TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年10月03日 (金) | Edit |

GM:この順番で行くと、次に待ってるのは…。
クローム:会長でしょ?
GM:会長ですね。
クローム:次はフランでしょ? じゃ、フラン頑張ってな!
フラン:ひぃー!?
クローム:ここで一つ物申したいんだけど…副会長・会長・クリム=ゾンボルトっていうのは納得いかないんだけど!?
GM気にするな
クローム:何か俺だけグレードが低くないですか?
GM:確かにレベルは一番低いんだけど。
フラン:まぁリオリオをボコにするよりは良いのでは?
ルシオン:そういえば、今日はリオリオ出てきてませんね。
クローム:確かに。他に銃使ってるヤツ出てこなかったからかな。

ルシオン:で、会長が来たって事は…「やった、訓練終わりだ!」と勝手に勘違いしてます。
フラン:わーい、終りだー。
GM/会長:「そうね、そろそろ終りね」
ルシオン:「はい。そろそろ?」
GM/会長:「この訓練もいよいよ今日で締めとなりましたが」
クローム:皆さん、いかがだったでしょう?
ルシオン最後は感想文を書いて終りにしましょう
クローム家に帰るまでが訓練です、家に帰るまでは気を抜かないように。
ルシオン:でも、約一名豆電球が点いてない人がいるので帰れません(笑)
GM/会長:「頑張って豆電球を点けましょうね」
クローム:わかりました、俺がハイド状態でフランの後ろに回って豆電球のエモーションをビシっと押したら(一同笑)
GMずれてる、ずれてる!
クローム:わかりました、バックステップで重なってから(一同爆笑)
GM:重なった! 画面回してもずれてない!


この辺の会話
 全てRagnarok Onlineより。
 「ハイド」は「ハイディング」で、姿を消す。
 「バックステップ」は、真後ろに一瞬で移動するスキルで、普通はプレイヤー同士が1セルに重なれないが、これを使うと重なる事ができる。


ルシオン:3Dでやろうとするからダメなんですよ、ここは2Dでやれば良いんです。奥行きは重なるわけですから。
GM:いや、昔の2Dだったら、重なったらチカチカチカ…って。
クローム:うわ、うざっ。
ルシオン:あれは良くないですね。


GM/会長:「よく頑張って、ここまで訓練に耐えてきましたね。最後の訓練は、私に一撃でも与えられたら終りにします」
フラン:(近寄ってぺちっと叩くしぐさ)「終わりましたー♪」
GM/会長:「ダメージが通らないとダメです
フラン:それは無理だー。
クローム:あー、無理だな、こりゃ。
ルシオン:僕は、生徒会長が強いって事知ってるんですか?
フラン:いやー、プリーストだって事は知ってるでしょうから。
ルシオン:副会長が尊敬してる人だから、すげーってくらいは思ってるかな。
クローム:だってプリーストよ? 《プロテクション》で何点止めてくるんだって話。魔法はアウトだろうな、【精神】アホ高だろうし。
ルシオン:魔法ダメージにしたら逆に通らなくなるって感じですね。とりあえず、やるしかないか。


GM/会長:「最初の布陣は自由に決めて結構よ」
ルシオン:(全員のコマを会長の周囲を取り囲むように設置)
クローム:何、そのデオチみたいなの!(笑)
ルシオン:この布陣で「ジャンプしてみろよ」とか言うんですよ(一同笑)
クローム:どんなチンピラスキルなんだ。
ルシオン:とりあえず普通に。僕は接敵しましょう。

(いつも通り、クローム10m、フラン20mの距離に)


第1ラウンド

GM:こっちの【行動値】は6ですが、「理知の宝玉」を使うので、(【行動値】に+【知力】されて)16まで上がります。
クローム:はい(笑)
GM:さて…どれくらい行くかな。
フラン:《バリアー》とかやられる前に一発殴る?
クローム:もう、《インタラプト》とか《ブルズアイ》とかを1個くらい使う事を考えとかないとダメかもな。
ルシオン:パラディンもプリーストも、防御硬いよ…(前のキャンペーンでパラディンをやってた)
フラン:《ヘイスト》使って先に一撃与えてそれで終りなんだったら。
ルシオン:それは良い手ですね。何かされる前にやってしまう。
クローム:【行動値】16か。俺が12だから…。
フラン:それはフェイト1点使って。
GM:ご想像通り、防御はかなり硬いです。
クローム:クロームだと端から無理という可能性もあります。頑張っても30~40点くらいしかダメージ行かないし。
フラン:通らないか。でも、ルシオン君を先に行動させるのは無理がありますね。
ルシオン:色々させて、1点でも通るのを目標にするか…でも、やるだけやってみません? もしかしたら通るかもしれませんよ。クリティカルとかで。
クローム:まぁな。
フラン:では、《ヘイスト》。フェイト1点つかって…+9ですね。
GM:ではそちらが先になります。
クローム:いきなり回避されたらどうしよう(笑)。
フラン:回避はされないと思いますけど…。まぁ、Agi=Int(敏捷と知力が高い)って可能性もありますが(笑)
クローム:じゃ《ディスアピア》《サプライザル》…命中は普通に振ろう。(ころころ)24です。
GM:さすがに当たるわ(笑)
ルシオン:フェイトでダメージダイス増やします?
クローム:ん~…
GM:先に《プロテクション》で止まるダメージを教えようか、それで《ブルズアイ》とか考えてくれたら良いし。
クローム:お願いします。
GM:(ころころ)32点止まります。あと、防御力の分。
クローム:これは《ブルズアイ》を使いましょう。フェイト1点使って解放。
GM:それなら通るだろう。見たところ、この人兜も盾も持ってません。
クローム:分かりませんよー。(ころころ)43点。
GMさすがに通りました。《ブルズアイ》解放されると通るなぁ…。
フラン:おお~。
GM:では…。


フラン:「与えましたーわーい」
GM/会長:「さすがに早いですね。その早さには負けますわ」ピコン!
ルシオン:おー。
クローム:やってみるもんじゃてー。
フラン:さすがです、最高です兄さん!!
ルシオン:すっげークローム~。
クローム…イラッ。(一同笑)
GM/会長:「それじゃぁ次の部屋に行きましょうねー」
フラン:「あれ? 終りじゃなかったんで…あー…っ!?

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック