リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

11・Climax -2: 手前にずざー 

GM:というわけで、ムジナさんが連絡したのか、後ろからエージェントが二人出てきますよ。
務月:ほいほい。
GM:中庭だったので、20m×20mぐらいにしましょう。相手は10m向こうかな。でもしゃべってたから、もうちょっと近くてもいいか。
務月:30cmで(笑)
ソーン:エンゲージは別です!(一同爆笑)
務月:エンゲージ別なら5mとかでもいいや(笑)
イタチ:にじりよりましょう。
務月:30cmからにじりよったら攻撃しずらいなぁ!
GM:では、ソーンが先頭で5~10mで好きに決めさせてあげましょう。
ソーン:皆さん次第で。
務月:じゃぁキリよく5mで。あ、ソーンはエンゲージ分けた方がいいんだっけ?
ソーン:えーっと、≪黒の鉄槌≫は同一エンゲージ不可ですね。
イタチ:まぁ敵が先に動くならあまり意味はないか。
ソーン:確かに。
静馬:自分が≪ファンアウト≫使えますから。
イタチ:(イタチキャラシーを確認して)…≪恐怖の一言≫ないのか…
GM:わざと取りませんでした! では、衝動判定のお時間ですよ。<意思>で9です。
一同:(ころころ)
GM:お、みんな成功ですね。
イタチ:0、8と出た。これが侵食率ダイスだと危なかった(笑)
GM:では侵食率も上げてください。みんな楽勝でしょ?
務月:80、理想的だな。80%エフェクトが使える(笑)
ソーン:86です。
静馬:93!
イタチ:84。
ソーン:一人高い(笑)。100行かなかったの、久しぶりですね。
務月:本当だな。
GM:こんなにスムーズに行くとはねぇ。「堕落の誘い」も持ってたのに、誰も失敗しなかったし。
務月:何だかんだでああいうのが出てくると、ゲーム的に行っちゃうよな。
ソーン:最短ルートを模索しますね!

GM:最短ターンで行ったので…あ、マスターシーンを1個入れるの忘れてた。
務月:何だってー。
イタチ:じゃぁ今入れるんだ!
GM:えー、水希さんがエージェントを呼び止めて、小部屋に入って、“ギャー”。水希さんだけ出てくる。というシーンがありました(一同爆笑)
務月:ギャーじゃねぇよ!(笑)
ソーン:どっちのエージェントですかね…。
GM:いやいや、エージェントさんは小部屋から出てきませんでしたからね! 別の人ですね、研究員の誰かです。
務月:ふーん…? いなくなったって何だろう。
イタチ:食われたとか。
GM:美味しく頂かれました。
静馬:一定期間内に人を捕食しないと生きていけない。

【行動値】
静馬・・・16
水希・・・12
エージェント・・・11
ソーン・・・10
務月、ムジナ、イタチ・・・4


第1ラウンド

GM:はい、ではセットアップは静馬から。
静馬:≪ファンアウト≫。適当に戦闘移動してください。
務月:わいわーい。接敵させてもらうぜ!
ソーン:あー…いや、≪黒の鉄槌≫混ぜられなくなりますねぇ。≪命のカーテン≫でカバーリングはできますが…。
務月:ふむ。エージェントって、エージェント:アタッカーだよな?
GM:はい。
務月:ブラックドッグ/ハヌマーンの、日本刀で殴って来るやつ。なら待ってたら相手が突っ込んでくるか。
ソーン:≪ファンアウト≫って自分以外?
静馬:自分以外。
ソーン:なら静馬を残して、他がちょっとだけ前に出て、エンゲージを切ってあげる。
務月:2.5mほど前に出て(笑)
静馬:それぐらいならマイナーで移動します。≪メカニカルアクション≫があるので。
ソーン:何だかんだで相手が上げてくる可能性はあるので、保険でエンゲージを切っておくのはありだと思います。

結局、3人がじわりと前に出る。

GM:では水希さん。≪ファンアウト≫を使ってエージェント二人を皆さんのエンゲージに。
務月:ぶッ。
ソーン:まぁノイマンでしたからね(笑)
静馬:安上りですね。
GM:他、セットアップある人。
務月:俺は≪エターナルブレイズ≫。行動値がブッチギリの-1!
GM:0以下にはならないよ、やったね!


GM:ではイニシアチブ。こちらはないですね。割り込みなければ静馬から。
静馬:とりあえず≪ハンドレッドガンズ≫で…どっち撃ちましょうかねぇ。前から先に潰しましょうか。≪コンセ≫≪ギガンティックモード≫≪小さな塵≫≪カスタマイズ≫…ぐらいかな。
GM:了解です。≪ペネトレイト≫どうしますか?
静馬:うーん…初手なので乗っけて様子を見ます。(ころころ)42。
GM:避けられないなぁ。AがBを行動放棄してカバーです。どれぐらいのダメージか、彼らにはデータがないので分からない。
静馬:ダメージは55点。
GM:カバーリングしたAは倒れました。
ソーン:倒れた。コマをどかしますか?
GM:うーん、たぶん彼を復活させることはないでしょうからどっちでも(笑)

務月:次は水希さんか、お待ちかねの。
GM:水希さんは、ムジナさんに「≪狂戦士≫♪」って言います。がんばって。
務月:やだなー、どうしよう。
ソーン:ダメージがえげつないことになりますよ。食らった瞬間に後ずさりします(笑)

GM:次はエージェントB。オートアクションで日本刀出して。≪アームズリンク≫≪獅子奮迅≫≪雷光撃≫で範囲攻撃です。C値10!
務月:頑張れば避けれるんじゃないか。
GM:(ころころ)おお、回った! 29!
務月:そこまで行くとなぁ…。
GM:どうせみんな≪リザレクト≫できるでしょー。
務月:ガードしとくか。耐えれるだろう。
ソーン:一応イタチさんを≪崩れずの群れ≫でカバーリングします。
GM:ではダメージ、19点。
ソーン:≪リザレクト≫で4点。
務月:ガード値で3点止め。

GM:ソーン。
ソーン:待機!
GM:イタチさんとムジナさん。
務月:(笑)
イタチ:どうせカバーリングされるだろうけど、食らってくれるんだから≪要の陣形≫を混ぜよう。≪コンセ≫≪抗いがたき言葉≫≪要の陣形≫で…(ころころ)うぉ、クリティカルしねぇ! 23!
GM:それぞれ回避するかなぁ。エージェントが一番目がある(ころころ)じゅがナーイ!
務月:ジュガナーイ。
イタチ:ジュガナーイ。
ソーン:エージェントには覚悟がなかったようですよ。
GM:はい、みんな回避に失敗しましたので、水希さんはさっきむしゃむしゃした人の≪領域の盾≫を使います
一同:うえええー!
務月:そういえばそうでした、俺がそういう設定にしたんだった(笑)
GM:ムジナさんをかばいます。
イタチ:よろしいでしょうか。ダメージ19点の装甲無視、このシーン中ダイス-2個。
GM:超人的弱点で20点まで効かないので、判定ダイス-2個だけもらっておきましょう。
務月:エージェントも生きてるのか?
GM:ええ、19点ですからねぇ…。
イタチ:回らなかったからなぁ。
ソーン:5回ぐらい≪領域の盾≫がある可能性がありますね。
務月:まぁ俺たちの侵食率にも余裕があるし。むしろ、19点ダメージで使ってくれてラッキーだ。
GM:イタチさんのデータもわかりませんからね。
務月:確かに。
ソーン:≪領域の盾≫消せるんですけどね(笑)
務月:ここは通しとけばいいだろう。最初は「何ー、食ってるー!?」で。

GM:では皆さんお待ちかねのムジナさんの行動ですよ。
務月:待ってねーよ! 帰っていいよ!
ソーン:これ(スピーカーを構えるしぐさ)ですね!
GM:≪狂戦士≫入ってるので、28Dね。
務月:務月は戦慄しますよ。「これが…スピーカーに入っていただけで、+8Dの…!」(一同爆笑)
GM:≪コンセ≫≪錯覚の香り≫≪絶対の恐怖≫≪神の御言葉≫…いや、≪神の御言葉≫はまだ要らないかな~。
ソーン:何か言ってるぅ~! ソーンが顔を強張らせますよ、「く、来るぞ…!
イタチ:俺も表には出さないけど、嫌~な感じだなぁ(笑)
GM:まぁ大盤振る舞いしよう、≪神の御言葉≫に≪オーバードーズ≫だ!
務月:≪オーバードーズ≫まで!
ソーン:こ、これは(笑)
GM:ほら、いつまで生きてるか分かんないし♪
イタチ:生き返らされるだろうけどな!
GM:固定値64点かなぁ。まぁ単体なんで…。
ソーン:ざわ…ざわ…
イタチ:「君たまにはアタッカー作りなよ」って言われて作ったら、こんな事に…(笑)
務月:ごばー(死)
イタチ:早い早い!
GM:イタチさんかな
イタチ:くそ、長年の恨みが(笑)
GM:水希さんは、ムジナさんのお兄さんなら奥の手を持っていてもおかしくない…と思った。
イタチ:奥の手、リザレクト~!
ソーン:行動放棄してカバーリングしますから! でもそしたら、ずりずりずり~って移動させられるんですよね(笑)。やっぱり本物だ…! って腰を抜かします。
務月:次は俺がカバーリングしてずりずりずり~(笑)
イタチ:これ、食らっといてもいいな。最後の≪リザレクト≫だ。何か使ったら絶対超える。
GM:はい、では命中は52。
イタチ:回避(ころ)1。
務月:ファンブルだ!
イタチ:これが≪リザレクト≫の出目ならなー。
GM:ダメージは109点(一同爆笑)
ソーン:さ、三回死んでる!!
務月:これは参ったな!
GM:で、手前に4m動かします。
一同:手前かよ!!
務月:4mも行ったら突き抜けるぞ。
GM:あ、本当ですね。じゃ水希さんたちのエンゲージで止まっておいて。
ソーン:よう兄貴。って言われる。
イタチ:ずざー(移動)
務月:無抵抗に!(笑)
GM:「兄貴、一度あんたとはやってみたかったんだ」状態です。
イタチ:「俺はそんな状態のお前…いや、そんな状態じゃなくてもお前とはやり合いたくない!!
GM:ですよねー。

務月:じゃ俺か。一応エージェント殴っとくか。素殴りでもいいぐらいだけど…避けられるとアレなんで、≪炎の刃≫≪コンセ≫のみ。
GM:はい。
務月:侵食率が88になる。(ころころ)うぉ!! こんだけ振って、8以上なし…<白兵>10レベルあって-2なんで、15!
GM:-2Dなんで、6D振れます。回避は2レベルです。(ころころ)0出ました!
務月:マジか!
ソーン:3以上…
GM:3出たので、15! 同値。
務月:避けられた…。
GM:いやー、ビックリな低達成値でしたねぇ。
静馬:「バディムーブ」!
ソーン:遅いっ!
務月:「スペシャルエージェント」使うのもなぁ…。でも当てといた方がいいか。こっちは後出しでもOKのはずだ。
イタチ:(調べて)判定の直後なんで、回避振った後だとダメでしょうねぇ。
務月:じゃぁしょうがない。

GM:では待機していたソーンです。
ソーン:うーん…≪インビジブルハンド≫≪コンセ≫で98…! でもコレを残しとくとなぁ…。攻撃しましょう。
GM:エージェントに。どうぞ。
ソーン:(ころころ)17(一同爆笑)
静馬:バディムーブ。ラウンド1回なので。エンブレムなので侵食率もかからない。
ソーン:強いなぁ。じゃ20。
GM:どうしよっかなー。たいして痛くなさそうだし、ガード。
ソーン:カーンってされるよ(ころころ)20点。
GM:10点も通ってしまいました。まだ残ってるけど。
務月:雑魚が強い。
GM:では第1ラウンド終わりです。


ソーン:いやぁ、ママがあんなに甘いとは
GM:ママはいつも甘いよね?
務月:ああ、甘い(笑)
GM:アップダウン激しいですけど。
ソーン:持ってかれるところでしたよ。
務月:おかしい!
GM:PCの説得には応じないのに(笑)
関連記事

category: DX "L" 5(シャッフル)「Mischte das Material」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/1138-b224d006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール