TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年08月01日 (金) | Edit |
GM/リオリオ:では次の日。「ニュースです!」
クローム火の玉が出たんだって?
GM/リオリオ:「何で知ってるんですか?」(一同笑)
クローム:ごっめーん、俺が作っゲフンゲフン。
GM/リオリオ:「それだけじゃないんですよ、火事です、火事!」
クローム:あれーおかしいな、昨日の晩、火事なんて無かったのに。…ゴーレム保管庫?
GMウン(一同爆笑) ちょっとしたボヤで、大したことなかったんですけど。
クローム:ゴーレム造りそこねたんじゃないのぉ?
GM/リオリオ:「大したことがあったのはゴーレムの方なんです! どうも、ゴーレムが壊されちゃったみたいなんです、今度は」
クローム:ありゃー。
ルシオン:それは、ゴーレム管理人さんも怒ってるだろう。
GM:怒ってるというか、嘆いてるというか。
クローム:ゴーレムをカンカンやって、「この美しく彫れたゴーレムが
GM彫るな!!
フラン:どれくらい? また粉々なんですか?
GM:いや、普通に壊されたって感じです。
フラン:戦闘して壊れたっていう?
GM/リオリオ:そういう感じです。詳しい事は、行ってみないと分かりませんが。「行ってみます? 行ってみます? それとも私はまた…」(笑)
ルシオン:火の玉って、どこで目撃されたのかな?
クローム:俺が見たのはクラブハウスだな。そこから1号棟の方に行ってゴーレム保管庫なら、場所は一致する。
ルシオン:というより、リオリオが聞いてきた目撃情報の、火の玉見た人は何処で見たんだろう?
GM:火の玉というより、火事を報告したから。
ルシオン:あ、そうなんですか。「何で知ってるんですか」って言うから、てっきりそっちの情報もあるのかと。
クローム:ああしまった。セルーの机の上に、「お前の秘密を知っている」って書いて置いてくるのを忘れてた(一同爆笑)
ルシオン:それでヤツが動揺したら勝ちですね。
クローム:確かに。


クローム:で、今日の行動だけど。ゴーレム保管庫と、ブリガンの家。その2択だと思うんだけど。
フラン:じゃ、ブリガンさんの家に行ってみましょうか。
クローム:ブリガンの家で戦闘になったらヤバイけどな。
ルシオン:そろそろリオリオは放たずに、達成値プラスに使った方が良いかも知れませんね。
GM/リオリオ:あ、そうそう。リオリオの情報をまだ渡して無かったね。さっきのはただの報告ニュースですんで。昨日調べてきた事は…「もうご存知かも知れませんが、昨日話したブリガンさんて人。実は、”神の手”と呼ばれた天才彫刻家・サイファーさんのお孫さんだそうです」
クローム:ええ。
GM/リオリオ:「で、ブリガンさんは現在そのお祖父さんのアトリエに住んでいるそうですけど、ブリガンさんって本当に彫刻が大好きで、自分の作品はもちろん他人の作品も批判する事無く良い所を褒めてあげたりしてたみたいですね」
フラン:…なんでその人が冒険者の学校に入学したんでしょうね。
クローム:さぁ?
GM/リオリオ:「そういう人が、復讐のために彫像を壊したりするとは思えないんですけど」
クローム:(やる気なく)だよねー。
フラン:まぁ、ブリガンがそうでも…。とは言っても、2年経ってるしね。性格だって変わりますよ
クローム:そっちかよ(笑)
フラン:だって、そんなにすごい人だったのに、ニクロム先生がその後を知らないって事は作品とかも大して出してないと思うんですよね。
クローム:まぁ学園内で知られて無いだけで、他所には出してるのかも知れないよ。
フラン:そうかもしれない。
ルシオン:一理ありますね。
クローム:もしくは世には出さずに修行で造りまくってるかもしれない。
GM:ま、得られてない情報からは推測の域を出ないけどね。
クローム:そりゃそうだ。
ルシオン:ま、行けば会えるんじゃないですか? 家は近くだし。
フラン:歩いて行けるなら、昼休みに行って帰ってくるくらいは出来るんでしょう。
ルシオン:でも、ブリガンさんのアトリエは、聞き込みの時に行った方が良いかもしれませんね。場所を調べに行く必要は無さそう。
フラン:ですね。場所として調べる場所ってのが、イマイチ…。
クローム:ゴーレム保管庫かね。
ルシオン:あと、オルランド寮118号室ですよ。
クローム:ああ、なるほどなー。そうか、そうだった。
フラン:良いじゃないですか。
クローム:どう分かれるかだな。ゴーレム保管庫も、調べるより話を聞きに行った方が良さそうだが。
フラン:最初の時みたいに、壁が壊れてるとか跡があるとか、そういうのはあるかも知れませんよ。
クローム:それは確かに。
ルシオン:クロームさんは、ゴーレム保管庫に行った方が良いかもしれません。火の玉を目撃してるから、何か共通点を見つけられるかもしれませんよ。
クローム:まぁ一応ね。あと、リオリオはどうしよう?
フラン:微妙ですね。今日は大した事なかったけど、昨日はまっとうな情報を持って来たし。
クローム:大したことなかったって言われてるぞ、リオリオ(笑)
GM/リオリオ:へにょん。
フラン:だって、ボヤとゴーレムが壊されてたのは噂話で、リオリオの情報じゃないでしょ? で、その後のブリガンが近くに住んでるって情報はもう入手してるんで。…まぁ、当たり外れがあるって事ですね。
クローム:まぁ、今回はようやく我々の調査がリオリオに追いついたという事だ(笑)
フラン:は、そうかぁー。…つまり、我々はリオリオ以上に調査できる自信が無いので、やはりリオリオは射出(一同笑)
クローム:ひどいー!
フラン:そういう結論じゃないんですか、コレ?
GM:そっちに至ったか(笑)

クローム:じゃ、118に二人で行ってもらって、俺は保管庫に行くわ。何ならそっちに3人で行ってもらってもいいし。
GM:マイナス食らうけどね。
ルシオン:リオリオを射出させずに、2人2人で行っても良いのでは?
クローム:言っとくけど、俺は-2食らっても[感知]が5あるんだ。(4の間違いでしたかねー)だからお前ら二人もしくは三人で行けと(一同笑)
ルシオン:素晴らしい。
クローム:で、ゴーレムの方は大した情報も出てこないんじゃないかなーと思うんで。まぁ、もしそこで[感知]判定にすごい目を出して、「火の玉まだここに居る!?」とかなったら。
GM:いねぇー!!
クローム:そんな事は無いだろうしなぁ。
ルシオン:118号室に行っても、今は別の人が使ってるだろうから「あなた勝手に入らないで下さい」(一同爆笑)っていう可能性もあります。
クローム:確かにねぇー。じゃやっぱり2・2くらいに分かれますか。リオリオと二人で。
GM/リオリオ:「やったぁー」
ルシオン:やっとオプションに戻れましたね。
GM/リオリオ:チュンチュンチュン(シューティングで自機に付いて来るオプションが勝手に弾を撃ってる感じ?)



手に入れた情報

 ゴーレム保管庫でボヤがあり、ゴーレムが壊された。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
 そういう人が、復讐のために彫像を壊したりするとは思えないんですけど…私もこの辺りではセルーが犯人だと思ってました。
 今回はようやく我々の調査がリオリオに追いついたという…まぁ前回のリオリオの情報が無ければ未だに意味不明でしたでしょうけど。
2008/08/01(金) 22:18:33 | URL | クローム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック