増えてきてる。
ルシオン:…ルシオン脳は考えました。夜に、見張りの兵士が「うにょ」って分裂して2人になってるんです(一同大爆笑)
GM:どんな兵士だよ!? で、その後から来た一団なんだけど、1号棟の前のちょっとした広場みたいな所にテントみたいな駐屯所を独自に張って詰めてるんだけど…見に行く?
クローム:そのテントの量が増えてるとか?
GM:いや。普通の騎士団は教員棟の一部を借りてたりするんだけど、その後から来た一団だけは個別の部署を持ってます。
フラン:これは学長に直接問いただしに行きましょう。
ルシオン:そこって学園生活してたら普段通る所なんですか?
フラン:1号棟の前でしょ? 通るとは思いますが。
GM:入り口の前とかじゃないですから(笑)
ルシオン:行ったら、「何しに来たんだコイツ」みたいに思われますかね。
GM:余り通る所ではないけどね。1号棟と、2~10号棟の教室棟との間くらいに。
フラン:そこは寮から教室棟への通り道ですね…通るとは思いますよ。
GM:そこに道はない、ということで。
ルシオン:じゃ、騎士団の人が邪魔にならないように、そういう所にテントを張ったのかなーくらいに思っておきます。
フラン:まぁ私は、騎士団が増えてきた時点で学長に直接言いに行こうと考えています。
GM:で、学長に言いに行くのは一人だけ?
クローム:良いんじゃね?
GM:ではフランが報告に行ってる間に、2人はどうする?
ルシオン:その駐屯地を見に行きたいです。「おー」って(感心してる)
フラン:学生なんだし見に行っても良いんじゃないですか?
GM:クロームがどうするかが問題。
クローム:でしょ? 俺はあんまり近寄りたくないんですよね。
フラン:じゃ、またルシオンに段ボールに詰めてもらって(一同爆笑)
ルシオン:ガラガラガラ…って運びます。
クローム:[隠密]看破されたら終りなんで! じゃ、学長の方についていきます。そっちに兵士はいないんですかね?
GM:1号棟に警備してる兵士はいるけど。最初からいた兵士です。
クローム:特に名前つきでなけりゃ良いです。
フラン:まぁ、1号棟は一番狙われやすいでしょうから、警備してたでしょうね。
GM:はい。学長室の前にも、ちゃんと騎士が立ってくれてます。ただ…その後から来た小隊だけは、表立ってどこに立つ、とか配置を決めずに、ちょっと出ては入りを繰り返してます。巡回してる感じ。
フラン:何か探ってるみたいですね…。
GM:表立って、生徒に分かるように行動してるわけじゃないから、噂にはなってない。だから、行って見ないとわからない。…この辺言っちゃってるけど、PLにしか分かりませんので。
フラン:じゃ、新しい人たちはそこに駐屯してるってのは分かってるけど…生徒にしたら元からいた人と見分けが付かないから、彼らが何してるのかはわからない。
GM:そんなに気にしてない、って事かな。分からないって事は興味を持って見てるって事だから。
フラン:フランは初めから警戒してましたけど…まぁ、私は学長室に行きましょう。ルシオンがそっちに行くらしいから。
ルシオン:僕は全然怪しんでないですよ(笑) 「何でこの人らだけ校舎借りられないんだろー。かわいそう」という名目で近付いてみます。
フラン:なるほど。じゃ、よろしく。
クローム:何か[感知]判定とか言われそうだから俺も行こうかと思うけど…やめとくか。


GM:じゃ、ルシオンから。テントの近くに近付いたら分かるけど、テントの前に騎士が一人立ってます。
ルシオン:でっかいテントですかね? 小隊が全部入れそうな。
GM:うん。隊で使う大きなテントと、食料とかを保管してるテントとかがあるね。
ルシオン:じゃ、いくつかのテントを合わせて駐屯所にしてるんですね。じゃ、その人は見張りの騎士ですか?
GM/騎士:ではすぐに気が付いて、「こんにちは」
ルシオン:「こんにちは。あれ? また騎士さん増えたんですか?」
GM/騎士:「我々は別働隊で、後から派遣されました」
ルシオン:「他の騎士さんは、校舎に駐屯してるって聞いたから…何でこんな所でテントを立ててるんです?」
GM/騎士:「いやーそれがですね。先に来た騎士でいっぱいになってしまったようなので。これ以上お邪魔するのも何ですから、我々はここに駐屯させてもらってます。ちゃんと学長の許可は取ってありますので、ご心配なく」
ルシオン:「あらら、そうなんだ。せっかく警護して下さってるから、他の騎士たちみたいにちゃんと校舎を借りれるように…これでも僕生徒会員なんですよ、だから学長にかけあってみます」
GM/騎士:「ありがたいお言葉、ですがどうぞお気になさらずに。我々はこういう生活に慣れておりますので」
ルシオン:「そうなんですか…。あの、個人的に興味があるんですけど、ちょっと中を見せてもらったりできませんか? 俺も剣をやってまして、ちょっと騎士になりたいなーなんて思ったりしてて。騎士団の駐屯所ってどんな物なんでしょう」
GM/騎士:「興味シンシンって感じですね」
ルシオン:「だって、普段見れないんですもん」
GM/騎士:「そうですよねー(笑) しかし残念ながら、今は会議中でして…ごめんなさい。もしよろしければ、あちらの食料庫なら」
ルシオン:「じゃ、会議が終わったら見れます?」
GM/騎士:「そうですね、会議が終わったらご覧に入れますよ」
ルシオン:「いつくらいに終わります?」
GM/騎士:「夕方には終わります」
ルシオン:「分かりました」 今、何時くらいでしょう?
GM:お昼だね。
ルシオン:昼休みですか、昼寝の時間です(笑) 「せっかくだからお言葉に甘えて食料庫だけでも」(一同爆笑)
GM/騎士:「どうぞどうぞ、こちらです」
ルシオン:普通の食料が入ったテントですか?
GM:そうだね。箱に保存食とかがいっぱいに詰められてて。
ルシオン蒟蒻ゼリーがこんなにいっぱい(一同爆笑)
GM:蒟蒻ゼリーはありません! もう、引っ張りすぎ。
クローム餅くらいならあるかもしれん
ルシオン:でも、向こうからわざわざ見せてくれるくらいだから、変わった事は何もないでしょうね。
GM:うん。むしろ変わった所を探す方が難しい。「マ●ナ●ライフ」とか書いて無いから。
ルシオン:意外とつまらなさそうな顔して出てきます。じゃ、「お勤めご苦労様です、頑張ってください」 夕方また来てみよう。
GM/騎士:「ありがとう」 …では、その時に[知力]判定してみて。あ、この場合[感知]かな。
ルシオン:来たっ! [感知]3です。踊りながら[感知]しましょうか。
GM:余り重要じゃないと言っておこう。目標値は…言ってもいいか、ルシオン相手だから10くらいかな?
ルシオン:10は出ないです、2Dだったら。
フラン:えー!?
ルシオン:だって7出さないとダメでしょ。
GM:7、出るだろ。
ルシオン:またまたそんな事言って~ま2Dで(ころころ)おお~、出た。
GM:ほら、3D振ったら出ないかも知れないよ。では、その騎士…ぱっと見にはわからないんだけど、立派な鎧と盾を持ってます。
ルシオン:他の騎士とは違うんですか?
GM:少し違います。他の騎士も鎧を着てるけど、盾はもっと小振りな簡易な物を持ってました。ですが、この見張りの騎士は立派な盾を持ってます。
フラン:絵が書いてあるような? 模様とか。
ルシオン:遠めに見たら分からなくて、よく見たら違う程度の差ですかね。
GM:だね、よく見たら分かる。
ルシオン:じゃ、他の騎士との違いは記憶に焼き付けておきましょう。
GM:その違いっていうのは、色。
フラン
GM:盾が、赤いです。
ルシオン:他の騎士は?
GM:色は付いてないか、全面塗りたくられたような。
ルシオン:ちょっと色が入ってるんですね。真っ赤じゃないでしょうけど。
GM:赤いラインが入ってます。
ルシオン:レッドラインシールドですね。
クローム:懐っ!!
レッドラインシールドbyドルアーガの塔

ルシオン:では、夕方まで会議ですね…、ここ、いつも授業サボって昼寝してた所なのに。昼寝する場所どっか他にないかなー。
GM:昼寝してた場所なんだ!?
フラン:場所取られちゃったー。
GM:もしかしたら、そこに副会長のアレとかコレとかを隠してて…。
ルシオン:あいつらアレ取りやがったー。中で会議とか言って、副会長ファンクラブの集いとかやってるんだ(一同爆笑)
関連記事

category: AR CP1 7「リ・ジェネシェル……封印されし無限書庫」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/177-878059b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール