TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年08月01日 (金) | Edit |
GM:じゃぁ、学生寮の方から行きますか。
クローム:リィーナ先生は、セルーの仕業だって何となく分かったから、学生の仕業だって言いたくないのかもな。確証もないし。
フラン:ブリガンは?
クローム:ブリガンは関係ないでしょ。
フラン:いや、辞めた人がセルーに嫌がらせをする為に
クローム:あーそっちか。まぁ、どっちかだろう。
GM:ちなみに学生寮に来ました。
フラン:はい。
GM:オルランド寮に来たら、アルヴィンが色々噂を広めてたらしく、ほとんどオルランド寮に噂が広まってるみたいです。
フラン:ほう、では聞き込みはしなくても?
GM:聞き込みをしなくても、場所なんで。基本的に場所特定って事であれば、特に判定の必要もなく。いわゆる、このオルランド寮の一番上の階…4階建てとしましょう、その4階の、アルヴィンと同室の人が見たらしいです。発見場所はそこだ、というのがわかる。これは、アルヴィンをつかまえれば詳しい事が聞けそうです。
フラン:じゃ、場所でアルヴィンを探します。
GM:ここは無いです。今授業に出てますからね。
フラン:え? 私たちは?
GM:昼休みに出てるわけだから、あちこち散らばってるんで。放課後帰ってくるまで、ここで待つわけにもいかないし。その為の放課後の聞き込みです。
フラン:はいはい。
GM:場所の特定がしやすいって事で。
フラン:じゃ、あんまり意味が無かったということで。次にどうぞ。
GM:場所を調べるんだったら、寮っていう選択はちょっとなー、って気がするな。


GM:まぁ次、美術部。昼間も一応…今日は4日目か。
クロームおっとこんな所に蛇とワシの彫像が!
GM無いです(一同笑) おっと、って何ですか(笑)
クローム:チッ。あとポセイドンが居れば完璧なのに。
ルシオン:その前に、まず塔を探さないと。
クローム:美術部に行ったら、美術部がチカチカチカ…ってしてて、「はぁ? 美術部って何ですか?」って。
フラン:「あれだ!」
クローム:「はっ…ああ」クラクラクラ。


美術部がチカチカチカ
 「バビル2世」で、主人公のライバルであるヨミ様がバベルの塔に一般人の飛行機を連れて行った時の話。
 バベルの塔には、塔の存在を隠す為に、見た人の記憶を消す催眠ライトが備わっていて、超能力者・ヨミ様には効かないが一般人のパイロットには効いてしまう。
 (記憶をなくしたパイロット)「はぁ? バベルの塔って何ですか?」
 (ヨミ)「あれだ!」(と、催眠ライトがチカチカ…と付いてる塔を指差す)
 (パイロット)「はっ…ああ」(クラクラとまた記憶をなくす)
 (ヨミ)「はっしまった!」
 という、お茶目なヨミ様。(多分こんな話だった)
 3つのしもべを、蛇=ロデム、ワシ=ロプロスという事でそんな話。


GM:はいそこ、勝手にシナリオ進めない。
クローム:はーい。
GM:美術部の前まで来ると、中では美術部の皆さんが最後の追い込みに入っています。そうやって覗き込んでると「何だキミは。活動の邪魔だから、出て行ってくれ」と追い払おうとしてきます。
クローム:なるほど。追い払おうとしてる人はどなたでしょう?
GM:普通の部員みたいだね。
クローム:ほー、そうなんだ。
GM:「ほら、気が散るから帰ってくれ」
クローム:「そうですか、すいませんでした」と言って、段ボール箱をかぶってもう1回来るか。
GM:いやー(笑)
クローム:《シャドウストーク》もあるよ。
GM:じゃ、[感知]判定してもらおうかな。
クローム:[感知]判定ねぇ…またフェイト使っとこうか。もう4点目だぜィェー。(ころころ)15です。
GM:そしたら、チラっと見えたんだけど、窓辺に鳥が集まってますね。小さな鳥。スズメからハトくらいまでの大きさの鳥が集まってます。結構たくさん。
クローム:窓辺?
GM:うん。良く見ると、その鳥は窓枠に置かれた木彫りの小鳥の像に群がってます。
フラン:おいしそうなんですか。
GM:食べては、いない。共食いかよ。
フラン:えーじゃぁ、フェロモンでも出してるんですかね。
クローム:フェロモン?
GM:似た様な感じかな。多分、本物の鳥と間違えて集まってるんだと思います。
クローム:ほーすげぇな。
フラン:そんなにいっぱいあるんですか? その窓辺の鳥って。
GM:いや。ちょこんと置かれてるだけです。…その程度のことしかわかりません。
フラン:あの木彫りの鳥が、ワシになったんですよ(笑)
クローム:その辺の美術部員をつかまえて、あの木彫りの鳥は誰が彫ったか聞いてみましょう。
GM:それは聞き込みの方になります。今は門前払いされただけなので嫌がられます。
クローム:なるほど、じゃ段ボール箱を脱いで引きずりながら、すごすご帰りましょう。



手に入れた情報

 ワシを見たのは、オルランド寮4階のアルヴィンと同室の生徒。
 美術部の窓枠に木彫りの鳥があり、本物の鳥が群がっている。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
もう無茶苦茶。
 セルーの仕業だって何となく分かったから、学生の仕業だって言いたくないのかもな…ここの学院の教師陣がそんな有能な分けないじゃんw。私の馬鹿。
 場所を調べるんだったら、寮っていう選択はちょっとな…じゃ、何処?
 「何だキミは。活動の邪魔だから、出て行ってくれ」と追い払おうとしてきます…こっちは場所のターンに話を聞かせてもらえないのに、NPCは場所のターンに話しかけて邪魔してくるんですね。いいじゃないですか、場所を調べてるだけで作業の邪魔はしていなんだからw。自分はルールを守ってないのにPLにルールを強制するから萎えるんですよ。
2008/08/01(金) 20:51:12 | URL | クローム #-[ 編集]
鳥~
鳥が群がっている、というので私はちょっと深読みしちゃいましたね。
雄スズメが雌スズメ(彫像)に寄って来てる、なら(時期的な事を忘れれば)自然です。
でも、小鳥の像にスズメやハトや、色んな鳥が群れてるのって変じゃない?
特に考えずに「本物のようだ」って事を言いたかったんだろうけれど、私は鳥が群がる=エサがある、と思いました。
で美味しそうじゃないなら、鳥を寄せるフェロモン。
本物と間違えて…というので、鳥がボスだと思って来てる?=ワシっぽいの? とか思ってしまいました。
2008/08/02(土) 17:11:00 | URL | shesta(フラン) #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック