TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年04月02日 (火) | Edit |
◆Middle02◆ 遺跡探索(第1ラウンド)

GM:ここからFS判定です。1ラウンド=1シーンです
務月:1ラウンド1シーン!?
GM:つまり、1ラウンドごとに登場侵蝕率がかかります
一同:なんだと!
静馬:斬新だ
務月:これはキツいな…。
夜羽香:まずは最初の登場ですね。
GM:ここからが1ラウンド目ですね。
務月:もう59だぞ、侵蝕率。
夜羽香:53です。
レネビィ:61ですが何か。
静馬:うわーまた10が出た…。
GM:では、シュミットさんとシグリッドさんの効果です。

シュミットの効果:
 振ったダイスすべてを振りなおすことができる(もう1回最初から振り直す)。1シナリオ三回まで。
 戦闘に連れて行っていれば、戦闘中にも使える。シュミットはエキストラなので、1回ダメージで戦闘不能、2回で死亡。

レネビィ:なるほど(笑)。使い切ろう。

シグリッドの効果:
 1ラウンド1回、支援判定を行う(達成値に+3)(判定は必ず成功する)。
 《インスピレーション》が1回だけ使える。
 戦闘に連れて行った場合、シュミットをかばう。四回ダメージを受けると戦闘不能になり、以降は支部に戻る。

夜羽香:撤退ですね。
務月:その時、シュミットさんは連れて帰ってくれる?
GM:どっちでもいいです。
務月:それはいいな。
レネビィ:じゃぁ連れて帰ってもらおう(笑)
GM:シグリッドは、いつでもパージして「キャンピングカーで待っててよ」って言うことができます。
務月:それはすごい。
GM:《インスピレーション》、先に言っとけば良かったね。
務月:本当だな(笑)。FS判定で役に立つ場面があればいいけど。例えば「分かれ道だ」とか。
GM:そうねぇ…FS判定の内容を軽く言うぐらいならいいかな。
務月:まぁ内容が分かった所で、どうしようもないからな(笑)
レネビィ:まぁいいじゃないか、情報収集判定で手間取ったわけでもないし。
務月:そうだな。後は敵の弱点やスキルを教えてもらう。
レネビィ:戦闘まで使わなかったらそうですね。
GM:(FS判定の内容を確認しつつ)…FS判定で使えそうな場面は、ない
務月:なんだとー!
GM:では、誰かFS判定シートを書いて下さい。
レネビィ:じゃぁ…
GM:内容は、「遺跡を突破する」
レネビィ:いせきをとっぱ。

名称:遺跡を突破する  終了条件:なし  最大達成値:30  経験点:5点  完了値:15
使用技能・難易度:【肉体】10
支援判定:<知覚>あるいは【肉体】


務月:【肉体】10からか(笑)
GM:はい、最初は遺跡の入り口にある岩などをどける作業から始まります。
務月:なるほどなるほど。


FS判定第1ラウンド

GM:では第1ラウンド。セットアップにハプニングチャートを振ります。誰が振る?
務月:PC1から!
GM:じゃ、レネビィ。
レネビィ:ハプニングチャート振るの、すげー久し振り…(※しょっちゅう忘れてるのである)(ころころ)91。「事態の断続的な悪化」とか言われたよ。
GM:悪化してる!
レネビィ:まだ始まってないよ!
GM:いやいや、岩をどけたら上から岩が降ってくるんですよ(笑)
レネビィ:このシーン中、判定の難易度を+1D10」とか言ってるよ!
務月:こりゃヤベェな。
レネビィ:(ころ)8! 18とか!? 無理だよ!
務月:ああもう、レネビィがー。
夜羽香:ダルマ落とし岩と名付けましょう。これは【肉体】の判定で18出せって事ですね。
GM:あ、情報収集で-2されたので、16でした。
務月:そういえばそうだった。
GM:では【行動値】順に。セットアップがなければ、静馬から。
静馬:<知覚>で支援判定してみましょうかね…。
務月:【肉体】の方がマシな人は素で判定して、それ以外の人は支援判定かな。
静馬:とりあえず振るだけ振ってみます。(ころころ)0が出ない、失敗。
GM:次は夜羽香さん。
夜羽香:<知覚>が2D+1か(笑)。こっちの方がマシなので、やるだけやってみます。務月さんに支援判定(ころころ)ダメです。
レネビィ:俺はダメ元で岩をどけるよ。
GM:ああ、シグリッドが「私が支援しましょうか」
レネビィ:毎ラウンドできるのか。じゃ、務月にしてもらおう。俺は普通に判定だ。(ころころ)9なら出てるんだけどねー。「むりだ、きりがないぞ!
務月:最後は俺か。支援判定をしてもらって+3。
GM:「あの岩が落ちてきそうですから、この岩をどかした方がいいんじゃないでしょうか」
レネビィ:あの岩だけ色が違うからー(一同爆笑)
務月:(ころころ)おお、0が出た! (ころ)12! +3して15! 1足りない! ぜはー、ぜはー。
夜羽香:惜しい!
GM:「もう1回頑張りましょう!」
務月:よーしみんな、次のラウンドに行くぞー。

第1ラウンド FS判定進行値:0

GM:ここでマスターシーンが挟まります。
レネビィ:そうなんだ?
GM:遺跡に侵入者が来た事を察知した何者かが、守護者に迎撃を命じます。奥の方で、馬型の何かが「行け」って言った。
レネビィ:馬型の何か! 黒王が。
務月:「行け」って言った!?
GM:じゃ、「ひひーん」って言いましょうか。
夜羽香:馬型の牛が。



◆Middle03◆ 遺跡探索(第2ラウンド)

GM:では第2ラウンドです。侵蝕率をどーぞ。
務月:また9!
夜羽香:7…。
GM:ま、今回はFS判定でミドルは使い切りますから。
レネビィ:ハプニングチャート、つぎはむつきだぞ。
務月:(ころころ)うぉ、91!? さっきと一緒だ!! 聞いたことある!(一同爆笑)
GM:仲良しさんだなぁ、務月とレネビィ(笑)
務月:いや、問題はここからだ! はぁ~…ってい!(ころ)3! よし!!
レネビィ:11だね。
夜羽香:それなら希望が。
静馬:じゃ、務月さんを支援するよ。ダイスが二つ増えたよ
GM:ええー!?
静馬:(ころころ)0が二つ。余裕で成功です。
夜羽香:じゃ、僕も支援しようか。
務月:俺は大丈夫そうだから、レネビィを支援してやってくれ。支援が入ると10を切るから、成功率が上がる。
夜羽香:じゃ、レネビィ君に支援。ダイスも1個増えたし(ころころ)0来た、20で成功。
レネビィ:じゃ8以上(ころころ)0が4つも!!
一同:来たー!!
レネビィ:18、+3で21(笑)
夜羽香:「その部分に手を当てて、ちょっと下に力かけながら押してみて」
レネビィ:ごろり。
GM:進行値が3になったね。まだ【肉体】のままだよ。大分どかした。向こうが見えたよ。
務月:じゃ、シグリッドさんに支援してもらって、+6でやろう。(ころころ)19+6で25、+3だ。
GM:6になりましたね。では遺跡の中に入れました。
務月:はーい。
GM:ここからは、地図を見ながら迷わずに遺跡の奥に進むということで、<知覚><RC>8…じゃない、6という判定です。
レネビィ:こんなに苦労して入ったのに、カメラさんと照明さんが先に入ってるなんて(笑)

第2ラウンド FS判定進行値:6

GM:ではマスターシーンです。暴走しているケルピーが。
レネビィ:ケルピーがって言わないのっ!(笑)
GM:ああ、すいませんでした! 馬型の生物が(笑)。何かを思い出したようにキョロキョロしています。
レネビィ:キョロキョロ。俺、こんな所で何してるんだろー。
夜羽香:違いますよ、「アイツらいつになったら岩どけるんだろー」(一同笑)



◆Middle04◆ 遺跡探索(第3ラウンド)

GM:では第3ラウンドですよ。
務月:ヤバい、また10も上がって78に! 泣ける。
静馬:9。
GM:務月と静馬がキュンキュン上がってるね。静馬、今どんぐらい?
静馬:静馬、今90…
一同:90ぅ!?
静馬:96ですね。
夜羽香:すごい、もうダイスが2個増えてるね。
GM:では<知覚><RC>の6です。支援判定は変わらず。
務月:【肉体】が使えるな。良かった良かった。誰が行けそう?
静馬:<知覚>は9D振れますが+はない。
レネビィ:俺が<RC>かな。
務月:じゃ、静馬とレネビィを支援すればいいか。
レネビィ:俺が4D+1。《オリジン:レジェンド》を使えばもっと上がる。
夜羽香:僕は3D振って5が出たら成功です。
GM:では静馬にハプニングチャートを振ってもらいましょう。
務月:91はもう勘弁な!
GM:仲良しさんな所をアピールしてもいいのよ?
レネビィ:いやいや、しなくていいよ! 2D10で三回連続同じ数字とかどんなんだよ!?
静馬:三人揃うとねぇ…(ころころ)05。
レネビィ:こともなし。修正は特になし。
一同:(ホッ)
務月:じゃ、夜羽香さんを支援しよう。(ころころ)成功。
GM:では、静馬は待機して夜羽香さんからって事で。
務月:どっちでもいいけどね。
夜羽香:(ころころ)9+1+3して、13。
GM:では二つ進みますね。判定値が切り替わります。
務月:しまったー!
GM:奥から出てきた守護者が不意打ちを仕掛けてきますので、回避するかガードします。<回避>6あるいはガード値13。失敗すると2Dダメージ。
務月:ダメージを減らす効果は?
GM:効きません。
レネビィ:ガード値13か…分かった、《氷盾》を生やすよ。2レベルにしたら、ポリバケツシールドと合わせて足りる(笑)
務月:これで判定値が変われば、静馬が何とかなるかも知れん。
レネビィ:経験点20点使って、怖いから5余らせておこう(笑)。
GM:ガード値の数値自体が達成値になります。
レネビィ:じゃ、14。侵蝕率を増やしとく。
GM:2増えますね。
務月:10になったぞ。
GM:お、判定値が変わりましたよ。守護者の不意打ちを防いだので、戦闘などで守護者を正気に戻す。<白兵><射撃><RC><交渉>18です。失敗すると2Dダメージ。
静馬:<射撃>来たー。
務月:パキューンと撃って、侵蝕率を上げてくれ(笑)。素で撃つとかできないの?
GM:まぁ、銃を作らずに判定してもいいですよ。
レネビィ:<射撃>技能だからな。石投げてもいい。
務月:ダメージ出さなくてもいいからか。じゃ、さっき拾った石を(でっかい岩をぶーんと下から投げるポーズ)
GM:でっけー! それ、【肉体】で投げてるよね(笑)
務月:はい。
GM:<射撃>で投げられそうな石にしてください。
レネビィ:これにはコツがあってねぇ(笑)。と【感覚】で。
静馬:素振り(ころころ)…ああ、しまった。《コンセ》使えば良かった。
GM:《コンセ》使うには別のも必要ですからねぇ。
静馬:最大で9、技能で5、あとオーヴァードシュート。
GM:あ、シグリッドの支援をここで使った扱いでいいですよ。3。
静馬:合計20
GM:おお、成功です。しかも3つ上がりましたね。
レネビィ:13!
GM:お、判定値も変わりましたね。このラウンドは終了です。

第3ラウンド FS判定進行値:13

GM:では第3ラウンドのマスターシーン。馬的な何かが(笑)
務月:まだ言うか(笑)
レネビィ:板東メソッド。
GM:その馬が《苛烈なる冷気》を使用します。最後の部屋に入る時は、余りの冷たさにダメージを受けるという。
レネビィ:さむいぞ。
務月:そういうのがあったな。それ、一般人は入ったら即戦闘不能になるんじゃないか?
GM:ですねぇ。
務月:シュミットさぁーん!!(一同爆笑)
レネビィ:しまった、振り直しもっと使うんだった!!
務月:いや、まだ判定は終わってないからな(笑)。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック