TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月23日 (水) | Edit |
◆Middle03◆ ――ソーン

GM:では場所は変わりませんが、シーンは変わります。全員登場。
エリーゼ:また9だー! 59。
GM:皆さんがひと段落付いたところで、水希さんがちょっと慌てたように入ってきます。「皆、聞いて聞いて」
エリーゼ:楽しそうに見えるけど。
GM:慌ててますよ(笑)「ついに新しい任務よ」
ムジナ:ほう。
GM:「ヴァイスハイト・セルに資金提供してくれてる団体がいくつかあるのね。その一つが潰されちゃったの。潰されたのは、ジャスティS支店」(一同爆笑)
ソーン:資金提供とかしてたんですか。
GM:はい。「そこのS支店長が溜め込んでたのとか、ジャスティから横領した金とかを流してくれてたんだけど、店長が殺されちゃったんで…まぁ資金提供してくれてたものの中では一番の小物だったんだけど。でもこれは敵対行動よね」
エリーゼ:「確かに。誰に殺されたんでしょう?」
GM:「分かってないわ。今の所、セルの運営には影響はないけれど、まだ資金源が少ないから早々に犯人を見つけて対処して欲しいの」
エリーゼ:「他も潰されると困りますからね」
GM:そうね。お金がなくなると、機材を維持できないし。電気代とか月に何十万とかかかりますから。「この事件で、このチームの能力を見せてもらうわ。このチームの適性とか、更にはその子の能力も見たいしね」
エリーゼ:あぁ、ソーン君の。
GM:はい。「というわけで資料は置いていくし、パソコンは使っていいから、みんなよろしくね」ソーンとエリーゼをかいぐりかいぐりしてから水希さんは去って行きます(笑)
ソーン:されるがままです。
GM:「んー、いつ見てもかわいい♪ よし、これでママ、一日がんばれる」(一同笑)
エリーゼ:なでられました(笑)
GM:このシーンはこれで終わりなので、「よし調べよう」で終了です。
エリーゼ:はーい。



◆Middle04◆ ――沢士ムジナ

GM:では情報収集です。残されたデータとパソコンで、以下の情報が調べられます。
ムジナ:ふむふむ。

・ジャスティS支店長が殺害された状況について <情報:噂話、警察、FH>6
・犯人について <情報:裏社会、FH>8・12
・次のターゲットについて <情報:FH、UGN>6


GM:最初はこの3つです。犯人について、で12を出すと、「犯人のバックの組織について」という項目が出ます。

 相談した結果…

エリーゼ:ソーンに《無形の影》を使ってもらって、犯人についての12を出してもらおう。出てきた新項目をムジナさんが。その他二つを私とチェトレが調べる。これでいきましょう。
GM:OKです。
ソーン:「ママを困らせているヤツに、痛い目見せてやる。――痛い目?」って、言葉は分かってるけど意味はよく分かってない感じでいきます。
GM:それ良いね(笑)。
ムジナ:語彙と判例で言葉は出てくるけど、意味が分からない(笑)。
ソーン:そうですね、知識はあるけど。言ったあとに「ん?」って。「その犯人ってヤツを僕が調べる。ヴァイスハイトに逆らうとどうなるか、教えてやろう。――逆らう?」(ころころ)…クリティカルしてない(笑)。すいません、8です。
GM:8は行ったな。犯人は“不可視のスナイピル”と呼ばれる人物で、その姿を見られた事はない。暗殺を専門としており、一度も失敗したことはない。金で暗殺を請け負うマーセナリー。だそうですよ。
ソーン:なるほど。
GM:ま、追加情報はあってもなくてもシナリオ的に何ら関係ないんで(笑)。もうちょっと詳しく調べたら、バックが出てくるんじゃないかとは思った。
ソーン:しまったぁ…マイナーで《オリジン:レジェンド》しとけば良かったぁ…12なら出ると思ったんですけどねぇ。
一同:あー。
GM:ま、出目はしょうがない。
エリーゼ:じゃ、店長が殺された状況について。(ころころ)0が出ているので成功です。
GM:ジャスティを閉めて、家に帰ろうとしている所を撃たれた。現場にはピストルが一丁残されていて、オーヴァード的な案件かどうか疑わしいため、現在は一般警察が調べています。UGNは動いていません。
エリーゼ:なるほど、手袋した人が拳銃でパキューンって撃って、逃げた。と思われているんですね。
GM:そう。まぁ何で銃を置いて行ったのかはわからないけど。ま、今回のシナリオ中にはUGNの介入はありません。という事です。
エリーゼ:いい情報だ。
チェトレ:次のターゲットは誰だー。8、成功。
GM:S県の知事をしている、野田平一郎という人物です。
エリーゼ:来たわぁ。
GM:野田はこのセルに個人で献金をしている二人のうちの一人です。個人規模でお金を出すのは、結構大変だろうからね。
エリーゼ:もう一人が、さっきの支店長?
GM:そうそう。
エリーゼ:つまりは、狙いやすそうな人をやってるのか。
GM:ええ。野田知事の息子と娘はオーヴァードであり、UGNに所属しているが、知事自身は中立的立場を取っており、自分の為になることなら何でもするタイプです。事情を説明すれば、今回の件にも協力してくれるのではないでしょうか。
ムジナ:ほほう。
エリーゼ:資金提供してて、こっちのことも知ってるしね。
GM:今回の件だと、ホムンクルスの研究をしてるってことは人間の体を一から作ってるって事で、臓器とか、怪我とか事故が起きても超医学的に治せるんじゃないか、という目論見があって、ここのセルとは仲良くしといた方がいいだろう、と資金提供をしています。
ムジナ:なるほどね。
GM:以上かな。
エリーゼ:じゃ、ムジナさんには犯人の調査をもう一度お願いします。
ムジナ:ああ、犯人を洗いなおそう。(ころころ)0、クリティカルした。12は出たね。「コイツの裏には組織がある」
GM:では情報収集項目に、組織について、というのが出ます。で、一応もう1シーン登場すれば、調べてもらって構いませんけど。まぁ調べなくても何ら問題はないと言っておきましょう。
ソーン:ムジナさんは、「調べたい事がある」と言って個人の情報収集をしたら良いんじゃないでしょうか(笑)
GM:もちろんそれでも良いよ。
ムジナ:うーん、じゃぁそうね。やっとこうか。
エリーゼ:口実にはなるもんね。



◆Middle05◆ ――沢士ムジナ

ムジナ:じゃもう1回登場して、調査をしよう。(ころころ)0はないが…9なんで財産ポイントを1点使って成功。
GM:ではバックの情報。不可視のスナイピルの後ろ盾、母体、資金源は、スヴィチーリシイである。ほら、日本語+ロシア語じゃん?
ソーン:不可視のー、ですね(笑)
ムジナ:でも研究所では、ナンタラカメレオンとか呼ばれてるんでしょ?
GM:あー。そこまで言われたらしょうがないな。コードネームは“スベートカミリオーン”。スベートは「あかり」なので、日本名“あかりカメレオン”(一同爆笑)
ソーン:ちゃんと本当にあったよ!
エリーゼ:さすがムジナさん!
ムジナ:ライフルカメレオンとかじゃないんだ。
GM:残念ながら。シンドロームがバロール/エンジェルハイロウなのよ。最初はもっとヒドかったのよ、スコープを外して目からビームっていう(一同爆笑)。ライフル意味ねぇー! <RC>型ならその予定だったけど、さすがにないな、って思って。
チェトレ:斬新ですよ
GM:だろ? スナイパーライフルを構えて、目からビーム。
エリーゼ:トンファーキックみたいなモンですね。
ムジナ:トンファーキックより意味はあるよ。銃を構えてると銃の射程を気にしちゃうけど、射程は視界だから。「あんな所、届くはずが…届いたー!」っていう。
エリーゼ:確かに。
GM:ま、そんな感じ。で、セルリーダーの村雨博士は関係を否定している。という話ですね。「少し前にドコソコに提供した改造人間で、そこのセルに言われて行動しているのだろう、フン」って感じの返しです。でも裏ではプチ改造とか、資金を与えたりとかしているらしい。
チェトレ:そういえば最近、あいつ見なかった…って記憶がないからわからない。
ムジナ:それはそれとして、自分の情報収集項目でエリーゼを調べる。
GM:はい。エリーゼちゃんは、S市から脱走したチルドレンの一人で、美人作る計画の被験者だった。同じく被験者だったエランちゃっていう子と一緒にFHに身を寄せて、一緒に住んでる。
エリーゼ:エランちゃんは今回の任務地にも連れて来ています。まだ家はできていないんだよね。
GM:そうだっけ?
エリーゼ:だって、ソーンが作られてまだ1週間とかだから。S市の豪華ホテルに泊まっています。
GM:まぁ、そういう事が分かった。一見友達の、半年年上のエランちゃんと一緒に住んでる。…まさか第一話にして一人消息が確保されるとは(笑)
ムジナ:「なるほど」



◆Middle06◆ ――エリーゼ

エリーゼ:では私はその裏でシーンを作ります。調達します。
GM:はい。
エリーゼ:登場はまた8も上がった。73。UGNじゃないけどUGNボディアーマーを。
GM:何だってー(笑)
エリーゼ:UGNボディアーマー相当の。
GM:でも《完全獣化》しちゃうと…
エリーゼ:いや、自分用。だって《知性ある獣》とか取ってないでしょ?
チェトレ:取ってないよ。全てのアイテムは使えなくなるよ。
エリーゼ:。では家に帰ってエランちゃんを登場させます。ちゃんと“使用人”として常備化しています。
GM:おお、偉い。「あら、お帰りなさいエリーゼ」
エリーゼ:「んとね、知事に会いに行くから、ちょっといい服がいるの」
GM:「知事に? それはそれは、おめかししないとね」
エリーゼ:「だからスーツっぽい服がいるから、そういうの作って」とモルフェウス力で作ってもらいます。という演出で…購入判定に成功したら作れるよ。
GM:いやいや、エランちゃんは絶対成功するよ。失敗したら、デザインが気に入らなかったという理由で着せてもらえなかった
エリーゼ:(ころころ)お、成功です。
GM:「じゃ、ちょっと地味な黒いスーツとかがいいかしらね」
エリーゼ:「そうそう、そういうのでいい。ホントはもっとかわいい服が好きだけど、今回は知事に会いに行くからマジメな服ね」
GM:ではちょっとマジメな服を作りました。
ムジナ:俺もちょっとスーツを新調しに行くか。
GM:お、良いね。すごい服とか。
ムジナ:いやいや、強化ビジネススーツにしますよ。こっちは達成値が増える。
エリーゼ:しかも見た目が普通のスーツ。すごい服じゃなくて。まぁ私はエランに作ってもらった服を着て出て行って、シーン終了。
GM:ムジナさんはさっきの一人で調べたシーンでやったって事にしていいよ。
ムジナ:やった。えーい(ころころ)クリティカルした。15+1なんで、3財産ポイント使って成功。
エリーゼ:この有り余る財産ポイントで(笑)
ムジナ:まだ10も残ってる。
GM:湯水のように使いやがって。



◆Middle07◆ ――チェトレ村雨

GM:次は改造シーン…じゃなかった、改造人間のシーン。でも、シーンに登場するのはエリーゼ。
エリーゼ:あれ? じゃぁ登場します。
ソーン:チェトレ、改造されてる?
GM:エリーゼは水希に呼び出されます。「一応確認させていただくけど、改造人間さんはスヴィチーリシイの方よね?」
エリーゼ:「ええ、スヴィチーリシイから借りてきた…貰ってきた? 人です」
GM:「今回の犯人は、そのスヴィチーリシイの人っていうじゃない?」
エリーゼ:「ええ」
GM:「大丈夫なの?」
エリーゼ:「いざとなれば、メモリーキューブを壊すからこっちの言う事を聞け、と言います」
GM:「機械的に何かされてないの? それに、仲間同士で殴り合うとどうにかなったりすると、彼もかわいそうだわ」
エリーゼ:「確かにそうですね。一応調査しておいた方が良いでしょうか」
GM:まぁそう言っても、情報収集項目とかないんで(笑)
エリーゼ:ないんだ(笑)
GM:疑問を抱いたままにしといてください。調べようがないしな。
エリーゼ:<知識:機械工学>とか。
ムジナ:どっちかというと<知識:レネゲイド>かな。
GM:どっちもないです。「この任務中、彼には一応気をつけてね」
エリーゼ:「わかりました」
GM:というだけのシーンです。何とシーンプレイヤーは改造人間なのに、改造人間は出てこないという画期的なシーンです(一同笑)
ソーン:出てたけど、電源切られて寝てたんですよ。
GM:まぁそんな感じ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
外国語ってムズいよね?
 GMもうろ覚えの意味不明語講座。
 
 メーア・フォン・ヴァイスハイト‥‥知恵の海(独)
 メーア・フォン・ムッター‥‥母の海(独)
 スヴィチーリシイ‥‥聖域
 ドークタル・スメールチ‥‥”死”博士(露)
 ドゥラーク‥‥馬鹿者(露)
 ジォーキル‥‥ジョーカー(露)
 スヴェート‥‥明かり(露)
 ハミリオーン‥‥カメレオン(露)
 スナーイピル‥‥狙撃者(露)
 
 ‥こんなもんかなぁ?抜けがあったらまた書きます。
 ちなみに明かりカメレオンはちゃんと本名イワン=ロドフスキーって決まってたんだけど、いきなりカメレオンなのがバレたため、出ずじまいになりました。あるある(笑)。
 
 
2013/01/23(水) 18:47:02 | URL | 陽 #CrH4daAY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。