リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Opening01:包帯グルグル巻き 

第5.5話 …1話分の話じゃないです。


 今回はGMが入院してたり、その間にGMのPCが熱暴走を起こしてネットに繋げなかったり…と事故が重なったため、「シナリオのネタはあるけど…」状態。
それならとりあえず、今までスルーしていたNPCとの話(リオリオの身元調べとか)をしよう、という話に。
そして、「お金&経験値稼ぎシナリオ」というわけで、エネミーを倒すだけの事をやるか、…と。

GMのICレコーダーに電池が入っていなかったので、私が持ってた電池(1個は新品だがもう1個は多分使いさし)を提供。
…その電池が悪かったと思われるのですが、このシーンは妙に早送りになっていて、全く聞き取れません。
私の記憶で適当に書いていきますので、他に思い出した方はコメなどで補足をお願いします。



フラン:ルシオン君のお見舞いに行こうと思います。1日のうちに3回も戦闘不能になったら、それなりに痛いんじゃないかと思いまして。
ルシオン:じゃぁ僕は病室で、包帯グルグル巻きになって寝てます。そんなに怪我してないけど、「やってみたい」って言って(笑)
フラン:そうなんですか。てっきり、治ったのにまた大怪我するような事をしたのかとか、「逃げるな」って簀巻きにされたとか思いました。「ルシオン君、怪我はどうですか?」と言って入ります。
クローム:俺も行こう。「よぅルシオン、元気?」
ルシオン:フガフガ。…口まで包帯を巻かれてるので、うなずくくらいしかできません(一同笑)
フラン:では、お花と一緒に副会長の写真を見せてあげましょう。「これ見て元気出してね」
ルシオン:ぱああああ(顔が輝いた音)
フラン:寝てても見れるように、天井に張っておきましょう。

フラン:それはそうと…お見舞いに来たのは、ルシオン君にお礼を言いたくて。「ルシオン君、前回の戦闘では、本当にありがとう。何度もかばってくれて…ルシオン君がかばって死んでなかったら、私は今こうして生きていませんでした」
クローム:ホントになぁ。
ルシオン:いやー、どうって事ないよー…と言えないので、ふがふが首を振ります。戦闘不能になるのは慣れているので。
クローム:「ルシオン、友達として言わせてもらうけどさー、副会長はやめとけよ
ルシオン:ふが?(首をかしげる)
クローム:「朝錬で戦闘不能にして放置するような女だぞ? 絶対ヤバイって」
ルシオンふがががー(激しく首を振る)
GM:まぁHPが1に戻ってるって事は、誰かが手当てしてくれたんだろうけど。
フラン:気が付いたら副会長が手当てしてくれて…とかいう展開があれば萌えるんですが(笑)
ルシオン:いつも練習が終わって気が付いたら、道場に一人で寝てるんですよ。それで、自分の流した血を雑巾で拭いてから出てくるんです(一同笑)
フラン:寂しっ!
クローム:ひっでぇー(笑)
ルシオン:でも副会長の剣を受けられるのは、頑丈な自分だけなので、ちょっと特別あつかいされてる気分。
GM:ん、まぁ特別なのかなぁ…?
クローム特別ひどい扱いされてるだけだ!
フラン:それは愛じゃないですよ!
ルシオン:そう言われると「そうなのかな」と思ってしまう、単純なルシオン君であった(一同笑)


クローム:あと、俺はこれから神殿に抗議に行きましょう。学生を冤罪で逮捕しといて、謝罪もなしか、ゴラァ!? と。
フラン:学長を通したほうが良いんですかね。
クローム:学長は当てにならん。
GM:んー…事件の事情聴取とかがあって、そこで一応謝罪はあったと思うんだけどね。
フラン:そうなんですか…あ、それじゃヤマさんがお見舞いに来るのはどうでしょう?
GM:ふむ、じゃぁ…。
クローム:俺はそれとすれ違いで、神殿に行こうかな(笑)
GM/ヤマさん:「具合はどうだ?」って包帯グルグル巻きか。「大丈夫…じゃなさそうだな」
フラン:大丈夫じゃないですよ!
GM/ヤマさん:「あーなんだ、そのー、すまんかったな。治ったら神殿に来いよ、メシでもおごってやる」
ルシオン:うんうんとうなずきます。
クロームおごるならセレスチャルヘルムでお願いします
GM/ヤマさん:「ぐっ…おれの月給じゃ無理だ…スマン」


ちょうどこの前に、みんなのお金をかきあつめて、ルシオン君の装備を買ったのでした。
(セレスチャルシールドなど)
セレスチャルヘルムは高いので、この時にはまだ買えてません。



フラン:あ、フランは生徒会を抜けようと思ってるんですよ。
GM:また何で?
フラン:フランが生徒会に入った理由っていうのは、兄を探すため、早く卒業しようと内申を稼ぐためなんです。
クローム:内申を稼ぐためにやりたくも無いのにやってた?
フラン:いや、生徒会の活動は自分にとってもプラスになったんでしょうけど。それで、兄が学園に入ってきたので…。
クローム:早く卒業するのは無意味だと。
フラン:そうそう。おまけに、生徒会の仕事が忙しくって兄に会う暇も無いのは困るなーっと思いまして。生徒会長に言いに行こうと思います。抜けない方が良いですか?
GM:なるほど…急に辞めるって言って辞めれるモンなのか? いや、生徒会を抜けるイベントは後々用意してたから、それは構わないけど。
フラン:ああ、抜けるイベントがあったんですか。
クローム:じゃぁそれが来るまで待てば良いんじゃない?
フラン:そうですねー。
関連記事

category: AR CP1 5.5(ケルピー耐久レース)

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/141-38d3391b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール