TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年01月28日 (月) | Edit |
第2ラウンド

GM:ではセットアップから。
ムジナ:満を持して《ヴァイタルアップ》?
GM:満を持して《ヴァイタルアップ》! 侵蝕率が130%だから+30! HPは54に。更に《ミラーイメージ》で、ラウンド中回避のC値が-1されます。代わりに攻撃力が下がります。
エリーゼ:おー、すごい。
GM:これと《加速世界》が、対象が違うから同時に言えないっていうのがコイツの致命的な欠陥でね(笑)。
ソーン:《ルーラー》を使います。シーン(選択)なんで自分以外って言おうと思ったんですけど、意外と避ける子なんで敵だけにします(笑)
GM:何だってー!
ソーン:マイナス3Dです。このラウンド中。
エリーゼ:れ、レネゲイドが…食われている?」(一同爆笑)
ソーン:ありがとうございます!
GM:俺のセリフ!!
ソーン:ざわりざわり。本当だったらさっきのダメージで食ってるはずだったんですけど!
GM:はい(笑)。放心は切れてるから、-3Dだけだな。《陽炎の衣》を使おうとして、「上手く変身できない…上手く風景に溶け込めない! これは、レネゲイドが食われているのか?」って言うあかりカメレオン。
ソーン:ありがとうございます。
GM:他にセットアップはないですか?
一同:ないでーす。

GM:ではカメレオン。これが多分最後の攻撃になるだろう。《天からの眼》《巨人の斧》《ファイナルフラッシュ》とアージエフェクトの《死の魔眼》。なおかつ、Dロイスの“ディープエロージョン”も使います。
エリーゼ:こっちの範囲に攻撃ですね。
GM:接敵してるヤツには攻撃できないしね。(ころころ)うぉ、止まった!? 16…28で38。リアクションのC値が1上がります。
エリーゼ:クリティカルしないから回避できないですね。
ムジナ:俺がかばうよ。
GM:まだ100%行ってないのか、コイツ…!
エリーゼ:では《領域の盾》を使おう。私が123%。ソーンは?
ソーン:128、でもいいよ。ロイスを村雨に取って昇華する。
エリーゼ:私はまだロイスを全部残してる。
チェトレ:ロイスが少ない方をかばってもらえば。
エリーゼ:だよね。《領域の盾》をムジナさんに使います。「ムジナさん、今度はあっちを!」
ムジナ:かばう要員にされてるし(笑)
エリーゼ:「ほら、こういうの…チームというか、仲間だから」
ソーン:「仲間か…」
ムジナ:「危ない!」って前に立った人間が一瞬倒れたように見せかけて、気が付いたら立ってるから(笑)。今回の《リザレクト》でとうとう100越えちゃった。
GM:あぁ、ダメージはすごい高いけど…無意味だよね(笑)。64+ダイスなので。で、スヴェートハミリオーンはやり遂げた漢の顔で「さ、撃って来い」(一同爆笑)「だが俺のHPは、24点から30点増えて54点だ。一撃で倒せるものなら倒してみるがいい」みたいな感じですよ。
ソーン:(爆笑しながら)こ、殺せないよぉ…!
GM:何が!
ソーン:こんな清々しい男の顔を!
エリーゼ:あ、水希さんをタイタス昇華して復活しました。
GM:でも今回は避けるよ、C値6だから。
ソーン:なるほど。

ソーン:どうしようかな…これ撃ったら打ち止めなんですけど。
エリーゼ:あんな事言ったけど支援すれば良かった(笑)
ソーン:《コンセントレイト:ウロボロス》《原初の赤:アースシェイカー》《原初の白:振動球》《原初の黒:オーバードーズ》《貪るアギト》…マイナーで、《オリジン:レジェンド》(一同笑)
GM:何、振動球だと? このスニーキングスーツの2点の装甲値を無視してくるとは!
ソーン:そうですね! でもちゃんとダメージも増えるので(笑)(ころころ)40…止まりました。
エリーゼ:《妖精の手》!
ソーン:ありがとうございます。50…51、56。
GM:さっきと同じ判定でドッジする。
エリーゼ:《ルーラー》で減ってるんだよね。
GM:そうだった! 11DでC値6か…(ころころ)30…止まった。当たったぁ…「撃ってこい! 俺はもう逃げも隠れもせん!」
エリーゼ:《力の霊水》を使います。ダメージが4D増えるよ。
GM:やめてよ! 一発で死ぬじゃん!
ソーン:10D+4、放心、ダイスペナルティ7で! (ころころ)41点です!
GM:ダイスペナルティ7ひどいー! これは回避したくても出来ないパターンじゃないか。残り13点。「貴様、何故わざと急所を外した?」(一同爆笑)
ソーン:清々しい笑顔で、「男に対する、賞賛のダメージだ」って言った後に、「意味が分からない」
GM:「お前ってやつは…なんて意味のわからない顔してるんだ、コイツ」(一同笑)

エリーゼ:ではさっきと同じ支援を…今度は一応ソーンにもかけておこうか(笑)
ソーン:これで終わるでしょう。それに、次食らったら倒れたままになるんで。
エリーゼ:あ、そっか。もう《要の陣形》は無しで、ムジナさんかウォーカーに(笑)
チェトレ:なんでウォーカーで定着してるんですか。
GM:誰だ、ウォーカーなんて言い出したヤツ。あ、ランナーの方がよかった?
エリーゼ:仮面ランナー?
ソーン:仮面ウォーカーがかっこいいと思いますよ。
エリーゼ:ま、《要の陣形》は3点しか上がらないから皆にかけるよ。さっきと一緒、+12のC-1の+8Dだ。
GM:何だこの意味のわからん支援は。おのれ。

ムジナ:さっきは侵蝕率ダイスを増やしてなかったんだぜ。
GM:何!?
ムジナ:全部乗せで、24DでC値6…。53で68。
エリーゼ:《妖精の手》はいらなさそう。
ムジナ:ちなみに今回は《オーバードーズ》と《神の御言葉》も乗せてますよ。(さっき使うの忘れていた)
GM:C値6の俺に避けれぬ攻撃などない!
エリーゼ:ダイス-10個だよね。
ソーン:放心も入ってます。
GM:そうだった! 2Dで(笑)
ソーン:がんばってー!
GM:とぁー!(ころころ)15、終わった。当たったよ! 死んだよ!(一同爆笑)
ムジナ:79点装甲無視。
GM:「お前が先に攻撃してくれば…!」
ソーン:2Dで回避することもなかったのにー。
エリーゼ:これが最強の一撃ですね。
GM:はい、御疲れ様でした。

*  *  *

GM:では戦闘終了。
チェトレ:これが偉大なるスヴィチーリシイに逆らったものの罰だ!!」(一同爆笑)
エリーゼ:まだ言ってるよぉー。
GM:カメレオンの近くに、《ディメンジョンゲート》が開きます。
エリーゼ:ほう!?
GM:2~3mぐらいの、巨大な西洋甲冑が現れます。女性用…アテナ像みたいなのね。その甲冑は、礼儀正しく皆さんに一礼する。
エリーゼ:ほー。
GM:「この者を連れ帰れと命令を受けています」
ムジナ:「ほほー」(笑)
GM:「あなたたちとはまた会うこともあるでしょう」
エリーゼ:「七緒さん?」
GM:村雨セルのVIP用カードキーを置いて、立ち去ります。
エリーゼ:カードキー?
GM:ええ。「私の主は、あなたたちのセルに大変ご立腹しているようです」まぁ、今回コイツを雇って資金源を断とうとしたのはウチのセルです、という事ね。「主の言葉をお伝えします。“このドゥラークどもめ! かかってくるのならかかってくるが良い”」
エリーゼ・ムジナ:(微妙な笑い)
チェトレ:ビクゥッ!
ソーン:聞いたことないのですが、「うむ、馬鹿者と言っているぞ」
GM:棒読みかつ無表情にそれを伝えた甲冑の人は、「このカードでいらっしゃいください」とカードを置いて、特に邪魔されなければゲートで去って行きます。
ソーン:カメレオン、連れ去っていくんですか?
GM:うん。
ソーン:あっちゃー。
ムジナ:墓立てようと思ったのに?
ソーン:そう、墓立てようと思ったのにー!(一同爆笑)
GM:では、カメレオンの遺品のスナイパーライフルが転がっています。まぁ、律儀に一礼して西洋甲冑は去って行きます。
ムジナ:ぽっかーん。
エリーゼ:「あ、あぁこれはどうもご丁寧に」
GM:という事で、今回の戦闘は終了です。



◆Back Track◆

GM:ではバックトラック。Eロイスは1個です。
ソーン:ヤバいぞぉ~。150%でロイスは3つ!
GM:いや、野田知事護衛ルートに行ったら、《戦いの予感》で【行動値】を上げて[待機]って言う予定だったのよ。みんなの攻撃を避けたり耐えたりした後、「かばえないだろ」パーン。ってやる予定だった。
エリーゼ:倍振りします。
ソーン:倍振りです! (ころころ)めっちゃ高い!
エリーゼ:こちらも余裕で帰ってきました。
ムジナ:えーい(ころころ)ブッ!? 経験点減った!
チェトレ:Eロイスで98まで減りました。
ソーン:Eロイス振らなきゃいいのに!
チェトレ:えー、安全装置を全部解除して、Sロイスだけ残して。
GM:あ、Sロイスを今の内に指定しといていいよ。
エリーゼ:コードウェル博士♪
GM:ムジナさんはカメレオン?(一同爆笑)
ソーン:カメレオンいいですねー! 残ってたら取ってましたよ!
ムジナ:一応、今回は兄貴(イタチさん)にしとこう。
ソーン:水希さんですかねぇ。
チェトレ:自分は博士の伝言にガタガタしてますよ。「ま、まさか…!」
ムジナ:まだ把握してないんじゃないの?「あの甲冑は一体何者だったんだ」
ソーン:でも「このドゥラークどもめ!」って言われちゃったから!
チェトレ:ええ、「大変お怒りです」って言われたので。本能的にガタガタしてます。
ムジナ:これは、裏切ったカメレオンに対してお怒りなんであって。
エリーゼ:なるほどー。
GM:じゃ、エンディング行くよー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック