TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年05月10日 (金) | Edit |
◆Middle06◆ 捜索・追跡

GM:では全員登場して下さい。FS判定スタートです。

内容:174番を探す
完了値:10  経験点:3点
最大達成値:20  支援判定:<情報:野山市>


務月:支援は<情報:野山市>か…オーノー
レネビィ:<情報:野山市>で支援するぐらいなら、そのまま振ってしまえよ(笑)
務月:まぁこれは仕方あるまい。

第1ラウンド
GM:ではハプニングチャートになります。
静馬:(ころころ)93。
務月:ヤな予感がするぞ…。
レネビィ:こないだ聞いた気がするぞ
GM:事態の断続的な悪化。このラウンドの難易度+1D10。
務月:ほらー。低い目出せっ。
静馬:(ころ)
GM:もとが8なので、14。<情報:野山市>14からスタートです。
夜羽香:やべぇー。
GM:セットアップにする事がなければ、【行動値】順です。
務月:夜羽香さんまで全員待機すればいいんじゃないかな。
静馬:待機。
夜羽香:14はヤバいな。今の内に<情報:野山市>の技能を上げておこうかな。
GM:いいですよ。まぁ夜羽香さん、財産ポイントも余ってるし大丈夫でしょう。
夜羽香:2Lv上げて、更に情報収集チームの力も借りよう。(ころころ)10は出なかった! 9が出てるから、1点財産ポイントを使って14にします。
GM:普通に14で成功でいいですか? 20まで上げなくても?
夜羽香:20まで上げたら?
務月:進行値が3点増える。まぁそれはどっちでも、って感じかな。
夜羽香:じゃとりあえず普通に成功でいいです。
GM:はい。では進行値2です。判定は変わらず。
務月:あぁ、やっぱりか…。
GM:次はレネビィですね。
務月:終了条件のラウンドは決められてたか?
GM:いえ。でも途中で夜になるので、ダイスが減ります。
務月:いつから夜になる?
GM:2ラウンド目の最後。3ラウンド目からです。
務月:なるほどなぁ。
レネビィ:夜になると家に帰ってしまうレネビィ調査団を先に使ってしまおう(一同笑)。2Dで12か…うーん、さすがにおばあちゃんの雑学で、野宿に適した場所は入ってないよなぁ。
務月:あとは<情報:野山市>を生やすか。
夜羽香:今後も使えそうなので僕は取りました。
レネビィ:うーん。まぁ聞き耳頭巾を使おう。4D+2で(ころころ)9が出てる。11か。
務月:財産ポイントが3点余ってたら成功できるな。
静馬:3点なら、こっちでバディムーブで成功させられますよ。
レネビィ:じゃ成功。
GM:そういえば、みんな<調達>しとく? 忘れてたけど。
レネビィ:していいならしとく。ポリバケツのフタ。
夜羽香:僕もすごい服を調達します。(ころころ)成功。
レネビィ:(ころころ)足りたー。見つけてきた。
務月:またどこからともなくポリバケツのフタを取ってきて。
レネビィ:背負ってる。
GM:というわけで、<情報:野山市>で野宿に適した場所を見つけました。
レネビィ:「このへんがねごこちがよかったぞ」
務月:本当に見付かった(笑)
夜羽香:さすが子供!
静馬:橋の下とか。
レネビィ:神社の床下とか。
GM:一応、神社のお堂みたいな所の中を想定しています。
レネビィ:というわけで、「このへんはまえにねころんでたとききもちよかったぞ
務月:「人生経験豊富だな、レネビィ」(笑)。これで進行値が4か。
GM:これで進行値が変わります。実際に174番を見つける、ということですね。<知覚>6です。
静馬:<知覚>ならまかせろー。
レネビィ:がんばれー。
GM:更に、ここからはここから戦闘と並行のFS判定となります。
務月:マジか。
イラスト カゲGM:皆さんが彼のねぐらを発見したら、カゲさんが出てきますよ。この、飛んでるヤツ(イラストを出す)が2体。
レネビィ:わざわざ用意してる(笑)
GM:飛行カゲさんがバサバサ出てきた。
務月:どこから?
GM:影から。
務月:解せんな。向こうにこちらの動きがバレてるのか?
夜羽香:それか、周りに誰か来たらオートで出てくるのかもしれません。
レネビィ:俺たちは本体見てないけど、実ははち合ってる。
夜羽香:飛ぶカゲマンですね。
GM:カゲマンにこだわらないで下さい(笑)
レネビィ:ちなみにカゲマンは呼ぶほうだから、人間だぞ。
務月:出てくるのはシャドウマンだな。
夜羽香:じゃ、フライングシャドウマン。
GM:飛行カゲさんは【行動値】9ですが、行動済みでスタートしましょう。
レネビィ:次のラウンドからはコイツらを相手にしながら探さないといけない。
GM:そんな感じです。次は務月、FS判定の方は<知覚>です。
レネビィ:操ってる本体を見つけろっていうヤツだな。
務月:<知覚>は成功しないから、マイナーでテクテク歩いてメジャーでカゲを殴るか。「わー、カゲさんだ! ひっさしぶりぃー!
夜羽香:久し振りなんですか?
GM:ええ、第1話で会った振りですね。
務月:《炎の刃》と《コンセ:サラ》のみで。侵蝕率はピッタリ50点。
GM:はい、コイツは特殊能力《影色の翼》というのを持っています。同一エンゲージのキャラクターの判定ダイスを-5Dします
レネビィ:ひどい!
務月:5Dは多いな!
GM:本当を言うと《フラッシュゲイズ》とかを色々持たせる予定だったのを、1つにまとめたわけですね。後は《飛行能力II》、常に飛行しています。
務月:雑魚にしては相当強いな。【肉体】8で-5Dで3D。(ころころ)15、ピッタリ20。
GM:4Dで回避です(ころころ)9、当たった。
務月:3D+12で、28点。
GM:し、死んだ。
静馬:ひゃっほい。
GM:1番はプシュっと消えた。
夜羽香:ぐぎゃっ。
務月:角材で殴り殺した。
GM:ぐぎゃっとか言わないです。コイツは喋らないので。
レネビィ:喋るだろ
GM:喋らないんです。ビックリでしょ、喋らないんですよ。
レネビィ:何で?
GM:いや、何でって言われても。
夜羽香:まるでICOの影のように消えるんですね。
レネビィ:まさにICOの影だよ。
務月:元ネタはね。
GM:ICOの影は喋らないでしょう。
務月:元ネタはね。俺らの中では喋ってるけど。次は静馬の番だよ。
静馬:(ころころ)8かぁ…。
夜羽香:静馬君、知覚過敏じゃなかったっけ?
GM:【感覚】が高いだけです。<知覚>の技能持ってないし。
務月:知覚過敏でもご覧の通りクリティカルしてないんで(笑)。ダメな知覚過敏だった。
GM:じゃ次のラウンドかな。


第2ラウンド
GM:ハプニングチャートが変わるよ。次はレネビィ。
務月:93も91もやめよう。
レネビィ:(ころころ)77。
務月:お、縁起良さそう。
GM:予想外のピンチ。このラウンド中に行う進行判定はダイスが-5個される(一同爆笑)
務月:何だと貴様!
レネビィ:目標値は変わらなかったぞ!
GM:そしてセットアップに、飛行カゲさん2が《スタートダッシュ》を使います。バサバサ。後方グループにエンゲージ。
務月:飛んでるからか。これは困ったな、次のラウンドから夜だ。
レネビィ:夜で食らうペナルティより、今はよっぽど減ってますよ。
務月:ここは-5D食らってても、静馬にやってもらうのがいいか。
GM:今は-10Dですよ。
務月:そっか、ヤツがエンゲージしてるからか。
静馬:ぎゃー。
レネビィ:それなら待機して落とすか。
静馬:じゃぁ待機で。
レネビィ:俺の火力で落ちるかな。
務月:静馬はマイナーで離脱できるエフェクト持ってるか?
静馬:《メカニカルアクション》では…ムリですね。
レネビィ:飛行できるか、離脱できないと。
GM:相手が飛行してるから、飛行できても離脱はできませんね。
レネビィ:飛行状態は互いに妨害するんだっけ?
GM:します。
務月:じゃぁ夜羽香さんは静馬には待機してもらって、俺たち二人で落とすか。
夜羽香:最低1Dは振れる、とかはないの?
GM:ええ。夜羽香さんがダイス減らしたら、敵が「振れない~!」ってなってたじゃないですか。
夜羽香:あ、本当だ。あれと一緒か。いっそ心地いいぐらい何もできない(笑)
務月:ハプニングチャートの-5Dは、FS判定だけだよな。
GM:はい。それ以外の判定はカゲの-5Dのみです。
レネビィ:《オリジン:レジェンド》で…あれ、データ間違ってる?
務月:ふふ、写し間違えましたね、レネビィ
GM:何でそこで京香が出てくるの?(笑)
務月:いや、何となく。
夜羽香:解説の京香さんです。間違えたようですね、計画どおり。
GM:レネビィが写し間違えるまで私のプランです。
レネビィ:なんだとー。
務月:レネビィは待機しといてくれ、俺が先に殴ろう。さっきと同じ出目なら倒せるし。
レネビィ:そうしてくれるなら俺はじっとしとく。
務月:じゃぁ皆に待機してもらって、テクテク歩いてまた《炎の刃》《コンセ》のみで攻撃する。侵蝕率54。(ころころ)48。
GM:回避は5。
務月:36点。
GM:パシュンと消えます。務月さんは行動終わり、カゲは消えました。次はレネビィ。
務月:遅い順だからな。ショッパイ。
レネビィ:1D~!(ころころ)7。
GM:1上がりました。進行値6、まだ変わらずです。
夜羽香:まぁ出るかもしれない。(ころころ)お、クリティカル。でも11。
静馬:それにバディムーブを使おう。
GM:使っても意味ないよ? 14にしても関係ないよ。
夜羽香:じゃ、11で2上がった。次は静馬君。
GM:はい。
務月:ここで<知覚>じゃなくなるんでしょ?
GM:そう。
静馬:ぎゃー。
GM:そんなに長いこと<知覚>じゃないですよ。【肉体】8、追いかける。彼らしい姿が向こうに見えました。彼もこちらに気づいたようで逃げています。
夜羽香:ここで静馬君が追いかけるっていうのはいいシチュエーションですね。
静馬:でもダイスが-5Dされてるので…。
GM:あ、本当だ。
夜羽香:じゃぁ僕、振れなかったね。
レネビィ:俺もだ(笑)
夜羽香:じゃぁまだ<知覚>が続いてるって事なのかな。
静馬:<知覚>だったら振れるぜバリバリー。(ころころ)18。
GM:2上がって6。
夜羽香:これ、《妖精の手》って言って3上げたら変わるかな?
GM:変わるかもしれませんね。現状は分からないと言っておきましょう。
夜羽香:じゃぁいいかなー。
務月:夜になる前にここは終わらせた方がいいだろうな。
GM:ま、ハプニングチャートでアレなの振ったら分かりませんが。
夜羽香:よよよ。
GM:レネビィと夜羽香さんは結果的に行動放棄になりましたけど、マイナーアクションで移動しとくとかあれば。
務月:移動って言っても。
夜羽香:お堂までの距離を詰めとく?
GM:いや、すでにお堂は確認して、ねぐららしいけど174番はいないな、って言ってたらカゲが襲ってきたんで、カゲが来た方に向かっている途中って感じです。
夜羽香:そっか。じゃぁいいや。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック