TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2013年01月24日 (木) | Edit |
◆Middle08◆ ――エリーゼ

GM:では続いてとなりますがエリーゼがシーンプレイヤーで、方針を決定するシーンです。このシーンと次のFS判定のシーンが、クライマックス前の最後のシーンになります。
一同:はーい。
GM:でFS判定ですが。

・犯人を特定してこちらから襲撃するルート
  FS判定の難易度は高いが、クライマックス戦闘が楽
・野田知事を警備して、犯人が来たら撃退するルート
  FS判定は長いが難易度は低く、クライマックス戦闘が難しい

GM:このどちらを行くか、みんなで相談して選んでちょ。質問があれば聞きます。
エリーゼ:襲撃する場合は、こっちから調べるんですね。
GM:はい。<情報>とか<知覚>とかが多くなります。護衛の場合は<意志>とか<運転:自動車>とか。
エリーゼ:あ、<運転:四輪>持ってる(笑)
GM:何だと、貴様。
ソーン:FS判定の経験点は?
GM:どっちも一緒で5点です。
ソーン:じゃぁどっちでも良いです(一同爆笑)
エリーゼ:一応、<情報>系は高いけど…みんな【感覚】が低いんだよね。
ムジナ:1D+2だな。
チェトレ:1D+0。
ソーン:低いですけど、全部8Dで行けます。
GM:ここで《インスピレーション》とかがあったら、判定の内容を教えるけど。
エリーゼ:ノイマンいません!
ソーン:《デジャヴュ》があります
エリーゼ:おお!
GM:使えば中身のイベントと、判定の内容を教えます。
ソーン:使い時ですか。
エリーゼ:そうですね。使いどころが他には余り思いつかないし、使っていただけたら。
ソーン:はい、では。
GM:ではあなたの中に蓄積されている、計数ごとの状況を判定した結果…

・犯人を特定してこちらから襲撃する
  終了条件:2ラウンド
  判定:<情報:S市> 難易度:9 最大達成値:20(進行値+3まで) 完了値:10
  支援判定:<運転:>


GM:<運転>はライダーとか持ってるよね
ソーン:持ってなーい?
チェトレ:<運転>? 何ですかそれは。
GM:お前、バイクも乗れんのか。
チェトレ:獣人ですから、自分の足で走りますから。ライダーじゃないです。
GM:お前なんかウォーカーだ(一同爆笑)
ソーン:ウォーカーかっこいいじゃないですか(笑)
エリーゼ:仮面ウォーカー! 関西ウォーカーみたいになったよ。
GM:ちなみに、改造人間が<運転>を取っていないのを見越して、シナリオに「バイクも乗れんのか。お前なんかウォーカーだ」って書いてある(一同大爆笑)
エリーゼ:わざわざ書いてあるー!
GM:はい。で、これはS市のどこかに潜んでいる暗殺者を捜索するためのFS判定です。1ラウンドは1日単位で、二日経つと先に襲撃されるんで、クライマックスの内容が変わります。
エリーゼ:ふむふむ。
GM:ではイベント。

進行値0~:<情報:S市>9 S市中にエージェントが潜伏できそうな場所を特定する。
進行値3~:<情報:FH>7 候補の場所からFHの息のかかった場所を絞り込む。
進行値6~:<知覚>12 実際にその場所に行ってみて、中の気配を探る。
進行値8~:【肉体】もしくは<意志>12 逃げられないよう、気配を殺して近づく。

GM:つまりこのルートで行くと、潜んでる場所に行って、奇襲をかけれるかどうかの判定から始まります。
ムジナ:ふむふむ。
GM:しかも、屋内の狭い空間での戦闘になるので、相対的にラスト戦闘の難易度が下がる。
エリーゼ:スナイパーですもんね。逃げ撃ち上等の。
GM:そうそう。じゃ次のFS判定ね。

・知事を警備して、犯人が来たら撃退する
  終了条件:3ラウンド
  判定:<交渉> 難易度:12 最大達成値:30(進行値+4まで) 完了値:20
  支援判定:<運転:>


GM:野田知事を護衛して、犯人を返り討ちにするためのFS判定です。1ラウンドが1日なのは変わらず。1回判定に失敗する毎に、進行度が1マイナスされます。四回判定に失敗すると、即座にFS判定失敗になる。まぁ知事の機嫌を損ねて、護衛を断られるわけだね。そうすると知事が殺されて、クライマックスは別のルートに分岐する。
エリーゼ:ほうほう。
GM:イベント内容。

進行値0~:<交渉>8 知事に事情を説明して協力を要請する。(情報収集に成功しているので、難易度が低下している)
進行値3~:【精神】4 SPとして知事につきまとう。知事の仕事の段取りを覚えて、仕事の邪魔をしないことが重要。
進行値6~:<知覚>12 途中、一瞬だが殺気を感じる。気配を探れ。
進行値9~:ガード値もしくは<回避>12 一発の銃声。知事をかばえ。
進行値12~:<運転:四輪>6 現地の視察に行く知事に、運転手として付いて行く。
進行値15~:<情報:S市>9 次の狙撃ポイントを予測する。
進行値18~:<意志>7 狙撃ポイントまで気を緩めずいこう。

GM:この狙撃ポイントって場所が、クライマックス戦闘の場所ね。
ムジナ:採石場か。

色々相談した結果…

エリーゼ:スナイパーを広い場所でウロウロさせたくないので、こちらから襲撃したいですね。
GM:ないと思うけど、知事と仲良くなりたかったら護衛だね(一同爆笑)
エリーゼ:それはムネアツですね!
GM:マジで!?
ムジナ:これから先の展開に絡んできそうだ。
エリーゼ:主にレネビィの方で(笑)
GM:敢えて言おう、このキャンペーンで知事が出てくるのはこれが最初で最後だと。
ソーン:もしここで知事が「パキューン」って死んだら、明日のシナリオに影響があるかも知れないですね。
GM:明日のシナリオで、静馬のオープニングが「何故かお葬式に出てる」ってなる。
エリーゼ:いや、エンディング辺りで「静馬君、お父さんが!」ってなる。
GM:あぁ、そっちが先にやる予定だったから時間軸が先なのか。
エリーゼ:はい。
GM:やったね、静馬♪
チェトレ:静馬とはいったい誰の事だ。
GM:今回はなマイムをいじり倒す方向で話が作られてるから。

などと言いつつ、結局は「犯人を特定してこちらから襲撃する」ルートを選択した。

エリーゼ:調達するなら今の内にやりましょう。足が遅い人はローラースケート履けばいいんじゃないでしょうか。「よ~うこそ~♪」ってやれば。
GM:桜翔か。
ムジナ:俺は[射程:視界]なんで。
ソーン:僕もです。振るのはタダなんで…「多機能ヘルメット」。装備している間、<知覚>のダイスを1個増やせます。0が出れば(ころ)お、成功!「誰かこれを使えばいいんじゃないか」
エリーゼ:私は支援するんで。
ムジナ:俺は自分で調達してもいいけど。
ソーン:じゃ自分で被りました。かちゃっ。
エリーゼ:一応シールドを用意しておきましょうかね。
チェトレ:偉大なるスヴィチーリシイの為に。
ムジナ:ソーンにも防具を調達するか。RC攻撃? ならアルティメイド服だ!!(一同爆笑)
エリーゼ:この執事服なんていかがでしょうか(笑)
ムジナ:なんてフォーマルなパーティーなんだ。
ソーン:知事に会いに行くって言いながら…。
GM:一人ライダースーツだけど。
チェトレ:場違い感バリバリです。見た目など重要ではない。
ムジナ:アルティメイドは20か…クリティカルしてないー。ちょっと待った、財産ポイントを全部ぶっこんだら届くな。
GM:もったいなーい! FS判定の情報収集なら使えるよ?
ムジナ:じゃぁ置いとくか。
エリーゼ:じゃ私もチャレンジ! (ころころ)うわ、これはひどい。1・2・2・2・3・4。
ソーン:僕もさっきの情報収集はそんなモンでした。
エリーゼ:じゃ、FS判定シート書きますね。
ムジナ:S市の地図を広げながら…「ここが怪しいんじゃね?」
GM:ここの廃ビル群とか。



◆Middle09◆

GM:ではFS判定スタートです。第1ラウンド、まずはハプニングチャート。
エリーゼ:ま、PC1から振ればいいんじゃないでしょうか。
ソーン:了解です。(ころころ)焦り。このラウンド中、難易度+1D10
GM:華麗に10を振ってやるぜ。(ころ)1!
エリーゼ:おお、優しいー!
GM:おのれぇ…このドゥラークどもが!(一同爆笑) では支援判定がなければ、ソーンからですが。
エリーゼ:まずは情報、情報、次に知覚ですから…私とムジナさんで情報を潰せたら、全員苦手な知覚をソーンにやってもらいたいなぁ。
GM:潰そうと思ったら、20ずつ出さないとダメだけどね。
ムジナ:財産ポイントとビジネススーツがあるから、+12できる。
エリーゼ:私も財産ポイントは9点ある。
GM:お前らー!
チェトレ:自分は役に立ちませんね。
GM:支援判定すれば? <運転>だし。
ムジナ:仮面ウォーカーだ。俺の背中に乗りな!(一同爆笑)
エリーゼ:では私の方が出目は低い予定ですので、こっちに支援してもらいましょうか。
チェトレ:ではマスターレイスに。成功しました。
GM:俺の背中に乗りな。にゃんこの背中に乗って大喜び
エリーゼ:わーいモフモフしてる。<情報:S市>!(ころころ)8が出たので、技能で+1、支援で+3、財産ポイント8点使って20。
GM:進行度+3で。候補の場所からFHの息のかかった場所を絞り込む。<情報:FH>7なんで8に。
ムジナ:クリティカルした。15なんで、5点突っ込んで20。
エリーゼ:わーい(笑)
GM:では実際にその場所に行ってみて、中の気配を探る。<知覚>12
エリーゼ:ではそこら辺から車を借りてきて。「ふふ、運転できるんだよ。免許はないけど」
ムジナ:「な!?」
GM:セルリーダーのワークスに<運転>が付いてるんだよ。
ソーン:じゃ《無形の影》《コンセントレイト》で。
エリーゼ:そこまでしなくても、もう6ですから(笑)
ソーン:0出せばいいか。
GM:侵蝕率もったいないよ。
ソーン:<知覚>は1レベルあります。ヘルメットがあるので…10、失敗!
GM:進行度は変わらず。気配を探ったけど分からなかった。じゃ第2ラウンド。
エリーゼ:ハプニングチャートを振り直します。
チェトレ:次は自分ですか。(ころころ)破滅的不運。このラウンド中、クリティカル値+1
エリーゼ:10が出てもクリティカルしないー!!
GM:これはヤバいな!
ソーン:《無形の影》使いましょうか。
エリーゼ:支援判定…いや、《導きの華》使おうか(笑)
ソーン:《導きの華》を使えば+10なんで誰でも成功しますね。
エリーゼ:じゃ、ソーンには待機してもらって、最後の<意志>をやってもらいましょうか。ムジナさんに<知覚>、チェトレは【肉体】で。
ムジナ:じゃそれで。
エリーゼ:ムジナさんに《導きの華》。達成値+10です。
ムジナ:て~い♪(ころころ)見えた!
GM:犯人はこの中にいる!
ムジナ:じっちゃんの名にかけて。達成値は16で進行度が+2、8。
GM:犯人がいるのが分かった。逃げられないよう、気配を殺して近付こう。こっそり非常階段登ってよ。
エリーゼ:じゃチェトレに【肉体】で振ってもらおう。ここで10以上出たら終わるけど、まぁそこまでは(笑)…いや、難易度12か。今回クリティカル値が+1されてるから、10振ってもクリティカルしない!
ソーン:12にはならないなぁ。
エリーゼ:支援判定して下さい(笑)。支援判定にはC+1されてないんで。
チェトレ:<運転>で。がんばれー(ころころ)成功しました。
ムジナ:肉球の静音性をなめるな!
エリーゼ:わーい肉球ー。
GM:ぽきゅぽきゅぽきゅ♪(“どこいつ”のトロのような音で)
ムジナ:何か違う音が鳴ってる!
エリーゼ:これで+3来ました。
ソーン:ありがたい。<意思>が1あるから+4、8出れば12…マイナーで《オリジン:レジェンド》。
エリーゼ:なんかモヤモヤした。
ソーン:モヤモヤしました。何かこの辺に黒い目が出ました。6以上出れば成功です。(ころころ)9が出ました!
GM:何だ、出てるのかよー。じゃクライマックスに入るよー。
一同:はーい。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック