TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月28日 (木) | Edit |
第5.5話 …1話分の話じゃないです。


 今回はGMが入院してたり、その間にGMのPCが熱暴走を起こしてネットに繋げなかったり…と事故が重なったため、「シナリオのネタはあるけど…」状態。
それならとりあえず、今までスルーしていたNPCとの話(リオリオの身元調べとか)をしよう、という話に。
そして、「お金&経験値稼ぎシナリオ」というわけで、エネミーを倒すだけの事をやるか、…と。

GMのICレコーダーに電池が入っていなかったので、私が持ってた電池(1個は新品だがもう1個は多分使いさし)を提供。
…その電池が悪かったと思われるのですが、このシーンは妙に早送りになっていて、全く聞き取れません。
私の記憶で適当に書いていきますので、他に思い出した方はコメなどで補足をお願いします。



フラン:ルシオン君のお見舞いに行こうと思います。1日のうちに3回も戦闘不能になったら、それなりに痛いんじゃないかと思いまして。
ルシオン:じゃぁ僕は病室で、包帯グルグル巻きになって寝てます。そんなに怪我してないけど、「やってみたい」って言って(笑)
フラン:そうなんですか。てっきり、治ったのにまた大怪我するような事をしたのかとか、「逃げるな」って簀巻きにされたとか思いました。「ルシオン君、怪我はどうですか?」と言って入ります。
クローム:俺も行こう。「よぅルシオン、元気?」
ルシオン:フガフガ。…口まで包帯を巻かれてるので、うなずくくらいしかできません(一同笑)
フラン:では、お花と一緒に副会長の写真を見せてあげましょう。「これ見て元気出してね」
ルシオン:ぱああああ(顔が輝いた音)
フラン:寝てても見れるように、天井に張っておきましょう。

フラン:それはそうと…お見舞いに来たのは、ルシオン君にお礼を言いたくて。「ルシオン君、前回の戦闘では、本当にありがとう。何度もかばってくれて…ルシオン君がかばって死んでなかったら、私は今こうして生きていませんでした」
クローム:ホントになぁ。
ルシオン:いやー、どうって事ないよー…と言えないので、ふがふが首を振ります。戦闘不能になるのは慣れているので。
クローム:「ルシオン、友達として言わせてもらうけどさー、副会長はやめとけよ
ルシオン:ふが?(首をかしげる)
クローム:「朝錬で戦闘不能にして放置するような女だぞ? 絶対ヤバイって」
ルシオンふがががー(激しく首を振る)
GM:まぁHPが1に戻ってるって事は、誰かが手当てしてくれたんだろうけど。
フラン:気が付いたら副会長が手当てしてくれて…とかいう展開があれば萌えるんですが(笑)
ルシオン:いつも練習が終わって気が付いたら、道場に一人で寝てるんですよ。それで、自分の流した血を雑巾で拭いてから出てくるんです(一同笑)
フラン:寂しっ!
クローム:ひっでぇー(笑)
ルシオン:でも副会長の剣を受けられるのは、頑丈な自分だけなので、ちょっと特別あつかいされてる気分。
GM:ん、まぁ特別なのかなぁ…?
クローム特別ひどい扱いされてるだけだ!
フラン:それは愛じゃないですよ!
ルシオン:そう言われると「そうなのかな」と思ってしまう、単純なルシオン君であった(一同笑)


クローム:あと、俺はこれから神殿に抗議に行きましょう。学生を冤罪で逮捕しといて、謝罪もなしか、ゴラァ!? と。
フラン:学長を通したほうが良いんですかね。
クローム:学長は当てにならん。
GM:んー…事件の事情聴取とかがあって、そこで一応謝罪はあったと思うんだけどね。
フラン:そうなんですか…あ、それじゃヤマさんがお見舞いに来るのはどうでしょう?
GM:ふむ、じゃぁ…。
クローム:俺はそれとすれ違いで、神殿に行こうかな(笑)
GM/ヤマさん:「具合はどうだ?」って包帯グルグル巻きか。「大丈夫…じゃなさそうだな」
フラン:大丈夫じゃないですよ!
GM/ヤマさん:「あーなんだ、そのー、すまんかったな。治ったら神殿に来いよ、メシでもおごってやる」
ルシオン:うんうんとうなずきます。
クロームおごるならセレスチャルヘルムでお願いします
GM/ヤマさん:「ぐっ…おれの月給じゃ無理だ…スマン」


ちょうどこの前に、みんなのお金をかきあつめて、ルシオン君の装備を買ったのでした。
(セレスチャルシールドなど)
セレスチャルヘルムは高いので、この時にはまだ買えてません。



フラン:あ、フランは生徒会を抜けようと思ってるんですよ。
GM:また何で?
フラン:フランが生徒会に入った理由っていうのは、兄を探すため、早く卒業しようと内申を稼ぐためなんです。
クローム:内申を稼ぐためにやりたくも無いのにやってた?
フラン:いや、生徒会の活動は自分にとってもプラスになったんでしょうけど。それで、兄が学園に入ってきたので…。
クローム:早く卒業するのは無意味だと。
フラン:そうそう。おまけに、生徒会の仕事が忙しくって兄に会う暇も無いのは困るなーっと思いまして。生徒会長に言いに行こうと思います。抜けない方が良いですか?
GM:なるほど…急に辞めるって言って辞めれるモンなのか? いや、生徒会を抜けるイベントは後々用意してたから、それは構わないけど。
フラン:ああ、抜けるイベントがあったんですか。
クローム:じゃぁそれが来るまで待てば良いんじゃない?
フラン:そうですねー。
スポンサーサイト

2008年08月29日 (金) | Edit |
ルシオン:お二人の行動が終わり次第、僕は怪我が治った事にしますよ。
フラン:じゃ、どうしましょう…リオリオですが。
クローム:どうしよう。
フラン:マスター的には、どうしておかれると困る…とか言うのはありますか?
GM:…んー。
ルシオン闇討ちとかされたら困りますね
フラン:それは困りそうですね。とりあえず、一応殺す…じゃない、殺さない(一同笑)
クローム:一応殺すんだ(笑)
フラン:ん、んんっ(咳払い)…とりあえず、「お前もうついて来るな」って言って、「目的があるなら言えよ」と聞き出してみようかなと。
クローム:まぁね。クロノクラインの秘密をどこで知った、とか。
フラン:確かに、そこも聞かないといけませんね。
クローム:それか、ローズにあの薬をいっぱいもらってきて、会うたびに飲ませるとか(一同笑)
フラン:それ良いですね、いい考えです(笑)
クローム:それで、「セットアップに使ったら行動値が2ば…」「それは前に言ったぁ!!(ビシッ)何か別の事を言え!」と、当たりが出るまでリセットを繰り返す。
ルシオン:薬漬けになりそうですね。
フラン:薬漬けになったらなったで、今度は禁断症状が出ると思うので、「そうかコレが欲しいかー欲しいなら喋りなさい」と。
クローム:やばい、やばい!
ルシオン:尋問によく使われる手ですね。…では、リオリオの扱いを決めるくらいですね。
クローム:扱いなぁ。シナリオにはあった方がいいと思うし。
ルシオン:何らかのヒントを持っているキャラなのか…あるいは、本当にただの邪魔キャラなのか(笑)
フラン:それは無いでしょうねぇ。
クローム:クロノクラインの秘密を知っているのがリオリオだから、最初にクロノクラインの事を学長に教えて、俺たちに取りに行かせたのは多分リオリオなんだよね。
ルシオン:なるほど~。
クローム:未来人っていうのは言い過ぎだけど、俺が耳のせいで「ほがー」ってなって、何かするのを知ってて、それを抑制するために学園に来て、クロノクラインが要るからって学長に言って、取りに行かせて…それで、そのまま俺につきまとって監視してるんだと思うけど。
ルシオン:お目付け役ですね。
クローム:そこまで分かってるから、「絶対ついてくんな」って言ったらシナリオが破綻しそうだし、かと言って毎回出て来られて毎回邪魔されるのも、それはそれで困るんで。
ルシオン:「ついてくんな」って言われて、それでもついて来るなら、その事実から何か分かるかもしれません。ついて来ないなら、そこまで監視しなくても良かったのかも知れないし。
クローム:そこら辺も何とも言えない所で。
フラン:ですね、隠れて監視に切り替わるかも知れません。
ルシオン:露骨につきまとわれるよりは、精神的に楽かも知れませんよ(笑)
クローム:そうかぁ?
GM:そうか?
ルシオン:気づかなかったら、ですよ。
フラン:気づいたら殺すって言っておけば良いんじゃないですか? …でも、そこまで言うとシナリオ的に困りそうなので、リオリオがある程度の所まで吐いてくれるのが、こちらとしてはやりやすいんですが。
クローム:うん。行動がもうちょっとPLに協力的なら、まだ分かるんですけど。いちいちPLを陥れようとしてる所が、コイツ敵なんじゃないかなーと思わせるところで。せめて前回もちゃんと神殿の兵士を呼んで来てくれてればね。
ルシオン:クロームさんが、めちゃめちゃホントに死にそうになった時にどう動くかですよね。あと、こう(剣を刺すしぐさ)やられたら死ぬって時に、どうするか。…って、前回、リオリオ屋敷に来てましたっけ?
フラン:ブリガンを引きずってくれてましたよ。
ルシオン:あー、やってたねー。
フラン:神殿に駆け込んで、私たちの耳にもブリガンの事が届くって話をしてたじゃないですか。でも私たちしか出なかったので、リオリオは何らかの理由で神殿に入りたくないのかとも思ってしまいました。
ルシオン:…迷うなら、現状のままでも良いと思いますが。
クローム:まぁなぁ。相手にしないようにして、様子見しても良いけど。
フラン:良いんじゃないですか?
クローム:ホントに?
フラン:まぁ私は、ここから露骨に敵対行動に出ますが(一同笑) …もう言っちゃってるんで、変えないですけど。
GM:シナリオを変えるってのも、出来なくはないけどなぁ…。
フラン:別に難しそうなら良いですよ。リオリオがつきまとうちゃんとした理由があって、それを今少しでも言えるなら、いくらか誤解は解けるんでしょうけど。ただ単に「愛してる」から引っ付いてる、って言うならやっぱり「死んでくれ」って言うしかない(一同笑)
ルシオン:どっちにしても殺す…。
クローム:これはやばい。
GM:リオリオの口から理由は言わないだろうなぁ。
フラン:やっぱり「死んでくれ」しかないか。
ルシオン:誰かから「言うな」って言われてるのかも知れませんね。
クローム:まぁな。そこの所はまだ分からないが。
フラン:でも実際、本当に嫌われるってのが分かったら、そこそこ言うんじゃないかと思うんだけどね。…どうなんだろ。
クローム:まぁとりあえず、これで四六時中付きまとうって事は無くなるんじゃないのかね?
ルシオン:前までのシナリオを見る限り、朝ごはんを食べてたら出てきてて、夕方もいっしょにいましたね。
フラン:寮を出た所からいっしょにいるそうなので。
クローム:[隠密状態]のまま寮を出ても常に一緒ですって言われたら困るじゃん。
フラン:撒けもしない。
クローム:どうしろって言うんだコイツ、サバスと一緒かよ、って感じだから。
ルシオン:じゃもう少しこのまま行ってみます?
フラン:寮を出た所で[感知判定]って炙り出して、そこからは[隠密]にならずに撒く、と。
クローム:それはアリだな。


GM:では、どうも最近はリオリオと余り会わないようになった、という事で。
クローム:そうですね。
フラン:嫌われてる事が分かったみたいで。良かった良かった(笑)、とフランは一人で結論付けてます。
ルシオン:会わなくなったと言うか、会いに来なくなったと言うか。
フラン:普通にクラスメイト程度の距離になった?
クローム:まぁそれくらいなら。
ルシオン:先生に、そろそろ単位がヤバいとか言われた。
クローム:それは俺もヤバいデス…。
ルシオンそういうのを気にしてるようでは、まだまだ僕のレベルには至れないですね(一同笑)
クローム:いや、至らなくていいから。
フラン:ルシオン君、今何回生なんでしたっけ?
ルシオン:実はそんなでも無いはずなんだけどなー。
フラン:12歳で入学して、今16? 17でしたっけ?
ルシオン:いや、18にした。
フラン:もう6回生ですよ、7年制の学校なのに(笑)
ルシオン:おかしいなー。でも、まだ全然。
GM:下がる男みたいに、3年生やった後に2年生に戻ったとか。
ルシオン:(優しい声で)「ちょっとキミに3年生の授業は難しすぎるみたいだから、1年戻りー。こんな事学園で初めてだけど、1個学年下げるわ」(笑)
クローム:何でそんな、かわいそうなものを見るような声なんだ。
フラン:「今日からもう1回2回生をやる事になりました、ルシオンです」って。
ルシオン:学園からしたら、不祥事とまではいかないものの、こんな生徒を作り出してしまったのは…ちょっと。
クローム:これはやばい。
ルシオン:…まぁ、私の事はお気になさらず。

フラン:ではそんな感じで、リオリオが来なくなったなら放置で良いのでは。
クローム:でしょう。シナリオ的に、要る時だけ出してくれれば。
GM:じゃぁ、アルヴィンあたりからの噂で、そうなった後リオリオは何かあっちこっち調べ物に回ってるという事を聞いた…という情報を与えといても良い。
フラン:まぁ、前からですよね。調べ物って。
ルシオン:新聞部の取材かもしれない。
フラン:そろそろ新聞出るんじゃないですか? …というか、新聞が出なかったら部活として認められないのでは。
ルシオン:確かに。活動してないとみなされるもんね。
フラン:まだ、同好会レベルだと思うんですけど。
ルシオン:自称・新聞部。
クローム:部員がいないんじゃ仕方ない。
ルシオン:一人で記事書くのから印刷からやってたら、結構すごい事になりますね。
クローム:この世界、印刷あるんだっけ?
フラン:印刷はありますよ。
GM:本があるくらいだから。
フラン:トラベルガイドも量販されてるくらいです。
クローム:そうだったな。すごいー。
ルシオン:版画ですかね。
フラン:活版印刷なんじゃないかと思うんですが。アルファベット程度なら活字が難しくないでしょうから、共通語なら活版印刷で出てるんじゃないかな?
ルシオン:グーテンベルク聖書ですね。
クローム:何だ? それ。
ルシオン:世界で始めて印刷された聖書です。


活版印刷
 リアル世界では、中国で11世紀頃に発明された。
 文字を木や金属のスタンプ(活字)にして、それを組み合わせて印刷するというもの。
 日本では縦書きの文字(当時は全て筆文字で、ブロック体みたいな字体がなかった)を活字にするのが大変だったので、技術が伝わったが明治時代まで普及しなかった。
 ヨーロッパでは15世紀半ばにグーテンベルクという金属加工職人が活版印刷の技術を統合し、それから普及したそうなので、あながち間違いではない…かも。

2008年08月30日 (土) | Edit |
フラン:じゃぁ、「人型の怪物討伐依頼」(The Golden Lore)でしたっけ。
GM:人型の怪物!?
クローム:人型じゃなくて魚型だろう。

人型の怪物

GM:今回は普通の退治シナリオにしようかなー…。Lv20くらいなら大丈夫かな。
フラン:1体なら。
ルシオン:こないだのベヒーモスって、いくつでしたっけ?
GM:26かな。
ルシオン:26か…でも、ちょっと硬くなったから大丈夫かも。
クローム:今ならな。当時だったら、フェイトをフルに使っても無理でしょう。
GM:ギルドスキルも残ってて…。
クローム:それでも能力値どおりなら無理でしょう。HPが1/10なら何とかなるけど。
フラン:裸(防具無し)銀レウスくらい?
クローム:裸銀レウスの方がマシだ。


銀レウス
 モンスターハンターシリーズに出てくる飛竜、リオレウスの希少種。銀色なので銀レウス。
 希少種なだけあって、そこそこ強くならないと戦えない。
 防具なしだと(攻撃の種類によるが)一撃死。
 食玩か何かの銀レウスが卓上に置いてあったので、何となく言ってみた。


ルシオン:あ、僕HPがあと5多いんでした。レベルが上がった時に、《インテンション》で増えた分を足してなかった。
フラン…フォルネウスが次に、いつ出てくるかですね。近々出てくるなら、大幅パワーアップを遂げないと無理ですよ。
クローム:もう1レベル上がれば何とか。
GM近々どころか、次回出てくるんだけど
ルシオン:ではこのシナリオで、出来るだけ経験値を稼がないと。全員1レベル上がったら、ギルドも1レベル上がるんですよ。
フラン:ですね。1レベル上がってクラスチェンジできる所まで行けば、大分強くなりますね。…そこまで行ったら私はモンクになろうと思ってます。もう無理。HP36で生きられる世界じゃない
クローム:確かにな。キャラ作り直したら、もうちょっとどうにかなるんだろうが。
フラン:フォルネウスが何とセットで出て来るか、にもよりますね。カーバンクルとセットならやっぱり「むがー」って事になるだろうし。《耐性:転倒》でも取りますか、って勢いです。
クローム:それは良いかもな。前回より弱くなるって事は考えにくいから…んー、やっぱりキャラを作り直す(笑)

クローム:(ごそごそ)お、前回のMAPが出てきた。
ルシオン:おお…これ見てね、何で気付かなかったんだろう? って思いました。
クローム:やっぱり地図が無いとな。早めに出して、みんなに見せれば良かった。
ルシオン:僕の認識なんて、「学園内を魔物がウロついている」でしたからね(一同笑)
フラン:私もそんなもんでしたけどね!
ルシオン:魔物は何故か、夜にしか姿を現さない。どこに隠れているんだ?
クローム:やばいぃぃ。


GM:(エネミーガイドを見て)ケルピー、Lv16のモブ。何匹倒せるかの耐久レース
フラン:おお、ケルピー。
ルシオン:増援が現れた。増援が…。倒せた数×いくら、ってお金がもらえれば。
GM:ドロップ品をあさります。
フラン:わーい。
GM:倒せば倒すほど、経験値もお金も手に入る。ロアセル湖に大量発生したので、神殿から退治の依頼が来たという事で。
クローム:(エネミーガイドを見て)結構強いですね。
フラン:でも[水]ですから。《ファイヤウェポン》でそこそこ戦えると思いますよ。
ルシオン:どんなヤツですか?
フラン:魚に馬の足がついてるんです。
クローム:顔も馬だ。
ルシオン:あー…ここまで来てお前まだこだわってるの? って言われるとアレなんですけど。アリの形のモンスターっていません
GMアリ!?
ルシオンアリだーっ!!
フラン:確かに、大量発生してもおかしくないですね。
GM:エネミーとは言っても、…アリってこんなレベルだからなぁ。
ルシオン:いえ、良いですケルピーで。僕が「アリだー」って言いたかっただけなんで。
GMインフェストアント…レベル3を50モブとか(笑)
フランちょっとキモいからやめましょうよ。ケルピーで良いですよー。
クローム:ケルピー、結構強いもんな。
ルシオン:ケルピーの背びれをいっぱい手に入れれば、お金が貯まりますよ!
GM:レベル的に良い殴り合いになるんじゃないかな。
フラン:では平均値を出してみましょうか…《コキュートス》で命中4D+6のダメージが18Dですね。《引き寄せ》もあるから、そこそこイヤらしいですね。18×3.5…
GMダメージは1D=4で計算してもらった方が良いかと(笑)
クローム18Dなら80くらいは来るから
フラン:4かけたら72ですね。
クローム:ルシオン以外は1撃圏内だな。
GM:攻撃の仕方と攻撃対象は、ランダムにしようか。奇数が武器攻撃、偶数が魔法攻撃。対象はランダムで。
フラン:《マジックブラスト》も持ってますから、一応範囲攻撃もできますね。
GM:MPが105で、コキュートスのコストが12なんで、そんなに連発出来ないよ。1モブずつ相手にするから…で、戦闘後に回復は1回のみ、くらいで。耐久レースだもんな。
フラン1匹倒したら、かかった時間ごとにライフが回復する…格ゲーのサバイバルモードみたいに。5ラウンドまでに倒さなきゃダメで、1ラウンド残すごとにHPとMPがちょっと回復するとかどうでしょう(笑)
GM:なるほどなー、それも面白いな。さっさと倒せば倒すほど、次の戦闘が楽になる。
フラン:でも、制限時間内に倒さないと、タイムアップで逃げられてしまう。
ルシオン:逃げられたら経験値も入らないですね。
GM:ルシオンの最大ダメージって?
フラン:いつも45点くらい出しますね。
ルシオン:《スマッシュ》《バッシュ》で、50点行ったら良い方ですね。1回だけ《ボルテクスアタック》使えますが。
フラン:やばくなったら、早く終わらせて回復する為にそういうのを使う、くらいですね。
GM:クロームの攻撃力は?
クローム:30点くらいですね。攻撃にスキルを回す余裕が無かったので、未だに《サプライザル》が3レベルですから。
フラン:毎回、シーンが変わるんですよね? 毎回《ファイアウェポン》をしなきゃいけないんですね。
クローム:それは仕方ないだろう。相手の方が早いから、毎回付与を待ってから殴れば良い。
フラン:《ヘイスト》や、クロノクラインでお兄ちゃんだけは先手を取れるでしょうけど。
クローム:俺だけ取っても仕方ない。


GM:「全部で何匹」にする? それとも、「総合計100ラウンド」とかにする?(笑)
ルシオン:自分らが全滅するまで(笑)
フラン:実時間制とか。今4:21なんで…あるいは、向こうの卓が終わるまで。
クローム:まぁ6時までかな。
ルシオン:向こうの卓が終わるまで…で、始めた直後に向こうが終わるんですね(一同爆笑)
GM:あ!? ちょ、まっ!
フラン:まだ1匹も倒して無いから! もうちょっと長引かせてー!
ルシオン:まぁ、実時間で1時間半もやれば十分ですね。
フラン:それ以上やったら飽きますよ。
GM:俺もしんどい。
ルシオン:毎回同じ作業になりますからね。
フラン:では、魔獣をレベル1からやっていくとか…。って最初の方がタルいよねぇー。
クローム:あるいは、前回出てきたマンティコアくらいから、前回出てきたヤツを1匹ずつ倒すとか。
フラン:カーバンクルとサシでやってみる。
クローム:それは負けるんじゃないかなー。
GM:サシならやれるんじゃない?
クローム:いや、負けると思いますね。行動17だからぶっちぎりだし。
フラン:《見切り》2も持ってますよ。
クローム:《サモン・アラクネ》も持ってるし。
フラン:やめといた方が無難な相手ですね。
クローム:ドラゴンスネイク、マンティコア、グリフォンでケルピーで終わるくらいですかね。
フラン:フレイムホイールは?
クローム:無理でしょ普通に。
GM:フレイムホイールくらいなら、三人で戦えば…1回なら。
クローム:マックスならいけるでしょうけど、それだけ戦った後なら無理なんじゃないですかね。
フラン:まぁ…ケルピー耐久レースの方がマシかな?
GM:レベルが5・6・6だっけ。
クローム:ええ、レベル的にはフレイムホイールもやれますけど、属性相性が悪いですし。
フラン:それに、私たちは想定されているより装備が弱いので、ちょっとつらいと思います。
GM:レベル1ずつ低いくらいに考えた方が良いか。
クローム:それに、俺が戦闘にほとんどスキルを振ってないので、戦力外ですから。
GMランダムダンジョンのバトルイベントを延々やる、とか(笑)
フラン:どんなんがあるんでしたっけ?
GM:でもコレね、そんなに回数出ないだろうと考えて、1回1回の戦闘はそこそこ強いのが出てくるからな。マンティコア×4とか。
ルシオン:強いですね!
フラン:何スか、それ(笑)
GM:レベル4でグレンデルも出るのか…すごいな、これ。
フラン:でもね、「魔を貫くもの」でしたっけか…ノエルの番外編でやってた、ランダムダンジョンのリプレイ。アレもひどかったですよ。
GM:あれ、レベル1からだったしな。
フラン:ええ、レベル1に合わせてアレって事は、他もキツイって事でしょ(笑)
GM:戦闘だけが起こったら無理だな。他が出るって事になってるから、こういう事になってるんで。
フラン:まぁ、やめときましょ。
クローム:じゃケルピー耐久レース?
ルシオン:大量発生は、シナリオとしてもアリですね。
GM:ヤマさんとの繋がりも出来たので、神殿からの依頼も来易いという事で。

2008年09月01日 (月) | Edit |
GM:では…ホワイトボードに。(HPなどのデータを書き始める)
ルシオン:大量発生したモンスターのデータが分かってるっていうのは、神殿がデータをくれたって事でしょうかね。
フラン:ありそうですね。「コイツらが大量発生してるんだ」
ルシオン:(コマを配置しつつ)ケルピーは青ですか。
GM:ケルピーはこれ(と、先ほどの銀レウスを置く)
ルシオン:これってモンスターハンターでしたっけ。
フラン:ええ。どうみても竜ですが…。(翼を動かして)あ、翼取れる?
クローム:(翼を取って)おお、それっぽい。
ルシオン:足は取れないんですか? 何か分からない物体になりそうですが。
GM:まぁ足は残しとこう。
ルシオン:羽根のとれたドラゴンのようなもの。
フラン:すごい良い所を部位破壊しましたね。
ルシオンこの羽根、ルシオンの羽根にしよう
クローム:でっか!
GM:かなり邪魔になりそう(笑)

第5.5話戦闘配置図


GM:戦闘開始は何メートルからにする?
フラン:船で来てるんですかね? 船の上で戦うとか。
GM:船はあるけど、飛ばないと途中行けない所がある…。んー、厳密に考えるとアレだしなぁ。神殿から特別なアイテムを貸してもらった。
クローム:飛行状態になれるアイテムとかで良いんじゃないの?
ルシオン:そのアイテムを、討伐して帰りになくしてしまいました…って自分のものにする(一同笑)
GM:物語のお約束として、便利アイテムはそのシナリオ中にしか現れませんから。
ルシオン:次には何故かなくなってるんですね。
フラン:きっと、1日しかもたないアイテムなんですよ。
ルシオン:アイテム効果欄に、「8/21で効果消滅」とか書いてあるんです(一同笑)
フラン:呪符みたいなものなら良いんじゃないですか? 使ったらずっと飛んでいられるーって。
ルシオン:1シナリオ有効。
フラン:多分、私たちだけじゃなくて、学園内の他の人にも討伐の依頼が来てるんでしょうね。
GM:うん。あちこちに声がかかってる。
ルシオン討伐数コンテストが裏で行なわれています。
フラン:裏で! きっと賭けが行なわれてるんですね。



 まずは1匹目。

GM:では、第1グループのケルピーが出てきました。セットアップは?
クローム:《マジブラ》《ファイアウェポン》待ちだから、やる事ないな。
GM:ではこちらから行きます。(ころ)まずは《コキュートス》から。
フラン:あ…私たちって、全員エンゲージしてたんですかね? 私は離れてれば良かった。
GM:どうする?
フラン:今から「離れてました」がOKなら、離れてます。
GM:良いよ。
フラン:じゃ(コマを動かす)
クローム:…ルシオンの羽根(かなりでかい)のせいで、エンゲージしてるみたいに見えるな(笑)
GM:では…2エンゲージなんで、奇数と偶数?
フラン:1/3ずつじゃないんですか?
GM:あ、そうする? そうしたら、ルシオンとクロームのエンゲージの方が食らう確立高くなるけど。
フラン:え…その方が良いんじゃないですか? ダメですかね。
GM:いや、それで良いならそうします。(ころ)ではルシオンとクロームに…19で。
ルシオン:(ころころ)一桁なんで無理です(笑)
クローム:フェイトを2点使って避けましょう。5Dもあれば…おー(ダイス目が1・1だったが続いて5・5だった)、避けました。
GM:ダメージ行きます(ころころ)6は少ない。
フラン:5は多いじゃないですか(笑)
GM:64点の魔法ダメージです。
ルシオン:放心はインデュアで。


 それを《プロテクション》で軽減、クロームは待機して《マジックブラスト》《ファイアウェポン》から反撃。


クローム:…フェイトを1点消費して、キャリバーを出しときましょう(一同笑)
フラン:そういえば、そんなものが。


 ルシオンは移動して《バッシュ》。
 《見切り》などを持っていないケルピーだが、元の敏捷値は高い(10)…がギリギリ当たった。


ルシオン:ダメージは45点。
フラン45点入りまーす♪
GM:あ、そうか。防御関係ないじゃん、俺…(ホワイトボードに)書いてるけど(笑)


 クロームの《ディスアピア》《サプライザル》で30点のダメージを与え、2ラウンド目に。


GM:楽勝ペースだな! 次はクロームに《コキュートス》!
クローム:回避しましたー。
GM:何ぃ! 《バタフライダンス》が効いてるな。
クローム:じゃ、また《ディ》《サプライザル》。命中はクリティカル!
GM:(ころころ)惜しい、半分クリティカル
クローム:いやいや、6が1個出ただけですから!


 これでHPが30点残り、ルシオンに《ヒール》、そしてルシオンが…


GM:さくっとトドメを刺してください。
ルシオン:これなら《バッシュ》だけで良さそうだ。18で命中です。
フラン:2Dで8が出たら避けますね。
GMごっめーん!! 11出た!
ルシオン:避けられたぁ。


 3ラウンド目、クロームは命中をフェイトを使って振り直し、命中させる。


GM:期待値で30点ちょうどだね。
クローム:(ころころ)これは微妙か…む、28点!
フラン:ああー!
ルシオン:惜っしい~。


 そしてルシオンの攻撃は…


ルシオン:14って! これはフェイトで振りなおします。18です。
GM:(ころころ)ごめん! さっきと同じ出目で回避だ。
ルシオン:避けられたぁ…。
フラン:じゃ、私が…《ギフト》《マジックサークル》《ウォータースピア》で。低っ…16です。
GM:ちょうど避けた。


 そして4ラウンド目。とうとうクロームの《ディスアピア》《サプライザル》でケルピーは死亡。


GM:では、今回は5ラウンドから1ラウンド早く倒せたので、HPとMPが1Dずつ回復します。
フラン:あ、ファミリアを解放しとこう。MPの回復が1って(笑)



 そんな感じで、2体目。


GM:あ、今度はフランに《コキュートス》。
フラン:来たーッ! キャー、魚よ魚ー。逃げてー、《ガーディア…(一同笑)
クローム:早い、早い!
GM:魔法の方が当たりにくいんで…まぁ、ユニットが避けにくいもんな。(ころころ)ごめんクリティカル。
フラン:いえーい、3のゾロ目だぜー。
ルシオン:ダメージが20Dになりました。
GM:ダイス足りないや。
フラン:私の、さっきから1を出しまくっているダイスをお使い下さい
GMダイスの影響なのか、人の影響なのかがここでわかります。
クローム人の影響でしょ
GM:(ころころ)ありがとう、6(フランのダイスで6が出た)。
フラン:…何で6なんか出してるのよ。
GM:72で。
フラン:48+《プロテクション》までは耐えられますけど。それは耐えられないなぁ。
ルシオン:《プロテクション》で25出したら耐えれる。
フラン:4Dで25は出ませんよー! カミュラさん(リプレイ「ハートフル」のアコ。良い所で良い出目を出す人)じゃないんで。《ガーディアン》かな…。
ルシオン:「あぶない!」(《カバームーブ》)しましょか。
フラン:ありがとうございます。


 魔法防御が11になったルシオン、《プロテクション》軽減の分と合わせてHPは半分くらいに減ったがまだ大丈夫。
 また《マジブラ》《ファイアウェポン》から攻撃開始。


ルシオン:移動して《バッシュ》、クリティカル!
GM:おー。回避は、クリティカらない!(一同笑)
ルシオン:51点!! やっぱりクリティカルすごい。


 クロームは《ディスアピア》《サプライザル》。
 それも当たり、2ラウンド目。
 フランに《コキュートス》が当たり、


GM:では祈ってください、呪ってください。ダメージが(ころころ)…呪われた?
フラン:これなら生き残れるかも。
GM:ぴったり60点!
フラン:60なら、12点防いだら行けますので…。
クローム:微妙だな。フェイト使っとけば?
フラン:フェイト1点使いまーす♪ 出ました。HPが10点残りましたよー。
GM:[放心]だけど…フランには余り関係ないかな。
フラン:分かりませんよ、ここで《ヒール》って言って1が出たらいきなりファンブルです(笑)
クローム:じゃ《ディ》《サプライザル》で…もう次はMPが足りないな。
GM:ギリギリ当たりました。
クローム:ダメージ、低い!
フラン:では《ヒール》…1は出ませんでした。HP36点!
GM:でも一撃圏内だね。
フラン:全快ですから。って事は常に一撃圏内です!
GMそうでしたか、ごめんなさーい!(一同爆笑)
ルシオン:お前(ケルピー)も一撃圏内だ!
フラン:頑張れルシオンー!
クローム:頑張れー!
ルシオン:19で命中。
GM:それはさすがに…18で当たり!
ルシオン:あっぶな!
フラン:コレで当たらなかったら、ブーイングもんですね。
ルシオン:ダメージ、45超えました。
フラン:ぎぃぃやぁぁ。では2ラウンド目で撃破ですね!


 そして3D回復する一同。


フラン:何でMP回復する時は、1が2個も出るんですか…!



 そして3体目。
 ケルピーがクロームに武器攻撃を命中させ、大ダメージを与える。
 また付与、そしてルシオンは最初からエンゲージしているので、《スマッシュ》《バッシュ》。


ルシオン:クリティカル!
GM:何だと!? 2ゾロだ!
ルシオン:53点ですね。


 クロームは《クイックアクション》でマイナーを2回使い、《フェイドアウェイ》でエンゲージを離脱、《ディスアピア》《サプライザル》で31点のダメージを与える。
 そして2ラウンド目、ルシオンにクリティカルで攻撃するも、更にルシオンがクリティカルで回避。


ルシオン何で今日に限って、こんなにクリティカルが
フラン:前回出れば(笑)
クローム:前回出ればなぁ、もうちょっとなー…。


 そしてクロームの《サプライザル》は当たり、ルシオンは《ダンシングヒーロー》を使ってクリティカルで攻撃。
 哀れ3体目のケルピーも、海の泡に消えていった。


GM:残り実時間は45分。
ルシオン:もう半分過ぎましたか。
フラン:ちょっとお手洗いに…
GMその間にも時間が過ぎて行っている!!
フラン:ああ、あああー(わたわた)
ルシオン:では無駄を少なくするために、僕も行ってきましょう。
GMではGMは、無駄を作るために後から行きます(一同爆笑)


…そして5分くらい経過。


フラン:(ICレコーダー)…動いてる?
GM:しまった、止めてなかった!

2008年09月02日 (火) | Edit |
 では4匹目~。


フラン:では4匹目がピチピチ出てきたという事で。こいつ、ヒヒーンって言うのかな?
クローム:さあ?


GM:ルシオンとクロームに《コキュートス》。命中は30で。
ルシオン:踊って…(ころころ)…ファンブルは回避できましたよ、踊ってたおかげで(笑)
クローム:ここは《インタラプト》かなぁ。
GM:《インタラプト》は、一応命中を振る前なんだけど…。
クローム:悩んでる間に振られちゃったんで。まぁ回避しときますか。…うん、無理です。


 クロームに《プロテクション》を張るも、二人のHPは20以下になる。


フラン:まぁ、《ヒール》より付与ですね。かかりましたー。
GM:《マジブラ》《ファイアウェポン》がファンブルとかしたらどうなるんだろうねー。
フラン:フェイトで振り直しますよ!(一同笑)
ルシオン:HP12点じゃ危ないかな…まぁ、僕に攻撃来るとは限らないか。移動して踊って《バッシュ》。
GM:それはかわせない。
ルシオン:お、ダメージでっかいですよー! 49点!
GM:でか! それは痛い。
クローム:拙者はそろそろMPを温存するために[隠密状態]になって終わります。
ルシオン:思い切って僕とエンゲージして、《マジブラ》《ヒール》もらいますか?
クローム二人して《コキュートス》もらってバァン!(一同笑)
ルシオン:本当だー。
フラン:まぁ、向こうの方が早いので、[隠密]になっておけば次のラウンドは攻撃食らいませんし。
ルシオン:僕が耐えれるかわかりませんけどね(笑)
フラン:いざとなったら《ガーディアン》しますよ。
クローム:その前に《蘇生》もあるしな。二人して減ってるから。


 2ラウンド目。
 ルシオンに武器攻撃をするケルピー、ギリギリ当たってしまう。
 《蘇生》をはさみ、《プロテクション》で軽減。…ここでフランのMPは半分を切っている。
 クロームの《サプライザル》は当たったものの、ダメージダイスが1・1・2・2・3という低さ。


クローム:何だこれ…。MPがあと10点しかないから、《ディスアピア》も使えない。
フラン:じゃ私はルシオン君に《ヒール》。
ルシオン:僕も攻撃します。
GM:当たり。
ルシオン:ダメージ…低いぃぃ。38点。
フラン:さっきからみんなのダイス目がボロボロです。
クローム心配しなくても、俺はいつもこれくらいだ


 3ラウンド目。
 またルシオンに武器攻撃。
 当たったが、ダメージダイスが走らなかったので、《プロテクション》より《ヒール》の方がMP効率が良いので《プロテ》はスルー。


クローム:ルシオンを硬くしといてよかったな。
フラン:コイツって、馬のひずめで殴ってるんですね…てことは、ルシオン君の顔にU字のアザが(笑)
クローム:ひどい(笑) ひずめの跡が。で…俺は待機しておこう。
ルシオン:僕が当てれたら一発で沈みますね。
フラン:では、先に《ヒール》しましょう。今度は良いな、36点回復です。
ルシオン:じゃ攻撃…当てるぞー。(ころころ)あー微妙、17。
GM:(ころころ)ぶっ。
クロームまた11振ってるよ、この人ー
ルシオン:じゃ、フェイト1点だけ使って…振り直し(ころころ)あ、無理かも。15です。
GM:(ころころ)お! 低い、13!
ルシオン:え!? やった、当たった!
フラン:おおー!
GM:なんてこった。
ルシオン:絶対無理だと思ったのに(笑) ダメージは…38超えましたね、殺せました。



 それぞれ2Dずつ回復し、5匹目へ。
 この時点で残り実時間は30分を切った。


GM:《コキュートス》をフランに。
フラン:えーと、10くらいで回避(笑)
ルシオン:「あぶない!」する気マンマンですよ。HPがほぼ満タンですし。(コマに付けたレウスの羽根をフランの前に移動させて)羽根だけ動いて《カバームーブ》。
GM:羽根がダメージ拾ってくるのか。(ころころ)1がいっぱい出てるなー。
クローム:6もそれなりに見えますが。平均くらいになるんじゃないの?
フラン:平均ならバンザイじゃないですか。
クローム:確かに!
GM:…61点。
フラン:《プロテクション》…ぶ、9?
ルシオン:41点食らいました。
フラン:では付与…かかりました。さっきから、《ファイアウェポン》は良い出目でかかってます
クローム相変わらず無駄だな
ルシオン:ピンゾロ以外なら何でも良いのにね(笑)
GM:《ヒール》は結構ギリギリの出目でかかってるのになー。
ルシオン:では僕は移動して踊って《バッシュ》…クリティカル!
クローム:おー。
フラン:ルシオン君、今回輝いてますね。
ルシオン:お金のために頑張ってます(一同笑)
クローム:キラキラキラ…。じゃさっきMP回復したのが多かったので、《ディ》《サプライザル》18ですよ。
GM:(ころころ)ごめーん、また11出た
クローム:ここはフェイトを使っておきましょう。(ころころ)クリティカル!
GM:それは当たり。
クローム:(ころころ)何だこの出目はー。7D振って19って(笑)
フラン:ナンダコノ出目ハー!


 そして2ラウンド目。


GM:《コキュートス》をルシオンに…お、これはかわせるかもしれない。14!
ルシオン:14ですか!
GM:希望の持てる数字だ。
ルシオン:踊って11以上…(ころころ)はははー。
フラン:それは、フェイト使って振りなおす?
ルシオン:フェイトはドロップに置いときたいんですよね。…いただきます(笑)
GM:では、おあがり下さい(ころころ)…ごめん、何かでっかい。ピッタリ70点。
ルシオン:《プロテクション》で6以上出してくれたら生き残れる。
フラン:えーと…で、出たよ。10。
ルシオン:7点残りました。
クローム:じゃ、残りMPを2点にして《ディ》《サプライザル》。
GM:そろそろ《祝福》かな。当たりです。


 ケルピーの残りHPが35点。
 《ヒール》の後、《スマッシュ》《バッシュ》…はハズレ。
 3ラウンド目に持ち越される。
 《コキュートス》がクリティカルでクロームにヒットするが、


フラン:さっき役に立たなかった呪いのダイスをお使い下さい。
GM:ダメージは72点。
クローム:おお、1点残りました。


 呪いのダイスがちょっと効いた…のかも。
 どうせ《祝福》を使う事になるのでクロームはルシオンと共にエンゲージし、《マジブラ》《ヒール》。


ルシオン:じゃ、僕ですね。
GM:何としても当ててください。
ルシオン:ここは、最後の《ダンシング》で攻撃します。
GM:当たりましたー。
ルシオン:ダメージは大丈夫、35出ました。
クローム:そろそろ、スキルを使いまくって速攻倒した方が良いかも。


 そして回復後、6匹目。残り14分。
 クロームに武器攻撃がヒット。
 付与の後のルシオンの攻撃は回避され、《祝福》をはさんでクロームの《サプライザル》…はギリギリ当たり。
 2ラウンド目、クロームの攻撃はヒットするものの、ルシオンの移動攻撃(ケルピーは武器攻撃→フランを選択、を振ったので、エンゲージから離脱で終了していた)をは回避される。
 3ラウンド目、クロームはまた攻撃をヒットさせる。ルシオンは《バッシュ》の命中を振り直してまで当てに行ったものの…


GMごめん! 我ながらヒドイわ
フラン:…じゃ、4ラウンド目ですか。
GM:ではクロームに《コキュートス》。
クローム:回避(ころころ)わー! 1・1・1、ファンブったっ!
フラン:兄さんがそこでこけました。お兄様、にいさまー!?
クローム:まぁ、ファンブルしたからって普通に失敗と変わらないから良いよ(笑)
ルシオン:ファンブルで1の出目が出ただけ、相手のダイスが増えたりしたら嫌ですね。相手がクリティカルしてたら更に。


 クロームは待機、《ヒール》の後にルシオンの攻撃。これはハズレ。
 そして[放心]をくらっているクロームの攻撃は、同点で回避。
 実時間はあと5分で、5ラウンド目に突入。
 ケルピーはルシオンに攻撃。


フラン:今日はじめて《プロテクション》で期待値超えましたよ!(笑)


 またクロームは待機、《ヒール》の後にルシオンの攻撃…は。


ルシオン:あ、これはダメですね。フェイトを使って振り直しましょう…(ころころ)(一同爆笑)
フラン悪くなった!
クローム:これはまた《サプライザル》かなー。
GM:いや、俺がファンブルするかもしれないよ? 回避は13だけど…?
ルシオン:命中11だったんで、ダメです(笑)何てレベルの低い戦い。
クローム:じゃ攻撃しますよー。18で。
GM:もう俺、勘弁してくれ。同点で回避。
クローム:フェイトを使って振り直しましょう。19だ。
GM:それは当たり。
ルシオン:ここで、45点を削りきれるかですね
フラン:帰られちゃいますもんね。
クローム:ここで最後のフェイトを使って、《ブルズアイ》を解放しよう。(ころころ)全部で…41点(笑)
GM:ああ、逃げられちゃいました。

2008年09月02日 (火) | Edit |
ルシオン:では5匹撃破ですね。
フラン:最後、私《ヒール》なんかせずに待機して《ウォータースピア》に賭ければ良かったかも。
クローム:命中が厳しかったな。
ルシオン:でも良いくらいの数値でしたよ。
GM:今回、耐久レースって事だったしね。
ルシオン:フェイト1点しか残らなかった…。
フラン:私、4点残ってます!
クローム:俺残ってないから(笑)1回だけ振るわー。お、9!
GM:尻尾500G×3、1500G。
クローム俺の役目は終わった…。
ルシオン:僕は8。
GM:惜しい、魚の鱗は20×10の200G。
フラン:では、3匹目は4Dで振って…14ですね。
GM:13以上は、背びれ3000Gだね。あと2匹。
クローム:1Dずつ割り振るか?
フラン:3Dを2回か。
ルシオン:4D1回で、確実に3000G出しとくって手もありますね。9以上を2回出すのと同じ。
フラン:じゃまずは2D振りましょうか…1ゾロです…。
GM:鱗200G。
フラン:1ゾロでももらえるのが優しいですね(笑) じゃ、最後は…ああ、11しか出なかった。
GM:11は尻尾、1500Gですね。まぁそこそこ稼げたんじゃない?
フラン:全部で6400Gです!
GM:そこに、神殿からの依頼ということで1000G足しといて下さい。
クローム:すごいー!
GM:安い?
ルシオン:相場は良く分かりません。
フラン:このレベルにしては安いのかも。
クローム:まぁ、良いじゃない。
ルシオン:じゃ、(最初に相談してた)みんなの財布にしましょうか。
フラン:そうですね。
ルシオン:あ。マスター、僕フェイト使うって言ってたのに、ドロップ品を2Dで振っちゃいました。3Dで振りなおしても良いですか?(一同爆笑)
GM:もちろんだ。
フラン:鱗を振ってましたね。
ルシオン:では(ころころ)一緒でした(一同爆笑)
クローム:8かー。
ルシオン:さっきも8でしたね。まぁ、オチとしては面白かったかな(笑)



GM:ではお待ちかねの経験値。


倒した敵:16×5 ÷3=26 (余り)2

GM:今まで余りを切り捨ててたけど、この2点を誰かに割り振っても良いかなーと。
ルシオン:そんな事できるんですか!?
フラン:クロームに2点余分に…とか出来るんですね。ちょっと計算してみましょうか。
ルシオン:でも、僕は26点もらったら次のレベルに行けますんで…。
GM:何なら、ギルド経験値にあわせてもいいけど。
クローム:あ、2点もらったらありがたいですよ。あと2点で、ちょうどレベルが上がります。
フラン:おおー…あ。
クローム:あ、上納があるか。
フラン:まだフェイトの分がある!
GM:あと、ミッション成功点が16点、最後までいた・活躍したは1点ずつあげましょう。
フラン:成功点ももらえるんですか、わーい。そこからギルドに上納ですね。
ルシオン:ギルドがこれで5レベルになります。
フラン:これで、《修練》(特定の能力値を使う時にダイスを1個追加する)が取れますよ! レベル5ですから。
ルシオン:ああ、《修練》欲しい…。
クローム《修練:器用》だな。じゃ、そうしようか。
ルシオン:是非。
GM:《修練:知力》も面白いかも。
フラン:《ヒール》がファンブルしにくくなります。
GM:ルシオンでも、[知力]判定が成功するかもしれない(笑) そもそもGMが[知力]判定を存在させるなって感じだが。



お金は「みんなの財布」にする事になった。
奨学金、メダリオンの分は、それぞれのお小遣いという事で各自が管理する。


ルシオン:今回も、最後のを倒してたらメダリオンもらえたかもしれません(笑)
GM:今回は神殿からの依頼って事だけど…学校の評価に値するかは微妙だなぁ。
クローム:ですねぇ。
ルシオン:まぁ、メダリオンは良いんじゃないですか?
GM:今回は、それ以外のお金がたくさん手に入ったし。
フラン:これで、セレスチャルヘルムが買えますね。
ルシオン:じゃ、僕は《カバームーブ》を2レベルに上げます。ガードローブ(前のキャンペーンで使ってた、アコ用装備)は良かったんですねー、装備としてマイナスも無いし。
クローム:ルシオンが今まで着てたポイントアーマーを俺がもらおう。
ルシオン:あ、僕[精神]上げないで[筋力]を上げないと。ヘルムが被れません(笑)


フラン:《プロテ》が5に、そして新たに《テレポート》を取得しました。メモ位置は…自分の寮の部屋かな。あとはモンクになりました。
ルシオン:今回で一番の強化は、《修練:器用》ですね。
GM:これで貧弱な坊やとは言わせないぜ。
ルシオン:僕は転職はナシかなー…本音を言うと、シーフで《バタフライダンス》を取りたいんですが。
クローム:3D振ったからって、避けられないって(笑)
ルシオン:《修練:敏捷》も取れれば、クリティカルが出る確率が上がりますよ。
GM:ギルドのレベルアップは、大分先になるけどね。
フラン:フェイトを増やそうかな。《ヒール》使うのにフェイトで解放がいるし。
クローム:俺もフェイトを上げよう。9点だぜ!
ルシオン:あと何を取ろうかな…。
GM:ウォーリアで、《シールドスラム》とか? シールドの重さ分、ダメージが底上げされる。
ルシオン:セレスチャルシールドは重さ4ですか。そこそこですねー。あるいは《バンプアップ》かな…
クローム:俺は何のスキル取ろうかなー。



…そんなこんなで、レベルは7・7・6になりました。
次回からはまた本筋に戻り、多分フォルネウスと決着を付ける事になると思われます。

2008年09月20日 (土) | Edit |
Opening01:包帯グルグル巻き
Opening02:一応殺…

Middle01:ケルピー耐久レース
Middle02:動いてる?
Middle03:ひどいダイス目(いつもの事だが)

AfterPlay:やはり《修練》?


他のリプレイはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。