TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月02日 (土) | Edit |
◆Middle01◆ 残された自我 ――レネビィ

GM:…というわけで、暴風逆巻く野山市である。UGNからの招集は…受けてないけど、野山市支部に向かうのは問題ないな。
レネビィ:うん。
GM:結局アリエルを見失って、その後2~3日外をウロついたあなたは、結局見付からずに帰って来た。
レネビィ:みつからなかった…。
務月:何故かUGNの支部に戻る(笑)
GM:だって、外で寝てるじゃん
レネビィ:うん。まぁ雨でも気にしないっちゃ気にしないけど(笑)。
GM:むしろ、飛びそうで嬉しそうですね。
レネビィ:いや、飛んで来た。いえーい!
務月:お前、炎の馬なのに濡れて大丈夫なの?
レネビィ:このかっこうのときはだいじょうぶだ。ひのうまのかっこうのときも、ぬれてもだいじょうぶだぞ。あんまりすきじゃないけど。
務月:そっか。
レネビィ:このかっこうのときは、ぬれてもだいじょうぶだからすきだ! わーい♪
務月:なるほど。普段はちょっと苦手なものが、今は平気だから嬉しい。
レネビィ:そうそう。カッパ着ると途端に雨の中を走り回る子供
務月:わかるわかる(笑)
GM:では、支部に向かっている途中で、風で外れた巨大な看板があなたに向かって飛んできました。
レネビィ:ぐわーん
務月:当たってるー!(一同爆笑)
GM:いや、当たらない!
レネビィ:当たんないの?
GM:当たる前に、あなたの前に少女の人影が現れ、看板はあなたを逸れて飛んで行きました。
レネビィ:「あれ?」
務月:扇風機で頑張って逸らした。ひゅー。
GM:振り返った少女の輪郭は、おぼろげながらアリエルの面影を残していた。
務月:そんなに変わり果てた姿に!?
静馬:成長してるー?
レネビィ:おっきくなったのか。
GM:少女だから…おんなじサイズ。
レネビィ:じゃ、輪郭しか似てないの?(笑)
GM:うん。
務月:輪郭以外はどうなってるんだ? キャラクリからリビルド?
レネビィ:大きくなってないのに、そんなに面影が変わってるの?(笑)
GM:えーっと…薄いんじゃない? ぼんやりしてるの。風で絵を描いたような。
レネビィ (びっくり)レネビィ:ほうほう。半透明なのか。「あ、あ、あ、アリエル? なんだかうっすらしてるぞ!
GM:「レネビィ、ケガ、シナカッタ?」
レネビィ:「お、おれはへいきだ! おまえはだいじょうぶか?」
GM:「ウゥ…。アリエル、“セティボス”ニ、サレチャッタ…」
レネビィ:せ、せてぃぼす
GM:「オネガイ、“セティボス”ヲ、トメテ」
レネビィ:「とめればいいんだな!? とめるからしっかりしろ!」
GM:「アリエルハ、ミンナ、キズツケタクナイ」
レネビィ:「うん、きずつけなくていいぞ!」
GM:ぶわーっと消えていきます。
レネビィ:消えたぁー!!
GM:はい。というわけで、風の中にアリエルの姿は消えていってしまいました。
レネビィ:おれがみうしなったばっかりに。うぅ…
GM:ここでシーンが終了です。
レネビィ:これは助けを求めなければ。支部に向かうぞ。
GM:はい。



◆Middle02◆ 支部に集合 ――野田静馬

GM:次は静馬のシーンですが、集合のシーンなので全員登場しといてください。
レネビィ:さっき出たばっかりなのに。
GM:じゃレネビィが支部にやって来たところからですかね。
務月:アレだろ、「アリエルがかぜになってきえたんだ!」「うっそだ~(笑)」(一同爆笑)
GM:そうですね、アリエルは支部にいたので、皆さんは彼女の事を知ってますね。
務月:あの子供でしょ、レネビィと仲良くなってた。みたいな。
GM:ええ。レネビィ調査団の子でしょ。
レネビィ:じゃ最初に、バンっと現れて「アリエルがきえたぞ!」「それは2~3日前のことだろ?」って言われる(笑)
GM:じゃぁそれで。
レネビィ:「たいへんだ、アリエルがきえたぞ!」
務月:まだ見付かっていなかったのか
レネビィ:「いや、みつかったけどきえたんだ!」
務月:「なにー!? また撒かれたのか、レネビィ」
レネビィ:「めのまえできえたんだ!」
務月:「うっそだぁ~」
静馬:「まぁまぁ落ち着け。落ち着いて、絵で説明してみろ
レネビィ:「よし!」ががっ。ぐっ(クレヨンで絵を描いている)…くしゃくしゃぽい(一同爆笑)
静馬:よく分からない(笑)
レネビィ:「もっとこう、うすぼんやりしたクレヨンはないのか!?
一同:うすぼんやりしたクレヨン!?(笑)
レネビィ:白い紙にグレーで人型をウニャウニャっと描いて、「こ、こんなかんじだ」
務月:「なんだろ。向こうが透けてた?」
レネビィ:「そ、そうだ! うっすらしてたぞ!」
務月:「なるほどー」
GM:すげーっスね、務月さん。よく分かるッスね
務月:ふふん♪(満足げ)
レネビィ:うっすらして、うっすらしてて、きえたんだぞ
務月:なるほど…元々あの子はFHから逃げてきたって事で、実は警戒してたんだ。
静馬:「アリエルは何か言ってなかった?」
レネビィ:「せてぃぼすになって、きずつけたくないとか」
務月・静馬:何ー!? セティボスぅ!?
GM:全然話を知らなかったレネビィがビックリするリアクションですね(笑)
レネビィ:何でこんなにクリティカルヒットしてるんだろう(笑)
務月:なごやかなムードから一転、目を吊り上げて「何ー!?」
静馬:「大変ですよ、務月さん」
レネビィ:というわけで、かいつまんで説明するよ。…レネビィのままかいつまんだら、さっきの通りになるけど(笑)
GM:レネビィが一生懸命説明して、皆は何となく分かった。
務月:はい。「つまり、アリエルがFHに拉致られて再改造されて、この異常気象を起こしているという事か」
レネビィ:「よくわからないけど、たぶん」
GM:「めっちゃ騙されそうな子でしたもんねー」
レネビィ:「強くなるよ」って言われたらホイホイ付いて行きそうだ。
務月:あーあ。あの時レネビィが追いついていればなぁ
レネビィ:やっぱりおれのせいなのか…!
GM:「務月さん、そんな事言っちゃぁ…」
務月:「まぁ確かに。ま、俺たちも先生をみすみす殺させてしまったんだし」
GM:がっくり。
務月:俺以外ポンコツだな、お前ら」(一同爆笑)
GM:「静馬、ポンコツって言われてるッスよ」
静馬:「何だって!? 俺、今回何もしてないよ」
レネビィ:「せてぃぼすをとめればたすかるっていってた」
務月:こっちの事情をかいつまんで話そう。「コイツらがピンポンダシュだと思ってたんだが…」
GM:いやいや、そこもなくなりました。解除薬は廃病院にあります。支部には寄っていません。
務月:あ、そっか。
GM:なので、「今週のウルジャンもすっげーッスね」って言ってたら電話がかかってきました。
静馬:今週のウルジャンすっげーっスよ。務月さん、もう見ましたか?」って電話が(笑)
GM:そんな電話じゃない(笑)
務月:イッラー!「昔、俺の怪我を治してくれた先生が、FHに襲われて亡くなった」
レネビィ:むつきのおんじんは、ひどいめにあってばっかりだ
務月:「本当だー! まぁ、アリエルを再改造する研究をしてたのが、その先生。その先生が解除薬というのを作っていたから、それがあればアリエルを治すことができるかもしれない」
レネビィ:「なに、アリエルはたすかるのか!」
務月:いや、それは分からないが
一同:ええー!?(笑)
務月:「だって俺医者じゃないし」
レネビィ:「いしゃじゃないのか。じゃぁしかたないな」
静馬:「じゃ、その解除薬とかいうのを取りに行きましょう」
務月:「そうだな、それを取りに行って、俺にも分かったら治せるかもしれない。分からなかったら分かる人に頼もう」
レネビィ (怒り)レネビィ:「そうだな! あたってくだけろだ!
務月:砕けちゃダメだ!」(笑)
レネビィ:「おれはくだけてもなおるぞ」
務月:「アリエルは多分、砕けたら治らないぞ」
レネビィ:「それはたいへんだ!! あたるけどくだけないようにしよう!
務月:「それだ!」
GM:良いこと言うなぁ(笑)。では、一応情報収集ができます。
務月:このまま情報収集でいいのか?
GM:いいですよ。結構多いので、これは2シーンに分けてやる事になるでしょう。
務月:ほい。
レネビィ:おれのほんとうのすがたをみせるときがきたようだな…《オリジン:レジェンド》だ。

・アリエルについて<情報:UGN、学問>6
・アリエルを拉致した者について<情報:UGN、裏社会、FH>9
・セティボスについて<情報:UGN、学問><知識:レネゲイド>9
・山陰東について<情報:UGN、噂話>9
・異常気象について<情報:噂話、警察、メディア>8


務月:山陰先生と異常気象については、調べなくても良さそうだ。
GM:そうですね。この2つはわからなくても問題はありません。
務月:他がわからなかったら、2シーンになるだろうから、その時は調べよう。
GM:それで良いと思います。一応、今回も支援判定が出来る事にしましょう。能力値は何でも。技能は足せない。難易度は一緒、+3される。行動済みにされる。
静馬:どうしましょう。
務月:静馬、【社会】はいくら?
静馬:自分は【社会】1、【精神】2。<知識:レネゲイド><情報:UGN>が1ずつ。
務月:俺と似たり寄ったり。
静馬:コネもあります。まぁ、ほとんど務月さんと一緒ですね。
務月:じゃ、皆でバラバラで振ろうか。ダメだったら次のシーンでやろう。

務月:じゃ、UGN幹部のコネを使って、アリエルを攫ったヤツを調べよう。4D振って8以上出れば成功(笑)…お、9が出た。10で成功。
GM:では、アリエルを攫ったのは“プロスペロー”佐堂長明(さどうながあき)
務月:ここに来て新顔か!
GM:元UGNの研究者で、FHに寝返り、気象制御能力を持つオーヴァード“セティボス”を率いて、UGNに対して復讐を企てています。
務月:ほうほう。
GM:拉致したRBたちをそそのかし、《愚者の契約》によって融合させ、“セティボス”に作り変えました。
務月:なるほど、合体させられた!
GM:というわけで、あのセティボスの中には、アリエルもいるけど他のヤツらもいるらしいよ。
務月:これはマズい事になってきたな。
GM:その内レネビィも拉致されるかもしれない(笑)。

レネビィ:セティボスの方が目標値が高いから、先にやろう。
務月:ああ、アリエルは静馬に調べてもらおう。
レネビィ:よし、ここは本気で行こう。《オリジン:レジェンド》でメラメラする。
GM:馬の姿になると以前の知識がちょっと使える。
レネビィ:そうそう、何となく頭が冴えてきた。で、これで【精神】判定が+3Dされるんで6D。レネビィ調査団(情報収集チーム)を使って、達成値が+2。“聞き耳頭巾”を使うので更に+2D。
GM:うぉ、子馬に頭巾かわええー!
レネビィ:というわけで<知識:レネゲイド>で8D+5!
GM:そこまで頑張らなくても(笑)
レネビィ:いやいや、何があって失敗するか分からないからな。くわー!(ころころ)クリティカルしてねぇー。
GM:でも9は出たじゃん。
レネビィ:よし、成功したぞ。
GM:ではセティボスについて。気象制御能力を持つRBの集合体です。“セティボス・エレメント”と呼ばれる複数のRBが《愚者の契約》によって融合した結果、実体を持たないエネルギー体となっています。
レネビィ:ほうほう。
GM:この状態のセティボスにダメージを与える事はできません
レネビィ:なんだと!
務月:やべぇー。
GM:何らかの手段で融合を解除すれば、セティボス・エレメントに分離され、ダメージが通るようになるでしょう
務月:へぇー。予想以上にヤバかったな。
レネビィ:分解したら、「風のアリエル!」「稲妻のナントカ!」(一同爆笑)って五人ぐらいに分裂して。
静馬:いやいや?
務月:マジかー(笑)
レネビィ:風と稲妻と雨の三人合わせて、嵐のエレメント(笑)

GM:ではアリエルについて。
静馬:はーい。<情報:UGN>ですのでUGN幹部のコネを使って。あと、コネ:要人への貸し…まぁ2周目もあるし、そこまでやらなくてもいいか。
GM:これが分かったら2周目はナシになるんじゃないですかね。
務月:分かってる事の再確認だからな。
GM:です。…完全に再確認じゃないけど、分からなくても困らない。
静馬:それなら要人への貸し。何らかの何らかを使って…(ころころ)0が出てるから成功だ。
GM:はい。アリエルは人間に対して友好的なRBです。反面、人に騙されやすいところがある。
静馬:はぁー(溜息)。
GM:レネビィを慕い、その助けになろうとしていた。セティボスの一部に取り込まれている。かろうじて自我を残しているが、このままではジャーム化してしまう。
務月:自我が残ってるのがすごいなぁ。
GM:PC全員の侵蝕率が100%を越える前に、セティボスから切り離せばジャーム化を防げるだろう。
静馬:なんだってー!
レネビィ:ちょっと待て!?
務月:100%以下か!
レネビィ:…コマンド:侵蝕率大事に」で。
静馬:シーンに出ない!
GM:といった所でしょうか。情報収集シーンは終わり。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
すっかり忘れてたw
レネビィの顔アイコンを入れました。
静馬と務月のもあると嬉しいけど難しいねw
2013/02/02(土) 17:49:29 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。