TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年04月01日 (月) | Edit |
◆Middle01◆ 情報収集

GM:ここからミドルフェイズです。
務月:やっとミドルだー!(笑)
GM:はっはっは。北アルタ村で休憩しつつ、情報収集するシーンです。村に宿はなく、遺跡の近くにテントを張る事になります。
務月:ああ、それでキャンピングカーか。
GM:はい。テントを張って、キャンピングカーでトイレを使ったりする事になるかな。
務月:なるほどね。
GM:1日はお風呂に入れませんが、我慢して下さい。体を拭くぐらいはできるでしょう。
務月:うぉ。まぁしょうがない。
GM:では情報収集の項目です。まずは、ここまでに調べていた…という事で「遺跡の構造について」。
一同:ふむふむ。
GM:村人に話を聞く」という二つが出てます。
務月:その二つしかないの?
GM:他に思いつくことがあれば、言って下さい。
夜羽香:ここは、シュミットさんは来たことあるんだよね?
GM:あります。
務月:難易度は?
GM:遺跡の構造は<情報:UGN、ゼノス>7。村人に話を聞くのは<情報:噂話>6となっています。
夜羽香:<情報:UGN>があるから、前者の方がいいかな。
務月:7ぐらいなら俺らでも出るから、待っといてもらった方がいいかな。
レネビィ:新しいのが出るかもしれないしね。
GM:では、調べる人は登場して下さい。
務月:遺跡の構造について…だけど。普通のケルピーが転生してる状態がどんななのか村人に伝わってないか聞いて、今回とどう違うのか、っていうのが知りたい。
GM:普通の転生した状態と、今回の状態の違いですか。
務月:そうそう、何が違って今回はこうなってるのか。
レネビィ:色が違うとか、ツノが生えてるとか。
務月:そうそう。
GM:いや、それケルピーが村人の前にすごい姿現しまくってるじゃないですか(笑)
レネビィ:遺跡が近いから、転生後にチョロっと発見されたのが、その地方で民話的に伝わってないか、って事だな。
務月:そうそう。遺跡を管理してる人とかいないだろうから、一番違いが分かるのが村人なんじゃないか。
GM:遺跡の中にまでは入ってないですからね、村人は。
務月:まぁ危ないしな。あとは、シュミットさんに、レネビィの時とどう違うのか聞くぐらいかな。
レネビィ:俺は転生したての自分の見た目とか、覚えてないからね。
GM:それは、シュミットさんが写真を見せてくれますよ。「ほら、ちっちゃい馬だろ。かわいいだろ?
レネビィ:「やった、おれだ!」
務月:」(無感動なお返事)。まぁ見た目もそうだけど、遺跡自体が発光したら出てきたとか、地震があったとか、そういうのがあるのかなーと。
GM:光ったり地震があったりはしませんね。
務月:何の前触れもなく。外から見ても分からないのかな。
夜羽香:ここで村人から話を聞いたら、長老が出てきて「この村に古くから伝わる伝説がある…」(一同爆笑)
務月:俺もそう思った。「その昔、馬が二頭いた。作ったのはワシじゃ」ってお前が神か!(一同笑)
レネビィ:その馬、金色の野に降り立つべし(一同爆笑)
務月:ヤバい、王蟲みたいに走る馬。やめてあげなさいよ。
夜羽香:ケルピーって、後ろ足は魚じゃなかったでしたっけ?
GM:そうですね。でもあだ名です。
レネビィ:レネビィのコードネームがお爺ちゃんに「ほっほっほ、フランメ・フォーレンじゃな」と言われてそれが気に入って使ってるのと同じで、ケルピーも転生後にそういう伝承のある所に行って「け、ケルピー!?」って言われてから「ケルピーでいいや」って使ってるだけなんで。
夜羽香:あ、そうなんですか。実際はケルピーじゃないんですね。
GM:では、ここら辺で言っておきましょうか。レネビィとケルピーの正体です。事前に言ってた通りですが…

 スキンファクシ…光のたてがみという意味。レネビィ。
 フリームファクシ…霜のたてがみという意味。ケルピー。


務月:ああ、エンジェルハイロウの方が良かったな。光のたてがみなら。
レネビィ:本来はそうですね。
務月:やっぱり、転生に失敗…?(一同爆笑)
レネビィ:あれー!?
GM:彼らは、ダグとノートという神様と一緒に生まれました。その神様たちはジャーム化しちゃったんで、レネビィとケルピーが倒しました。
夜羽香:神様ジャーム化(笑)
務月:ちょ、神!?
GM:彼らの遺志を継いで、馬たちは悪いヤツを懲らしめたりしているんじゃないかなー。
務月:ふーん。
GM:次、こちらは新しい情報です。転生について。

 レネビィとケルピーは、死亡時に“転生”を宣言することができる
彼らの生まれた遺跡が正しく機能していれば、死亡してレネゲイドだけになった魂が遺跡に戻り、半年~1年ほどかけて新しく生まれ変わる。

GM:その魂が光の玉みたいになって、遺跡に落ちるんですね。流れ星だー。
務月:それだよ、そういうのがなかったのかな。最近ケルピーの遺跡に光の玉が飛んでいったと思ったら、別のところから黒い玉が飛んできて一緒に入ったとか(一同爆笑)
GM:そういう現象は報告されていませんね。

ジャーム化した場合も、自決を選択して死亡し、転生する事ができる。

レネビィ:俺はジャームをやめるぞ! ジョジョー!
夜羽香:便利!

ジャーム化した場合は転生に要する時間がぐっと延びる。侵蝕率によるが、以前に5年ほどかかったことがある。

レネビィ:5年で済む辺りがすごい。

転生したら、歩ける程度の子供の姿で生まれてくる。成長は早い。
たいてい、レネビィは夏、ケルピーは冬に生まれる。

務月:え、成長早い!?
レネビィ:ええ。
GM:生まれてまだ1年ちょいぐらいでしょう、レネビィは。
務月:それは早いな!?
レネビィ:その間に数々のFHエージェントと再会した(笑)。だから、未だに転生前の知り合いの方が多い。
GM:で一応、前回の転生についてもざっと考えました。
レネビィ:神様と刺し違えたんじゃないの?
GM:いえ、何回か転生してます(笑)。レネビィとケルピーが死亡し、転生を始めたのは同時。強大な敵(未定)を倒した後(一同笑)、ケルピーはバックトラックで事故ってかなりの高侵蝕率でジャーム化してしまいました。
務月:バックトラックで事故って、具体的だなー!
GM:そして転生に入った。今までの経験からすると、あの侵蝕率だと5年コースだわ。ってぐらいの。
一同:5年コース(笑)
GM:レネビィもかなり負傷が大きく、この肉体になって長かった事もあって、ついでに一緒に転生に入りました。
レネビィ:ふむふむ。先に転生して待ってるかー。
GM:レネビィは1年弱で転生が完了しました。転生が終わって遺跡から出たところでシュミットが「おお、フランメ・フォーレンじゃないか」と見つけて、しばらく遺跡の外のキャンプで暮らしました。
務月:その結果がこんな事に(笑)
GM:その後は半年ぐらいドイツのシュミット家にいました。そこに都築京香が来て、シュミットと話して引き取って行った。という話です。
務月:なるほど。
GM:なので、今ケルピーが出てくるのはおかしい。
夜羽香:意外と早く済んだのかもしれません。
務月:ああ、「ジャーム化だわー…あ、ゴメン俺メモリー2つ持ってたわ」(一同爆笑)って、20%減って秒殺で済んだっていう。
レネビィ:せっかくケルピーが出てきた時にちょっと大人になって「ふふん」って言ってやろうと思ったのに
務月:向こうの方が大人で出てきてガックリっていう(笑)。しかし、話を聞けば聞くほど嫌な予感しかしないな。というか、さっきの情報は誰から出てきたんだ?
GM:えーと、レネビィ?
務月:レネビィが思い出した? ああ、レネビィの話を根気良く聞いて、我々は理解したっていう。
GM:とするのが、一番納得かな。
夜羽香:レネビィ君とシュミットお爺ちゃんが長時間一緒に話してて、「今レネビィから聞いた話を要約すると…こういう事じゃ」って(一同爆笑)
務月:昨日の晩から一晩かけて話した(笑)
GM:じゃぁそうしましょうか(笑)、シュミットさんがそういう話を皆さんにしました。


務月:じゃ、情報が分かったところで、情報収集に入るか。<情報:UGN>なら俺が持ってるから、まず俺から振ろう。難易度いくつだっけ?
GM:7です。達成値が10を超えると、ちょっとだけボーナスがあります。
務月:何!? そんなの俺じゃ無理じゃん。
GM:財産ポイント使えば?
務月:残ってないんだ。まずは登場(ころ)。そしてコネを使ってダイスを増やそう。すぐそこにいるお母んに聞く(笑)。
レネビィ:いいなー。俺、“噂好きのお婆ちゃん”は日本にいるから。
GM:いやいや、この街にも噂好きのおばさんぐらいいますよ
務月:速攻仲良くなって使えばいいじゃん
レネビィ:やった(笑)
務月:(ころころ)7、ギリ成功。
GM:では遺跡の構造が分かります。FS判定に挑めるようになりました。これが分からないと、FS判定にそもそも挑めないところだったんですが。
レネビィ:なんだって。
GM:めっちゃ大変な遺跡を、チマチマ探検しながら。「<知覚>で」とかやらなきゃいけなかった。
務月:あぶねぇあぶねぇ。
GM:右に行くと半日迷った挙句に最初の部屋に戻ってくるとか。
務月:ひでー! で、一応10で追加情報があるんだよね?
GM:10以上だと、判定の難易度がちょっと下がります。なくても問題ないです。
一同:あー。
務月:なるほど、他の情報が出て、誰か手が余ってたらやろう。

務月:次は村人に話を聞く、だな。
GM:<情報:噂話>6です。これは上の情報はありません。
務月:誰が行く? 6なら静馬でも出るけど…
GM:寝てるしなぁ(笑)
静馬:(むくりと起きて)時差ボケで
夜羽香:登場判定! 失敗!
静馬:(ころ)6。コネは…親父の秘書
GM:ないわー(笑)
務月:ルール的にはOKなのに(笑)。携帯で秘書に電話したら、「ああ、そこの村にはそういう噂話が」(一同爆笑)
夜羽香:詳しい!
レネビィ:ああ、twitterでそんな噂話が流れてました。
夜羽香:mixiでその村のコミュに入ってるんだけど(一同爆笑)
務月:ヤバい。
静馬:今は六十億情報発信時代だから。まぁ秘書を使おう。どうしようかなぁ。
レネビィ:前に秘書にレクチャーを受けた、「知らない土地での人との接し方」みたいなのを思い出しながら(笑)
GM:素晴らしいね。ではそうしましょうか。「静馬ぼっちゃん…じゃない、静馬さんは気が弱いから、こういう風にするといいですよ」
静馬:「だからぼっちゃんはやめろって言ってるだろ」…でもあの時聞いといてよかった。と思いながら。(ころころ)成功。
GM:良かった良かった。では、日本通のオバチャンがいますね。生け花とかやってるような人が。
レネビィ:すげー。
GM:「うちの旦那が行方不明でね…。警察に届けは出したんだけど」
静馬:ここの警察は動きが鈍くってねぇ。
GM:「山の花を取りに行ってくれたんだけど、そこから帰って来なくてねぇ。もう、私があんなこと頼まなければ良かった」ぶわっ。
務月:泣いてるー。
夜羽香:山に柴刈りに行って戻ってこない。
レネビィ:山にしばかれに行って(笑)
静馬:「おばさん、気を強く持って」
夜羽香:これは奥さんにロイスを取るしかない。
静馬:マジで。
GM:まぁ、そういう行方不明者が数名出ているようです。遺跡が暴走しているのではないかな?
静馬:遺跡から変な鼓動が聞こえる。ドクン。
GM:で、トリガー。「村人にさらに詳しい話を聞く」<情報:噂話><交渉>の10です。
務月:ほほー。
GM:今はそんなに大事な情報じゃないけど、その内大事な情報になるかも
レネビィ:なんだと!

夜羽香:後は僕とレネビィさんだね。
レネビィ:俺は<噂話>も<UGN>も同じレベルだけど、噂話はコネが使える。
夜羽香:じゃ、僕がUGNをしよう。
レネビィ:じゃ2Dと“聞き耳ずきん”で2D、現地で仲良くなった噂好きのおばあちゃんのコネで達成値+2(笑)
務月:ヤバい、おばさんに引き続き今度はおばあちゃんの旦那さんが山にしばかれに行って(笑)
静馬:ビシ、ビシ(しばき音)
レネビィ:4D+3(ころころ)7出てるので成功。
GM:では噂好きのおばあちゃんが、「あたしは若い頃にあの遺跡に入った事があるのよ
一同:すげー!!
GM:「あたしの時にはちょっと迷っただけで、すぐ出てこれたけどねぇ」というわけで、FS判定の難易度が-2されます。
務月:おおー。
夜羽香:昔はあそこに入らないと、一人前とは認めてもらえなかった…(一同爆笑)
一同:いやいやいや!?
レネビィ:皆こぞって入りに来ないでよ!?
GM:まぁ、レネビィたちも転生の時以外はこの遺跡に用はないんだけどね(笑)
務月:でも、この遺跡に誰かが入って「えい」ってやっちゃうと、マズいことになるんでしょ?
GM:はい。
務月:この遺跡、守ってなくて大丈夫なの? って感じだが。
レネビィ:今まで大丈夫だったから大丈夫じゃないかな(笑)
務月:放置!

GM:では…あ、また情報間違った。さっきのは<情報:噂話>だったね!
務月:まぁ、成功したテイで。
夜羽香:じゃ先に振ろうか。和服着てるから+7だよ(一同爆笑)
レネビィ:わけわかんねー!
静馬:クールジャパン。
夜羽香:(ころころ)23。
GM:では、着物着てる夜羽香さんの周りには、人だかりができます。
夜羽香:何で!?
レネビィ:わーわー、サインちょうだーい。
GM:で、さっきの感じの話が出てきてFS判定の難易度が下がりました。
務月:ジャパニーズ・キノモー
夜羽香:「違う、これはキモノ」
GM:で、レネビィは村人に詳しい話を聞いたんですね。
レネビィ:はーい。
GM:半月ほど前にねぇ、調査の人ってのが石を持って行ったよ
レネビィ:お…お?
務月:調査の人!?
レネビィ:持って行った、ってのは持って出たの?
GM:持って出た。
務月:こりゃヤベェ。
レネビィ:石…心当たりは?
GM:レネビィの遺跡には石ゴロゴロしてたね。
レネビィ:確かにしてるだろうけど、持って行って大丈夫な石と大丈夫じゃない石がだなー(笑)
務月:これは、遺跡捜索は中断して、その石を先に追うか(笑)
レネビィ:この石、S市支部に運ばれて、今頃FHエージェントに持って行かれてるんじゃないの?
務月:そうなのかな?
レネビィ:そうなんじゃないの? 種なんじゃないの?
GM:今の所考えてないです!
夜羽香:石の見た目とかも聞いときたいですね。
務月:上半身が馬で、下半身が魚の形の石が(笑)
レネビィ:スーパーエイジャかも知れないですよ。
夜羽香:上半身が魚で、下半身が馬
務月:キモーイ!! 二本足でパカランパカラン走ってくる魚。
GM:マジキモーイ!
レネビィ:タンノ君だ。
務月:これはすごい。次、怪人で出そうかしら(笑)
GM:やめてー!
静馬:むぅ。あれがジャームの成れの果てか。
GM:そんなに特徴的な形じゃないよ。とりあえず、石が何個か持って行かれたよ。
レネビィ:賢者の石とかそういう感じかな。
夜羽香:石に何の価値があるんだろう。
GM:それが転生に必要な物なんじゃないかなぁ、と夜羽香さんは何となくわかります。
夜羽香:さっき話聞いたから。
務月:転生に必要な、とても重要な石が、何と最初から入っておらんかったのだ
レネビィ:これはビックリ。
務月:誰が持って行ったか、については分からない?
GM:今の所分からないですね。
静馬:それは、外から来た人?
GM:はい。「国の調査の人だって言ってたよ」
レネビィ:言い張ってたよ。
務月:それはシグリッドさんに言って、UGN力で調べてもらう事にして。
GM:はい。「では支部に送っておきます」
夜羽香:行方不明者が出てるって事とかも、今までアルタ支部では把握してなかったんだよね。
GM:はい、皆さんが言って来るまで把握してませんでした。あ、支部長の挨拶とか忘れてたけどいいや。
レネビィ:いいや!?
務月:ダメだなぁこの支部(笑)
GM:多分、美月さんには挨拶したんじゃないですかね。

*  *  *

GM:では情報が出て、車に戻ってきました。シグリッドやシュミットさんと検討した結果、テントを張って一晩遺跡の前で過ごして、翌日の朝早くから遺跡アタックを始めよう、という話になりました。
一同:うん。
務月:その間に、行方不明になった人の人数と名前と容姿を調べておいて、中に入った時にチェックしよう。
GM:三人います。昔の方は2週間前に行方不明になっています。
務月:結構絶望的だな。でも、遺体だけでも持って帰れるといい。
GM:そうですね。で、朝早くから遺跡に行くというのは、ケルピーがおそらく夜行性…というか、夜になったら元気になるのではないか。と想定されるからです。
夜羽香:そうなんだ。
務月:何でそんなに、対ケルピーを想定してるわけ?(笑)
GM:ケルピーの遺跡に入るんだしねぇ。襲われてるし。
レネビィ:危険だ! 我々には構造が分かっていないうえに、奴らは夜行性だぞ
GM:構造わかりましたし。
レネビィ:ああ、そうか。「我に秘策あり!」って言いながら死にに行かなくても済んだ。
GM:秘策ないじゃん!
レネビィ:シャボン・レ…(※ジョジョ)
GM:まぁそんなモンかな(笑)。ではその晩はテントで寝て。レトルトのカレーを温めるチャンス。
夜羽香:本当だ!
レネビィ:しゃくしゃくしてるぞ!
GM:ええー!?
務月:温めてねぇー。
レネビィ:務月が凍らせてそのままだよ。
務月:ご飯の上に、袋と同じ形のカレーが置かれてて(笑)
静馬:そのままチンすれば。
GM:レンジないんですよ。
レネビィ:俺が火を出せるぞ。
GM:「おお、そうだったそうだった。レネビィは火が出せるんだったな、すごいなぁ。この薪に火をつけてくれ」
レネビィ:ボッ。めらめら。
GM:そんな感じで楽しい夜をすごし?
静馬:キャンプファイヤーの周りに集ってギターを弾きながら。
GM:静馬、ギター弾けるの?
静馬:静馬は弾けないよ。
レネビィ:マシュマロ溶かしながら。
務月:袋の形のカレーを温めながら(笑)
レネビィ:「とけたらくずれたぞ!」
GM:「食べにくそうだな、レネビィ」(笑)
夜羽香:お鍋を借りて水を沸かして、自分用のは普通に温めよう。みんな、食べたい方法で食べたらいいと思うから(一同爆笑)
静馬:投げた!
夜羽香:それが美味しいと思うなら、そうやって食べたら良いと思う(笑)
静馬:姉さん、怒ってるよ…。
夜羽香:特に怒ってないよ。色んな人がいるんだなーと思っただけで。
GM:諦めてる(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック