TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年08月18日 (月) | Edit |
GM:まぁ、そんな感じで。
ルシオン:じゃ、あいつらがいなくなって、後には[戦闘不能]になった私が残されています(一同笑)
フラン:いや、残しませんから!
クローム:も、燃えてるー。
フラン:では何事も無かったかのように、消火活動に参加して。
クローム:家捜しして、彫刻刀を探してきましょう。奴らに持って行かれたかな?
ルシオン:ブリガンが握り締めてたりしません?
GM:持ってません。家捜しするなら、チャンスは1回くらいだと思うけど。
クローム:一応しますよ。[感知]判定で?
GM:10以上で。
クローム:余裕で成功。
GM:では、無造作にアトリエの床に落ちているのを発見します。
フラン:燃えなかったんですか。
GM:このまま放っておいたら燃えるでしょう。では、パチパチと燃え落ちる家を見つめながら。
フラン:見つめるだけ?
GM:消火活動します?
フラン:そりゃ…
クローム:しないしない。帰る帰る。何でそんな、半死半生の重症人が消火活動してるんだ。…まぁ俺は元気だが(笑)
ルシオン:僕は…まぁ、HPが1になるのは、日常茶飯事ですからね。
GM:ブリガンさんはどうしますか?
フラン:町の診療所とか?
ルシオン:神殿にでも預けましょう。
GM:では神殿の人に。
ルシオン:この火事は魔族がやりましたーって言って。
フラン:で、彼が意識を取り戻したら…って、先生の事は知らないのか。
ルシオン:それどころか、僕たちはあの魚が先生だとは、絶対思ってないでしょうね(笑)
クローム:だな、絶対そう見えん。
フラン:では、「私たちがあなたにカマキリを返しに来た時に、倒れてるあなたを発見して、正体不明の魔族と戦いました。その時に火事が発生しました」って。
クローム:それだ(笑)
ルシオン:「その火事で人が集まってきたので魔族は逃げました」
クローム:魔族は魚で水を吐いてましたが、何故か火がつきました(笑)
フラン:そんな事は知らん。
ルシオン:さすがに、そこまで責任はもてません。
クローム:本当にな。
GM:そんな感じで、上手く誤魔化された事にしましょう。彫刻刀はどうします?
クローム:返しに行っても良いけど。その時に、「先生が魚に化けて襲い掛かってきたんです」とか言ってくれれば。
ルシオン:先生が魚に化けて、って言うなら、筋は通りますね。「あの魚は僕の師匠だったのに、急に襲ってきたんです」とか言われたらどうしようかと(一同笑)
クローム:まぁそんな感じで。ブリガンの意識が戻ったら、返しに行きましょう。
GM/ブリガン:では、「それはどうもすいませんでした」ブリガンは、魚を本当に先生だと思ってたみたいで。
クローム:え、魚を?
フラン:魚のまま?
GM:うん、魚のまま。
クローム:わーお。
フラン:ブリガンはちょっと頭がヤバいのでは。
ルシオン:何て、物を疑わない人なんだろう。
GM/ブリガン:「芸術を見る目は確かだったんだ」
フラン:…そだね、そうかもしれない。
ルシオン:そこが重要なのかもね。…「まぁ、家なくなったし、良かったらもう1回学園においでよ」
GM/ブリガン:「いや、もうあそこに戻る気はありません」
フラン:そっか。
ルシオン:これ以上は何も言うまい。
GM/ブリガン:「これから、世界中を旅して回りますよ。最後にこれを」と、彫刻刀を、手に持ってたハンマーでパキンと叩き折って、「学長に渡して、処分するように言って下さい。これが全ての元凶でした」
クローム:やっぱりー。
GM/ブリガン:「本当にご迷惑をおかけしました」と言って、去って行きました。
クローム:はい。


GM:そんなこんなで、今回のシナリオは終わります。
クローム:お疲れ様でした。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
最後まで無茶苦茶。
 ブリガンは、魚を本当に先生だと思ってたみたいで。…これはアウトですね。ブリガンが魚=魔族を先生だと思っていたということです。先生が人間に化けていて、とか魅了されていて、とかならまだしも魚の状態の先生に芸術を教わっていたという事は、ブリガンは魔族と知っていて先生に師事していたという事です。そして先生の言うとおりに石像を彫って学園を危機に陥れています。魔族の共犯と言っても良いでしょう。もしもルシオンが死んだりしていたらクロームはブリガンを許さなかったでしょうし、誰も死んでないから良かったね、という問題でも無いと思います。
 ブリガン:「これから、世界中を旅して回りますよ。最後にこれを」と、彫刻刀を、手に持ってたハンマーでパキンと叩き折って、「学長に渡して、処分するように言って下さい。これが全ての元凶でした」…ブリガンがやった事を考えるととてもこんな処分では済まないと思いますが?まぁ何故かGMはブリガンに罪は無いと思ってるようですし、ここで突っかかっても仕方ないので、スルーしています。しかし、ここのブリガンの台詞は人事過ぎると言いますか、何故自分にここまで責任が無いと思えるのかが不思議でなりません。
2008/08/18(月) 19:58:25 | URL | クローム #-[ 編集]
「私たちがあなたにカマキリを返しに来た時に、倒れてるあなたを発見して、正体不明の魔族と戦いました。その時に火事が発生しました」
「その火事で人が集まってきたので魔族は逃げました」
GM:そんな感じで、上手く誤魔化された事にしましょう。

かなり正確に、事実を伝えてます。
誤魔化したわけではなく、ちゃんと「我々が火をつけた」と言っても良かったんですよ。
「あなたの家には通信石も無く、バカな同行者が神殿に通報もしなかったので、あなたを助け、魔族を追い払うには狼煙を上げるしかなかった」と。
サイファーの作品も燃えたかもしれませんが、何の警備も火事対策も無かった事を考えると、失ってもいい物だったんでしょうね。(彫刻なら火事でも残ってるでしょうし)
2008/08/19(火) 11:45:55 | URL | shesta(フラン) #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック