TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2017年05月29日 (月) | Edit |
GM:それで、七枷さんは「これから私をどうするつもり?」って聞くよ。「UGNの理念にも反していないし、研究を続けてもいいのかしら」
レネビィ:俺らはどうでも(笑)
家久:UGNの監視の元で研究してもらう?
夜羽香:侵食率を下げる実験ってめっちゃいいですね。
レネビィ:各組織に報告して、利権争いが起きるレベル(笑)
GM:秘密にしといてよー。利権争いとかやめてよー。
レネビィ:こんな研究してるのばれたら、各組織が水面下で手中にしようとしてきますよ。
GM:じゃぁ都築京香が穴を開けてやって来る(笑)
レネビィ:あんた来た事ないだろー!
GM:てへ。来た事ありました。
エリーゼ:実はレネビィの腕時計端末にカメラがついててね。
レネビィ:あー、「見えた!」
GM:「えーい♪。レネビィ、困っているようですね」
夜羽香:上から布を巻いておかないといけませんね。
GM:「あなたの実験は実に素晴らしい。そのプライメイト・オーヴァードをUGNやFHには無理でも、ゼノスになら迎え入れることができます
レネビィ:なんだってー。
エリーゼ:本当に出てくるの?
GM:嫌なら帰るよ。
レネビィ:出て来るなら出てきても。
GM:じゃぁ出てきてそう言います。「まぁその子に会ってみないとね。それに、この施設を制圧したのはあなた達だから、UGNやFHが優先されるべきだろうとも私は思います」
エリーゼ:そうねぇ…でも正直…あ、そろそろ家久の脳内電話に連絡が来て、ヴァイスハイト・セルが壊滅しそうだって話が分からないかな?(笑)
GM:そういえばすっかり忘れてたな! たぶん雪道を走ってる間にソーンから連絡が来て、向こうの状況がわかってていいよ。
エリーゼ:じゃ、「報告すべき上司がどうも死んだようなので…。我々の求めていた情報、つまり大首領が敵ではないかという情報とは違ったようですし」
家久:どうやらソーンは母親から自立したようだ…
エリーゼ:もう改造人間もいないみたいだし。
GM:そうね、改造人間は元々大首領を守るために六道が作ってたんだけど、そのまま面白くなって作ってた(笑)
家久:目的と手段が(笑)
GM:で、ドヴァーさんは大首領の影武者的に作られていた。
エリーゼ:だから年が15歳ぐらいだったのね。
GM:そう、見た目も似せてたし、強かった。彼がここにいれば、各地を回っている大首領は安全だろう。
レネビィ:ちなみにこの研究所は、何で資金を?
GM:最初のプライメイト・オーヴァードを作ったぞーって研究から、色んな研究が分派してるのね。Dロイスを移すとかね。そういう細かい技術をFHとかに流して、収入は最終的にこの研究所にも流れてきていた。
レネビィ:にゃるほど。
GM:三門さんが膨大な研究成果を少しずつ切り売りしているという流れです。ここに研究所があるのは、もともと村があって人が近くにいる方が便利だから、ってここに作ったんだけど、ここで大首領が生まれた関係で上のレネゲイド濃度が濃くなっちゃったのね。それで村の人には申し訳ないから、資金援助したりジャームを始末したりしてたんだけど、ドヴァーさんがいなくなってジャームの始末が大変になるだろうなぁとは思う。
レネビィ:なるほど…いっそのこと、村人を解放したほうがいいんじゃないかという気もするが…。
GM:移住させるというのは難しいね。村人がどう思うか、ってのもあるし。
レネビィ:この地の文化を持っちゃってるしな(笑)
家久:あの謎の日本文化はどこから持ってきたんでしょう。
GM:七枷さんが、あーいうものを作るときに、「神社っぽいんなら鳥居かなぁ」って鳥居にしたり、「神様っぽい服がほしい」って言われたら、日本に戻った時に巫女服を調達したりとか(笑)、そんな流れなのね。
エリーゼ:なるほど、「子供を人身御供にして」っていうとアレなんで、「神様にして」ってしたんですね。
GM:そうそう、それでお祭りにした。
レネビィ:ぶっちゃけここをどうするか、だな。秘密にしとくなら、経済的には回る。秘密にしないなら、村人はどっかに移住させた方が安全だな。
GM:そうねぇ。ここで言っちゃうと、FHの秘密部隊がなだれ込んできてもおかしくない。
エリーゼ:あ、FHの方は上司も死んだ事だし、こちらの欲しい情報もなかったので報告しません。
GM:なるほど。あとはUGNにどこまで言うかだな。
レネビィ:ここに改造人間がいるって聞いてたのに、いなかったしなー!
GM:いたじゃん。
レネビィ:面白おかしい格好にならなかったじゃんー!
GM:だって大首領っぽいんだもん(笑)
レネビィ:だからレネビィ的には今は忘れてるけど後でガッカリする
エリーゼ:「そういえば、改造人間がいなかったぞー!」
レネビィ:「あれがかいぞーにんげんだったのか…もっとおもしろいかっこうだってきいてたのに
エリーゼ:まぁねぇ。私たちが戦ったのは、ハサミガメとかでした。
夜羽香:ハサミガメ!
レネビィ:話聞いて、目をキラキラさせてたのに。まぁUGNに話すと、人道的になんちゃらかんちゃら言われたりはするだろうけど、即座に戦闘工作員が入って来る事は少なくともなさそうだ。
GM:はい。
夜羽香:UGNに話したら、遠からずFHにもばれそうですけどね。
レネビィ:まぁUGNの妨害があるだろう。
GM:あとはUGN力vsFH力で何とかしてねーっていう。
レネビィ:あとは我々はばらさないよって言うか。
GM:その辺はどちらでもいいです。今後のキャンペーンにはそこまでかかわってこないです。
夜羽香:僕が気になるのは、ジャームを始末できる人がいなくなった事です。
レネビィ:今、非戦闘員しかいないんじゃないか?
GM:そうね。
家久:UGNにばらして、UGNに戦闘員を派遣してもらうしかないでしょうか。
GM:今だと、ジャームが出たぞーって言ったら「ゲートを通すなー!」ってやる事になりますね(笑)
レネビィ:あるいは、石で侵食率を下げるか…。侵食率を下げる研究をするって確約してもらった上で、ゼノスに言うか。
エリーゼ:ゼノスが一番セキュリティ的に硬いしね。
GM:そうだな、UGNに比べたら(笑)。都築京香は隣で体育すわりして待ってますよ。「まだかなー」
レネビィ:隣でちょっかいかけられてます(笑)
エリーゼ:(京香)「ふふふ、レネビィ。このカバンは大変役にたったでしょう?」
レネビィ:「う…う、うん。」悔しそうにうんって言う(笑)
エリーゼ:あと、金の指の情報を。
GM:それは実は次回なんだな。ボブは捕まえたけどチャーリーは帰って行ったんで、ボブは捕まっただろうというのが彼らの仲間には伝わっていると思います。
レネビィ:そっちの方がやばいんじゃないか。
エリーゼ:ふむ。じゃぁこの施設はゼノスさんにお任せ★ってやった方がいいかも。
夜羽香:ゼノスってこういう事をやってくれそうなんですか?
GM:ゼノスは、RBにも人権を! って感じの組織なんかな。で、大首領は思いっきりRBだから、保護とかも頼めばやってくれるだろう。
エリーゼ:FHやUGNと違って、構成員が少ないので情報が漏れにくい。
GM:そして構成員がRBなんで、まともに話が通じない可能性が高い(一同爆笑)
エリーゼ:いやいや、一般人(非オーヴァード)がいないので、職員を操られて情報が漏れたー、とかいう可能性もないし。
GM:UGNだと一般人のエージェントとかいるからね。
夜羽香:そこのトップが近くで体育座りしてますもんね(笑)
エリーゼ:そうそう、京香さんと直通で繋がってるレネビィがいるからね。すごい安全。ま、京香さんが「やっぱりやーめた」って言ったらそこまでですけど。
家久:気まぐれしだい。
レネビィ:さすがに「やめた」って研究所をつぶしたりはしないだろう。
エリーゼ:レネビィが京香さんに歯向かったりしない限り。
レネビィ:歯向かっても「あらあらまーまー」で済まされる気がする(笑)
夜羽香:私が心配だったのは、ジャームが出てきた時に対応してくれるかどうか、って事なんですが。
GM:それは大丈夫だろう。
レネビィ:寒いところが好きなRBが2体ほど派遣されて、交代勤務で。
エリーゼ:まぁRBは寝なくても大丈夫そうだし…その辺に剣が立てかけてあるだけ、とか。
レネビィ:いやいや、「シベリア暇やなー、交代して」っていう交代(笑)
夜羽香:この研究って一定の成果が出ているんですよね。欲を言えば、僕らのパーティーに何かが起きた時に利用させてもらえたら(笑)
エリーゼ:それは私もしたいなぁ。
GM:それくらいは出来るんじゃないか。しかしどうやって来るんだ?
レネビィ:都築京香に泣きついて(笑)
GM:それは私にお願いするという事ですね?
レネビィ:あーあー聞こえないー。
夜羽香:京香さんに頼めないと、8時間以上かけて来ることに。
GM:その間にジャームになるわ(笑)
エリーゼ:我々はまずソーンをここに連れてきて「ソーン、ここを覚えといてね!」って言うところから始めないと(笑)
夜羽香:祠にあったゲートを使えれば。
レネビィ:あれも研究成果なんだろうな。いっぺん開けた≪ディメンジョンゲート≫を固定するような。
GM:そうそう。合言葉もいるようにしときました。…まぁそういう事で、都築京香は「ではそういう事でいいかしら。ここの守りには、北欧にフェンリルがいるから彼に任せるとして」
レネビィ:ぎゃー! さらっと言われた(笑)
エリーゼ:ふぇんりるー! …やはりこのレネビィという子は、都築京香とツーカーの仲のようだ。
GM:仲がいいように思われている。じゃ、このまま都築京香に穴を開けてもらって、日本に帰るということでよろしいでしょうか。
一同:うん。
エリーゼ:SUVはこの村に寄付ということで。
GM:ガソリンないのに(笑)。まぁ帰りの分はあるから、ティクシーに買いに行ってもいいか。
夜羽香:給油できないのがショッパイですね。
GM:まぁそのうち誰か運転できるようになるでしょう。


GM:では、最後にちょっと元気になったユーリヤがみんなにお礼を言って終わりにしましょう。「お姉ちゃんたち、ありがとう!」
夜羽香:「ユーリヤもこれから頑張りなさい」
GM:「うん、頑張る! みんなを守る!」
エリーゼ:ユーリヤはこれからどうするんだろうね?
GM:七枷さんを手伝うなり、村に貢献するなり。
エリーゼ:まぁ訓練的なことも七枷さんがしてくれるか。
GM:はい。で、最後に「大首領に会ったら、あなたたちはどうするつもりなの?」と聞きます。
エリーゼ:仲良くする~♪」(笑)
GM:「ありがとう、あなたいい子ね」(笑)
レネビィ:今のところ仲良くさせてもらってます(笑)、むしろお世話になってます。
エリーゼ:そうそう、そろそろ次のステップになろうかな(笑)
GM:L側は次回やばいですよ。わんこから大朱君を守るって回で、失敗すると大朱君がジャムって最終回に行きます。うまくいったらそこで終わるけど。
エリーゼ:がんばろ。じゃ、都築京香さんにお願いして。
GM:穴を開けた。あつーい(笑)
エリーゼ:防寒具はここに置いていこう。
レネビィ:耐寒装備のまま「わーい」って入っていく(笑)。誰かに指摘されるまで。
エリーゼ:見てるこっちが暑い!
夜羽香:夜羽香さんはすごい服コレクションに追加するので持って帰ろう(笑)
GM:務月が「レネビィ、なんだそのフワフワの服は」
レネビィ:「いつもどおりだぞ!」
夜羽香:ちょっと動きずらいんじゃないですか?
レネビィ:まぁこれ、体の一部みたいなもんだし。
GM:じゃぁそんなもんですかね。
エリーゼ:では夜羽香さんとレネビィさんに「お世話になりました」って言って…我々は、ソーンを迎えに行こうか。
家久:そうですねぇ。
夜羽香:もう1個の方はどうなってるんでしょう?
エリーゼ:Lの方は、一条美月さんを、ソーンたちが倒したよ。とうとう親離れした。ウッカリまたNPCに説得されそうになったけどね。(※前日にやっていたのである)
GM:結局、務月のママに似た人が務月のママを殺せって言ったのは、「偽物だから殺せ」って言ったけど、言った本人が偽物だった(笑)
夜羽香:なるほど(笑)
レネビィ:偽物と言い切っていいものか。神様とピッコロみたいな関係。ジャームになったから、ジャームじゃないようにしよう! ってやると、ジャームの部分がぼこって取れた(笑)
GM:詳しくは言ってなかったけど、当時のUGNのトップがコードウェルで、転生する時のデータをレネビィたちの分から都築京香がコードウェルに渡して、コードウェルが神城グループに渡した。
エリーゼ:そのうちRの方でもちゃんと説明しましょう。
夜羽香:そっか、あの悪役っぽいソーンさんのお母さんがやられちゃったか。
GM:かわいかったけどね。残念。
夜羽香:ハンカチキーってやってた人。
GM:そうそう。今回も「えー、何で止めるの? ぷー」とかやってた。かわいい(笑)


◆After Play◆

GM:最後は経験点ね。シナリオ成功はFS判定含めて30点。
エリーゼ:あ、Sロイス決めてなかった。
レネビィ:俺は決めてたぜ。…あ、決めてなかった。
GM:てーい(チョップ)。
レネビィ:昨日のシナリオでは決めてた(笑)
エリーゼ:今回は村長かな。
GM:村長も微妙に罪の意識に苛まれながらも頑張ってました。
レネビィ:一応金の指なんかなー。
GM:レネビィはボブを拷問するなり尋問するなり好きにしてね。
エリーゼ:ああ、ボブはUGNに置いていくので(笑)
レネビィ:ゆるさーん。きりきりはけー。
エリーゼ:あと、家久もUGNに帰るのはもうちょっと待ってね。ソーンもなんか不安定だし。
家久:はい。ソーンとじっくり話をしましょう。
GM:うまくいけばあと一話で終わりだから。では40~45点だな。
エリーゼ:40点です(追加振り)。夜羽香さんは43点かな?
関連記事


コメント
この記事へのコメント
ハイペース更新だ、わーい
2017/05/29(月) 17:38:34 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
ふふふ、ペース配分を間違ったようですね(つづきょー)

次は一週間くらい開くんじゃないかしら?
シャッフルセッションのもう一個ですよ!
2017/05/30(火) 09:18:50 | URL | みにら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック