TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年02月20日 (水) | Edit |
◆Middle06◆ ――エリーゼ

GM:では、皆さんが集ってブリーフィングをしている所に、水希さんが入ってきます。
ムジナ:(楽しそうに)なになに、何の内緒話?
GM:ちょ(笑)。では会議室で、水希さんから作戦の説明がなされます。
エリーゼ:はーい。
GM:今回の目的は、S市支部が持っている“変異種の種”の奪取である。手段は問わない。S市支部はUGNから疑われており、他支部からの増援はないと思われるので、準備ができ次第出撃しましょう。
ムジナ:うむ。
GM:ここで、全員1回ずつ情報収集ができます。

・二ノ宮綺好 <情報:UGN>8
・立木十兵衛 <情報:UGN>6
・鷹栖英司 <情報:UGN>6


GM:ということです。
ソーン:なるほど、<情報:FH>からでは届かないんですね。
GM:そうだな、<情報:FH>なら難易度を+2して判定できる。
ソーン:1レベルなんでダメですね。
エリーゼ:私は4レベルなんで、FHから調べた方がいいですけど。一応あと、支部の見取り図とか内部情報の共有を。
GM:そうね、そういうのは水希さんが用意したものを、エリーゼちゃんの記憶と照らし合わせて修正する、みたいな感じで、ほぼ現品に近いものができていますね。
ムジナ:何なら現品そのもの出そうか(笑)。
GM:ムジナさんがコッソリ確認した所、現品とほぼ同様に出来上がっています。
ムジナ:じゃぁ出さないでおこう(笑)。ちょっと修正して。
エリーゼ:排気ダクトの位置がちょっと間違ってたり。
GM:どうでもいいー。
ムジナ:いやいや、どこをどう通るか分からないじゃないですか。
GM:まぁ確かにね。

*  *  *

エリーゼ:では情報収集をしましょうか。8や6なら結構成功しそうですが。
GM:そうね、ぶっちゃけ、ムジナさんがUGNに問い合わせたら全部分かるんで(笑)
ムジナ:部屋に帰れば資料があるんだけどな(笑)
GM:別に調べずに行ってもいいのよ?
エリーゼ:チェトレは立木さんを調べとく?
チェトレ:うーん、そうですね。ダイス1個で、<情報:FH>1しか持ってないので。
エリーゼ:1Dで6が出れば成功。
チェトレ:誰が何と言っても俺は(ころ)俺は十兵衛、立木十兵衛だ
エリーゼ:違うだろっ
チェトレ:4しか出てないので、財産ポイントを使おうか…2ポイント使って成功させます。

立木十兵衛(51歳)
 UGNでスポーツ医学を元にしたオーヴァードの身体能力と、その使い方を研究している。自身もスポーツ万能で、面倒見が良く、周囲から「おやっさん」と呼ばれ慕われている。

ソーン:喫茶店を経営する予定である。
GM:そこはわからないけど。
チェトレ:まだレーシングクラブ時代じゃないですか?
GM:あと、チェトレが立木を調べた場合にのみ起きる追加情報。
一同:おー。
GM:チェトレが持っているチップは、立木ならば何とかできるのではないかと思われる。彼なら理解してくれそうだ。
チェトレ:このチップを彼に渡せば、このモヤモヤが晴れるのかもしれない。と一人ごちて。
GM:はい、まぁぶっちゃけ晴れませんけど(一同爆笑)
チェトレ:はい、PLは承知の上で。PCはそう思った。
GM:あと、立木は教官職員室みたいなところにいます。この後はFS判定になるんですが、居場所を移動しながら行う特殊なFS判定となりまして。
ムジナ:ほうほう。
GM:そのNPCがいる居場所に行かないと会えない、という事です。

*  *  *

エリーゼ:じゃ、一応私は支部長調べときましょうかね。FHから行きます。
GM:難易度10だね。
エリーゼ:(ころころ)9が出たので13で成功です。

二ノ宮綺好(84歳)
 元華族で、UGNに高額な支援をしてきた。現在はUGNの一支部長として隠居しており、一族からも一線を引き、UGNで後進を育てるとしてUGN・S市支部長に就任。
非オーヴァードだったが、UGNに入ってからは徐々に若返っており、当時70歳前後だった見た目も40前後になっており、他のUGNのメンバーからはオーヴァードに覚醒したと噂されている。しかし本人は、「自分はオーヴァードではない」と言い張っており、常に秘書のリーリア・カレーリンと、チルドレンの橋本裕美の二人を警護に連れている。

エリーゼ:ほほー。すごい、秘書なのリーリア(笑)
GM:はい。リーリアと裕美の情報収集項目が出てきます。二人とも<情報:UGN>の8。
ソーン:失敗しましたね。追加を考えて、僕が先に行くべきでした。
GM:まぁ、どっちも「あっそう」程度の情報なんで(笑)
エリーゼ:いずれにしても、新しい項目が二つですから、一つは手が回りません。
GM:どれが取りこぼされても、シナリオには支障はないと言っておきましょう。内部事情がわかるだけ。
ソーン:支部長が変異種の種を持ってるんでしたっけ?
エリーゼ:それは分からないですね。
ムジナ:研究室に置いてあるんじゃないのか。
エリーゼ:いずれにしても、支部長の口を割らせるのが手っ取り早いでしょうが。
GM:最初のマスターシーンでは、「支部に置いてあるから取りにおいでよ」と言っていました。
ソーン:イワンちゃんが取りに行ったんでしたね。
GM:はい。まぁPCは分からないけどね。
ソーン:イワンは第二の怪人に違いない。イワンの項目はないんですか?
GM:イワンはあかりカメレオンです
ソーン:!!
エリーゼ:あー、そういえばそんな名前でした!
GM:あれ、気づいてなかったの? 前回のシナリオの最後に回収されて、再改造されたあかりカメレオン。その名も、“閃光カメレオン”!!
ソーン:おーおおおーっほほー!
GM:閃光というロシア語が分からなかったので、すっかり“閃光カメレオン”が本名になってしまった(笑)。
チェトレ:閃光は“フスプィーシカ”だそうですよ。
GM:だから、彼についての情報収集は、不要ですよ!(キッパリ)
エリーゼ:あと、ハルカは場所は調べなくて良いの?
GM:ハルカは地下訓練所にいます。後でマップを言うけど。

*  *  *

ソーン:鷹栖さんを調べます。2Dで6以上(ころころ)5。…財産ポイントを使いますか。
GM:はいはい。鷹栖さんは30半ばって設定だったな。務月の師匠です。
エリーゼ:はい。

鷹栖英司(30半ば)
 現在のS市支部は二ノ宮が無能なため、鷹栖と立木の二人で何とか成り立っている。主に白兵の教練をしていて、エリーゼ等の顔はよく覚えていない。

GM:居場所は、UGN支部の方です。
ムジナ:せっかく会った時「向こうに行ったチルドレンたちは元気にしてるよ」って言おうと思ってたのに。
GM:FHに行ったのは知ってるから、表面上は敵だからね。
ムジナ:だから連絡を取るわけにはいかないだろうから、「元気にしてるよ」と。
GM:なるほどね、それは確かにいいね。
ムジナ:気にはしてるだろう。こっちが知ってる以上に知ってるはずなんで(笑)
GM:確かにね、S市支部が無能なばっかりにチルドレンがFHに行ってしまったが、彼女たちは大丈夫だろうか。ちょっと責任感じてたりする。
ムジナ:チルドレンの教官はいい人ばっかりですよ。黒コゲになったあの人とか(笑)
エリーゼ:与儀さんの事か(笑)

*  *  *

エリーゼ:あとはムジナさんが残ってるんですね。リーリアと裕美。
GM:もう知ってていいよ(笑)
ムジナ:じゃ、二人いっぺんに調べます。目標値は?
GM:ムジナさんなら6…まぁ二人いっぺんに調べるから、8で。
ムジナ:10が出てるんで成功。

リーリア・カレーリン(24歳)
 二ノ宮の秘書兼ボディガード。能力的には役に立つことは皆無だが、フランス人形のような美しい容貌、能天気な性格で場を和ませてくれる。

エリーゼ:だけ?(笑)
GM:それだけです。
ムジナ:美人でバカと書いとけばいいんだな。

橋本裕美(15歳)
 チルドレンの中では最優秀。マジメで、周囲に波風を立たせたがらない事なかれ主義者。二ノ宮を不満に思う分子は彼女が説得したり、「まぁいいじゃん」「まぁ、波風立たせないようにしようよ」と言って回っている。

チェトレ:必殺技は「まぁまぁ」
ソーン:委員長。
GM:はい。その二人ですね。
エリーゼ:いる場所は?
GM:チルドレンの宿舎。
エリーゼ:両方?
GM:両方。
エリーゼ:なるほど、リーリアは24にもなってチルドレン扱いなのか(笑)
GM:宿舎のエージェントが泊まる部屋に泊まっています。チルドレンだけじゃないからね。
エリーゼ:なるほどね。
ソーン:そうそう、思い出しましたよ。前回15歳ぐらいだったのが、1週間で18歳ぐらいになりました。急に背が伸びて、大人っぽくなりました。別人が入ってきました。
エリーゼ:はいはい。「リビルドするって言ってたし、そういう事なのかなー」って納得してます。
GM:では一通り調べた所で、次はS市支部に実際に潜入するシーンになりまーす。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック